BLOG

【2018春夏新作紹介 vol.2】シッピングマグ-2018.01.10 Wed

SIPPING MUG / シッピングマグ



小さな体に、大きな取手。ぽってりした厚み。

そのアンバランスさがキャラクターのようで、愛着がわく小さなマグカップ。

つい手にとってしまう気軽さが、ギフトやお土産にもぴったりです。

かわいいロゴが見えるように、3つ並べて眺めていたくなります。


【企画のこだわり1】小さめサイズと大きな取手


普通のマグより小さなサイズ。容量は満水で170cc

スタジオエムの商品の中でもかなり小さな部類です。

シリーズ名の「SIPPING」は「少しずつ飲む」という意味。

ちょこっと飲みたい時にぜひ使ってほしいマグカップです。


そしてそれに対して、取手の大きさはかなり大きめ。大きくて丸くて分厚いです。

さらに胴体の厚みもかなり厚いです。

意図してデザインしたこのアンバランスさがポイントです。


【企画のこだわり2】ロゴ

シッピングマグでぱっと目に入ってくるロゴ。

今回の新作のテーマ「ハーブ&スパイス」にからめて、食材とハーブに関するイラストと文字をデザインしました。

ワイン色の豚、緑色の鴨、青色の魚お好きな柄を選んでください。


そして、企画初期からこだわっていたのが表と裏にある枠の部分。

belong to と nameの欄。

所属と名前欄です。

マルミツポテリでは会社で1人ひとつ好きなマグを選んで「マイマグ」として使っているのですが、そんなマイマグにもぴったりな仕様。

使い終わったら裏の名前側が見えるようにして収納してというメッセージも入っています。


【企画のこだわり3】銅版


このマグのロゴは銅版転写という技法で印刷しています。

機械でマグに直接印刷するのではなく、写真のような薄い紙に柄を印刷し、それを使って手作業で一つひとつマグに転写していきます。

手作業のため濃淡やかすれ、ちょっとしたズレや傾きなど、よく見ると少しずつ違っているのが特徴。

そのきちんとしすぎない感じがまた、アンティークのような風合いと憎めないかわいらしさにつながっているのかもしれません。


柄を選んで、名前を書いて、職場や家庭でマイマグとして使ってほしい。

そんな思いが込められたシッピングマグ。

きっと愛着を持って長くつかってもらえるはずです。


企画(お)