standard lesson

時間をかけてじっくり学べる連続講座

木曜日/土曜日 

基礎から学ぶ明日の料理(使用期限なしの6回分チケット+特典付)

お料理を初めたばかりの方、改めて基礎から学びたい方に丁寧にゆっくりとお教えします。

3ヶ月単位で同内容の繰り返しレッスンです。

使用期限なしの6回チケットなので、受講できない回があっても同じ内容の別日程で受けることができます。(来年も継続予定です)

チケット購入の方には、スタジオエムのグッズをプレゼント!



盛付けは、テーマに沿ったマルミツポテリの器を使い、器の選び方や使い方、盛付けの仕方をお伝えします。

まずは揃えたい器、挑戦したい器など、レッスンで使う度に自分好みの器が見つかるはずです。



【切り方の回】    ■角皿

~切り方の基本とごはんの炊き方~

・豚の生姜焼き ・和風サラダ ・味噌汁 ・ごはん



【出汁の回】     ■丸皿

~出汁の基本と量り方の基本~

・魚の煮付け ・茶碗蒸し ・炊き込みご飯



【煮るの回】    ■小鉢

~煮る・茹でるの基本と土鍋で炊くごはん~

・筑前煮 ・青菜のお浸し ・味噌汁 ・土鍋ごはん



【焼く(フライパン)の回】  ■大皿

~焼く(フライパン)の基本と土鍋で炊くごはん~

・ハンバーグ ・ポテトサラダ ・土鍋ごはん



【焼く(オーブン)の回】  ■楕円形

~焼く(オーブン)の基本と麺を茹でる基本~

・トマトソースパスタ ・魚の香草焼き



【揚げるの回】

~揚げると炒めるの基本~  ■取り皿と個性的な器

・鶏の唐揚げ ・炒飯 ・スープ





※特典として自社商品プレゼント

※6回チケットに有効期限はありません。

※特典は、チケット購入の方に限ります。

※同じ内容を再度受講することも出来ます。

※残席があるときは、単発募集を行います。

単発料金3500円。開催日の2週間前より募集開始。

spot lesson

気軽に受講できる、単発講座

4月26日(木)

「イロ・コパン」中野普子先生と「ロティ・オラン」堀田誠先生のコラボレッスン

2つのパン講座のコラボレッスンです。



*「イロ・コパン」中野普子先生の講座

<クグロフ型で焼く「エスプレッソコーヒークグロフ」とグラタン皿で焼く「フォカッチャ」>



陶器の型を使ってパンを焼くと、ゆっくりじっくり火が入るため、驚くほどしっとり柔らかなパンが焼けます。今回のレッスンは、studioM' のクグロフΦ120とマカロニグラタンを使います。



studioM'のクグロフ型は、形と大きさがちょうどよく、ケーキ作りだけでなくパン作りにも大活躍です。

グラタン皿は、オーブン料理にも、パン作りにも使っていただけます。

どちらも簡単な成形で可愛く、美味しいパンが作れるので、初心者の方も作ることができます。

今回のレッスンでは、手軽にパン作りが楽しめる「ホシノ丹沢酵母」を使います。



*エスプレッソコーヒークグロフ

エスプレッソコーヒーが仕込み水のコーヒーの香り豊かな生地に、コーヒーエキスをしみこませた豆とクルミを巻き込んだパンです。

コーヒーのほろ苦さと豆の甘さが絶妙なバランスの菓子パンです。



*フォカッチャ

平たく焼くイタリアの食事パンです。グリーンオリーブと岩塩のフォカッチャと高菜漬けとグリュイエールチーズのフォカッチャを作ります。



クグロフは、各自で成形から作業を行っていただき、一つお持ち帰りいただきます。
こねの作業はデモンストレーションになります。
フォカッチャは、グループで成形から作業を行っていただきます。
こねの作業は、2人1組で行っていただき、生地をお持ち帰りいただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*「ロティ・オラン」堀田誠先生の講座

< SOBOKAIのプラッカで焼く「ヨーグルト酵母を使ったパン・ド・ミ」>

レッスン内でパン教室ロティ・オランの堀田誠先生が、「ヨーグルト酵母を使ったパン・ド・ミ」をレッスンしてくださいます。

SOBOKAIのプラッカ75スクエア深を使います。





クグロフ、フォカッチャとパン・ド・ミ、簡単なお料理をレッスンの終わりに召し上がっていただきます。

5月27日(日)

お魚と季節の和食5月~「紅鮭・時しらず」

季節の新鮮な魚を使って、おいしい和食を作ります。

京都の和食店、萬重など数店のお店で8年間働いた、渡邉大器さんに教えていただきます。

5月講座は、『紅鮭・時しらず』です。

この時期の「紅鮭」を 別名「時しらず」と言い、とても美味しい鮭です。

白子や卵がありませんが、その分栄養が全て身に行き渡るので、脂のりが抜群で、身がとてもふっくらしたお魚です。





**献立**

「紅鮭のお刺身~ルイベ」

冷結処理をした紅鮭ならば、お刺身にして食する事が可能です。

その身は大トロの様に脂乗りがよく、なめらかな味わいが特徴です!

1匹丸々さばくところから、作り始めましょう。



「紅鮭の塩こうじ焼き」

塩こうじの味付けで 紅鮭をシンプルに焼いて楽しみます。

焼き過ぎ? 何か物足りない・・・と、焼魚は意外ににうまくできませんね。コツと決まりを覚えましょう!

ご飯の上にのせるとおかわりが止まりません、思わず「ご飯食べ過ぎ!」と言われそうです。



「紅鮭の粕汁」

素材の旨みを、最大限に生かして、野菜・鮭のアラと3種の相乗効果で美味しい汁を作ります。酒粕の穏やかな甘さと風味を生かした和食を代表する汁物です。



「だし巻き玉子」

『だし巻き』は『玉子焼き』とは、明確に違う料理です。

柔らか、フワフワ、ジュワとさせるには練習あるのみですが、その為の守るべきポイント・巻き方を覚えましょう!



「うどのきんぴら」

おなじみのきんぴらを、この時期の旬野菜で作りましょう!

ポイントは油と調味料のバランスです。

5月4日(金・祝) <A> / 5月30日(水)<B>

クリスティアーノ先生のイタリアンクッキング - 手作りフォカッチャ

イタリア出身のオリーブオイル専門家、

クリスティアーノ先生が、

手作りのフォカッチャとリゾットをお教えします。



クリスティアーノ先生は、

オリーブオイル鑑定士やブレンダーとして

世界を舞台に活躍しているオリーブオイルの専門家。

でも、お会いするとそんなイメージが吹き飛ぶくらい、

陽気で気さくでフレンドリーな方です。



そして、オリーブオイルの専門家だけあって、

イタリア料理に使う食材には特別のこだわりがあります。

自身がプロデュースしブレンドした

レモンフレーバーのオリーブオイルや、

シチリア産のオーガニックオレガノ、

香りが良いイタリア産のにんにくなど、

作る料理に合う食材を選び、素材の味を活かして仕上げています。

食材一つ一つの味にこだわっているからこそできる、

シンプルだけど奥深いイタリア料理の世界を堪能していただけます。



◆手作りフォカッチャ

トスカーナスタイルの手作りフォカッチャ



◆リゾット

特別なイタリア米を使ったリゾット



◆ティラミス

ヴェネト州のオリジナルレシピのティラミス



◆モカ・コーヒー

イタリアンスタイルのエスプレッソコーヒー



※料理は予告無く変更する可能性があります。

※この講座は英語で進行が行われますが、

英語が少し苦手な人でも楽しめる内容になっています。

英語に触れながら料理を楽しめることが、この講座の魅力の一つです。

A: 5月20日(日)/B: 5月21日(月)

プロが教える、洋風料理 『松井レストランへようこそ!』〜アメリカ料理はおいしい!

プロへのフードアドバイスが本職の松井先生のお料理教室です。

今回は『アメリカ料理』です。

アメリカ料理ってあんまり知られてないけど実は地域毎に色んな美味しい料理があるんです。で、今回は松井先生オススメで馴染みやすい簡単カリフォルニアクッキングの入門編です。



<メニュー>

*サルサソースを作ろう
夏にぴったりなトマトがたっぷり爽やかでスパイシーなサルサソースを作ろう。
サルサソースは使い道がたくさんあるので、作ると重宝します。
おいしい作り方を教えます。
できたてを、トウモロコシのチップスで早速味見!



*ガスパチョ
サルサソースを使って簡単アレンジしましょう。スパイシーなガスパチョがすぐできるんです。



*チキンキャセロール
アメリカで広まったキャセロール料理は、手軽で豪華でおいしいいと、良い事づくめ。僕オリジナルなキャセロールはサルサとチーズたっぷりでミンナ好きだと思います。



*コブサラダ
ハリウッドのシェフ、コブ氏が空腹のあまり、お店の残り物で作ったのが始まりというコブサラダ。とってもおいしいです。

このサラダは現在色んなアレンジがありますが、今回はクラシックな当時のドレッシングを再現します。


*パンとおいしいコーヒー
食後の香り高いハンドドリップコーヒーは必須です。