BLOG

ビスコット-2018.07.14 Sat

「こんなところに美味しそうなビスケットが!」

と、一瞬間違えてしまいそうになる「ビスコット」。

最初に見た時に、陶器ってここまでできるのか!と驚いた商品です。

サイズ感もビスケットそのままで、見れば見るほど、美味しそうに思えて仕方ありません。


色は「プレーン」と「チョコ」の二種類。

「プレーン」はよく見ると、鉄粉や細かい土の粒子が確認できます。

土の自然な表情をそのままに、ビスケット生地のザラッとした質感を上手く表しています。

チョコレートコーティングの様な、サビ(茶)色で側面を塗っています。


プレーンの色は「下絵付け」で施されているのに対し、チョコは「上絵付け」で色が塗られています。

上絵付けとは、一度生地を焼成した後に色を塗る絵付け方法で、色の発色が良くなるのが特徴です。

「チョコ」の表面はコックリとしたアメ色で、絵具で塗ったような温もりを感じる風合いです。

土の質感がプレーンと比べると少し分かりにくくなりますが、

生地にチョコレートが混ざったビスケットの質感が、絶妙に表現されています。

ホワイトチョコレートコーティングの様な白いラインが施されています。

また、ビスコットは一個一個、手作業で絵付けしています。

筆で塗ったラインは少しはみ出ていたりするのですが、それも手作りならではのご愛嬌。


文字は「TOILET」「BATH」「KITCHEN」「BED」の4種類。

凸に浮き出た文字は、手書きのような丸く可愛い書体です。

使用するときは、裏についた両面テープでくっつけます。ビスケットがっくっついているみたいで可愛いです。

ビスコットは、裏の両面テープを合わせると厚さ1cmほどになります。

厚みがある分、ぽこんとくっついた感じになり、愛嬌を感じます。


ドアプレートが貼ってあると、インテリアとして可愛いのはもちろん、来客の際にサインがしっかりしていると親切ですよね。

ドアを見た時に癒されること間違いなしです。

自宅でビスコット「TOILET」をドアに貼っていたら、必ず可愛い!と反応してもらえました。

ドアプレートを使ったことがない方も、ビスコットなら優しくさり気ない雰囲気なので、気軽に始めていただきやすいですよ!


陶器の質感、手作りの質感を楽しめる、かわいいビスコットのご紹介でした♪


ビスコットの商品ページはこちら