BLOG

誕生日会-2012.01.27 Fri

私事ですが、先週末、我が子が一歳の誕生日を迎え、
ささやかながら家族でお祝いをしました。
朝からせっせと仕込みを始め、ちらし寿司をメインに、
筑前煮、茄子の揚げ浸し、ポテトサラダと、計4品を完成させました。

その時食卓を彩ったのがマルミツ陶器の器達。

   

ちらし寿司にはフランシスコの280"プレートとソブルの6寸角鉢。
筑前煮にはトルテュ。
茄子の揚げ浸しにはエクロールとオリーブプラターL。
そしてポテトサラダにはクミンボールLを。

フランシスコは、前々から欲しかった
水色の大きいプレートを今回の為に購入しました。
盛り映えのする使いやすい器で、大満足です。
トルテュとソブルはこの日の為に会社からお借りしたものですが、
使ってみて「やっぱりいいなあ」と、購入を検討中。

それぞれに料理を盛られた器達がズラりと食卓に並ぶと、
それはそれは華やかで一層楽しい雰囲気にしてくれます。
器は、「これに使わなければ駄目」なんてことは一切なく、
使う人のアイデア次第で色々な表情を見せてくれます。
改めて、器の役割を感じる機会でした。

ちなみに、うちの子はメープルプレートに盛られた
お子様ランチ風のご飯をぺろりと平らげ
「もっとくれ」と大声を発していました。

営業(す)