BLOG

錆かいらぎ片口変形4.5寸鉢-2018.06.18 Mon

「なにこの器!ヒビが入ってる!?」と思いましたか?

 

これは「錆かいらぎ」とよばれる技法を使った器で

この模様が梅の花が咲いているように見えることから漢字で「梅花皮」と書きます。

 

 

普通の「錆かいらぎ」は釉薬が縮れた状態のことを言いますが、

マルミツの錆かいらぎは釉薬ではなく、化粧土の縮れを「かいらぎ」としています。

(化粧土は白い部分のことです。)

さらに、かいらぎ状の化粧面に錆ゴスと呼ばれるものを塗ってから施釉しているので、

とにかく、とっても手間がかかっているんです!

 

「この器を何とかして我が家でも使いこなしたい」と思った私。

この手間のかけられた器なら、普段の家庭料理でも高くみせてくれるかなと期待!

 

マルミツに入社してはじめてトマトと和食の相性の良さを知って感動し、

トマト肉じゃがに挑戦してみました!

 

それに、「とっても手間のかかった器に盛り付けるなら、料理も手間をかけてみよう!」

と思って、いつもはしないじゃがいもの面取りを今回は丁寧にやってみました。

普段なら面倒に思うことも、楽しくさせてくれるのもこの器の魅力です。

 

そして完成したのがこちら!

嘘はついてません。

ちゃんと面取りしたんです

みごとに崩れちゃいましたが...。

 

片口と聞くと、酒器以外に使い方ってあるのかな?と思うかもしれませんが、

注ぎ口がアクセントになっていて、写真のように煮物などの料理を盛り付ける器としてもとっても使えます。

 

 特に、周囲が高すぎないこの器は盛り付けられた食材もよく見え、

煮汁は適度に受け止めてくれるし、盛り面は平らなので盛り付けもしやすいです。

横に広がった形状なので適度に盛り付けると余白も生まれ、上品にみせてくれます。

ほどよく変形したこの器は、実はなんにでも使える便利な器なんですよ!

 

(肝心な?)トマト肉じゃがの味は、

トマトの酸味が丁度よく、おいしかったです!

作ったことがない方はぜひ!

 

皆様の食器棚にはなかなかないと思いますが、だからこそ、

実は盛り付ける料理を選ばない、1つあると便利な器をぜひ取り入れてみませんか?

自慢できちゃいますよ!

気になった方はこちら「錆かいらぎ片口変形4.5寸鉢