BLOG

ベイキングディッシュ-2017.04.20 Thu


「常備菜」「週末の作り置き」等、実践されている方は多いのではないでしょうか?

私も、端くれながら週末に実践しています。

週末にまとめて作って、あとは温めてテーブルに出すだけ!という便利さがある一方、

お洒落にお皿も楽しむには保存容器から移し替える必要があります。


そこで、私が常備菜の器に求める理想としては、

  1. 保存容器として使える

  2. そのまま電子レンジでチンできる

  3. 食卓にそのまま出しても可愛い

でした。


そんな時、この「ベイキングディッシュ」と出会いました!


今ではもう、食卓で欠かせない存在です。


何といっても常備菜用としての機能面はばっちり。

検証してみます。


  1. 保存容器として使える

ピチーッ

素材が「磁器」の為、長時間料理を入れておいても、シミや匂いが移る心配がありません。

通常のタッパーの素材は料理のヌメリがなかなか取れないのですが、磁器はきれいさっぱり汚れが落ちて、気持ち良く洗えます。

ラップを掛けたときも、ぴったりと密着してくれて、密封性抜群です。


  1. 電子レンジにチンできる

磁器素材なので、もちろん電子レンジもOK


  1. 食卓にそのまま出しても可愛い

ベイキングディッシュの魅力は、シンプルながらもこだわった形状にあります。

この、立ち上がりの緩やかな膨らみ。

器として柔らかい印象を作り出しているのと、器に丸みが出て、円形の器とも相性よく置いて頂けます。

ちなみに私が使うのはこのMサイズで、色はオリーブ色。

アイオリソースの様な美味しそうな緑色で、和食、洋食問わず、料理を美味しく見せてくれるのです。

和食なら白身魚の味噌付け。洋食ならポテトサラダ等。料理との相性を考えてるな~と、思います。


その他にもベイキングディッシュは魅力たっぷり。


◎お弁当箱にして持って行ける

今日のお弁当完成!

ラップを掛けて持っていくだけなので、そのままレンジにかけられるし、洗いものも少なく済んでとっても便利!

お弁当ならMサイズがおすすめです。


◎レンジ&オーブンに使えて、色んなお料理が作れる!

ジュワジュワ〜

オーブンに使えるのでグラタンはもちろん、

焼きカレーを作ったり、蒸野菜を作ったり、これ一つでいろんな料理に挑戦できます!


◎収納力抜群

スッキリ!

シンプルな四角い形状なので、

いくつか積み重ねてもコンパクトに収まり、食器棚の中で場所を取りません。


少し、熱く語りすぎてしましましたね。

機能もばっちり、器としても魅力もたっぷりのベイキングディッシュ。

シンプルですが、使ってみると、手放せないくらい優秀な子です。

常備菜ライフがよりお洒落に、楽しくなりますよ。

先日作った常備菜をパシャリ


ベイキングディッシュの商品ページはこちら

ソボカイクッキングスクールでは、春の常備菜教室を開催します!ご案内はこちら