standard lesson

時間をかけてじっくり学べる連続講座

2017年4月~7月第2日曜

第14期 スタジオ エムのお料理教室 お料理と器を学ぶ教室。(3,000円お買物券付)

「食事を楽しく!」という思いを大切に器を作って来たスタジオエム。だからこそお伝えできる、お料理と器の関係のこと。今回で13期目となるスタジオエムのお料理教室は、お料理のことと器のことが一緒に学べる教室です。1クール4回開催の教室は、和食、イタリアン、お菓子とさまざまなジャンルのお料理が学べるのもうれしいところ。お料理があまり得意ではないという方も、講師の先生方が基本から丁寧に教えて下さるので安心です。実習はグループで作るので、回を重ねるごとに、楽しく過ごせる仲間ができるのも講座の楽しみのひとつです。スタジオエムのスタッフによる器講座では、器の基本となる素材のことから、お手入れの方法までお話しします。器のことを知ると、器の選びの参考にもなりますよ。お料理を試食するときに使う器は、スタジオエムの器をご用意します。その中からお好きな組み合わせ楽しんで頂けます。普段使わない器を選んだり、新しい組み合わせをして試してみるのもいいですね。スタジオエムのお料理教室で、お料理と器のことを学んでみませんか。きっと毎日の食事がより楽しいものになりますよ。●1クール参加の方は、受講料¥1,500割引(¥19,500)と1クール参加の方にはもれなくオリジナルマイスタープレートをプレゼント致します。

木曜日/土曜日 

基礎から学ぶ明日の料理(使用期限なしの6回分チケット+特典付)

お料理を初めたばかりの方、改めて基礎から学びたい方に丁寧にゆっくりとお教えします。

3ヶ月単位で同内容の繰り返しレッスンです。

使用期限なしの6回チケットなので、受講できない回があっても同じ内容の別日程で受けることができます。(来年も継続予定です)

チケット購入の方には、スタジオエムのグッズをプレゼント!



盛付けは、テーマに沿ったマルミツポテリの器を使い、器の選び方や使い方、盛付けの仕方をお伝えします。

まずは揃えたい器、挑戦したい器など、レッスンで使う度に自分好みの器が見つかるはずです。



【切り方の回】    ■角皿

~切り方の基本とごはんの炊き方~

・豚の生姜焼き ・和風サラダ ・味噌汁 ・ごはん



【出汁の回】     ■丸皿

~出汁の基本と量り方の基本~

・魚の煮付け ・茶碗蒸し ・炊き込みご飯



【煮るの回】    ■小鉢

~煮る・茹でるの基本と土鍋で炊くごはん~

・筑前煮 ・青菜のお浸し ・味噌汁 ・土鍋ごはん



【焼く(フライパン)の回】  ■大皿

~焼く(フライパン)の基本と土鍋で炊くごはん~

・ハンバーグ ・ポテトサラダ ・土鍋ごはん



【焼く(オーブン)の回】  ■楕円形

~焼く(オーブン)の基本と麺を茹でる基本~

・トマトソースパスタ ・魚の香草焼き



【揚げるの回】

~揚げると炒めるの基本~  ■取り皿と個性的な器

・鶏の唐揚げ ・炒飯 ・スープ





※特典として自社商品プレゼント

※6回チケットに有効期限はありません。

※特典は、チケット購入の方に限ります。

※同じ内容を再度受講することも出来ます。

※残席があるときは、単発募集を行います。

単発料金3500円。開催日の2週間前より募集開始。

spot lesson

気軽に受講できる、単発講座

5月21日(日)

お魚と季節の和食5月~鰆(さわら)

季節の新鮮な魚を使って、おいしい和食を作ります。

京都の和食店、萬重など数店のお店で8年間働いた、渡邉大器さんに教えていただきます。

5月講座は、「鰆(さわら)」を中心とした魅力的な献立です。







**献立**


「鰆(さわら)の焼き霜造り」
その名のとおり、春~初夏にかけて旬の「鰆・さわら」は、鮮度がよければお刺身がおすすめです!
炙り方ひとつで、香ばしく上品な脂が、味わえるお刺身にも変身します。炙り方のコツも、お教えします。

「白胡麻豆腐」
精進料理には無くてはならない一品です。
香り高く煎った「白胡麻」をすり潰して、絞り出した胡麻乳を使って作ります。胡麻の風味を味わえる「胡麻豆腐」です。

「青大豆の浸し豆」
大豆は、季節ごとに豊富にありますが、
「青大豆」からは良質なタンパク質を、取ることができます。
乾燥豆の下ごしらえを覚えて作ってみましょう。

「トマト出汁のつみれ汁」
「トマト」の旨みを活かした「赤いお出汁」は、和食にも魚料理にも良く合います。即席でも作れて、料理のレパートリーを増やせますよ!


「黒米ごはん」
「黒米」とは、古代米の一種です。
白米に比べ、ビタミンや、鉄分などミネラルも豊富に含まれます。
古くは、お祝いの米として珍重されてきた縁起食です。

「黄金南瓜の大福」
北海道で有機栽培で作られ、糖度30度と言われる甘さの「黄金南瓜」を使います。ほんのり透ける皮の彩りが綺麗なお菓子に仕上げます。
















5月28日(日)

プロをうならす、スーパーおばあちゃま 「松井久美子ママのお惣菜」5月

松井ママは御年75歳。

まだまだ現役のスーパーおばあちゃま。

味にうるさい松井先生をうならせる、お料理の達人です。



細かく計ったりせずに、手早く作る方法で、

どこにでもありそうなお総菜が、びっくりする味になる。

忙しいママの日常から生まれた、伝統的でありながら新しいお料理たち。

ママのお総菜を覚えて、ごはん作りの腕をあげましょう!



<メニュー>

「毛ガニのクリームコロッケ」
子供達も大好きなクリームコロッケはタネの作り方や衣の付け方が難しそう。
ママお得意のクリームコロッケの作り方を教えてもらいましょう。
今回は豪華に毛ガニを入れて作ります。味も抜群です!

【ママのお惣菜色々】
副菜に、お弁当に大活躍の小さなおかずを色々作ります。ママのお惣菜は、どれも垢抜けた味がします。そして、とても簡単に作れてしまう。お店でも人気だったものからご紹介。

「鶏ハム」
使いやすい鶏肉をハムに仕立てます。簡単で美味しい代表格です。

「ひじきの煮物」
お惣菜の王道ですが、ママの作り方はスピーディーで、美味しく仕上がります。

「甘辛味の鶏団子」
ひじきの煮物を入れてふっくら鶏団子を作ります。仕上げは甘辛味で。

「蓮根のきんぴら」
蓮根の切り方がポイントですよ。

「蕪のあんかけ」
優しい味のお惣菜。


ご飯とお汁は当日のお楽しみ。ちゃちゃっと作ります。