BLOG

すべて

デリカテッセ-2018.09.14 Fri

朝晩が涼しくなり、一気に秋らしい気候になりましたね。

温かいスープが身に染みる季節の到来です。

 

スタジオエムではスープカップのラインナップが豊富で、

ワンプレートにのる小さいもの、浅い形状のもの、口径の広いもの、

片手つき、両手つき、取っ手なしと、とにかく選ぶ方としてはたくさんあって選べない!

ほどどれも個性豊かで様々です。


そんな数ある中から今日ご紹介するのは、デリカテッセです。

ドイツ語で「おいしいもの」を意味し、

2010年に発売以来、長きにわたって愛されているシリーズです。

 

◎食卓を元気にするカラフルな色展開

側面にかけられた釉薬は、白・茶・黄・緑の4色展開。

私はイエロー!ぼくはグリーン!なんて、家族色違いで揃えるのも素敵です。

毎朝のスープや、夕食にもこの器が並ぶだけで、なんだか賑やかになります。

 

ただ発色が良いだけではないんです。

素材のクリーム色の生地に釉薬をかけることで、どの色味も柔らかな表情になり、

カラフルだけど、食卓に馴染む優しい色が作り出せています。

内側は生地の色味を生かしたクリーム色なので、スープや食材の色味も映えますよ。

 

◎ぴたっと重なる!スタッキングの良さ

また機能面でも定評のあるデリカテッセ。

その中でも特筆すべきはスタッキングの良さです。

持ち手は当たらないようにフラットにデザインされていて、

(このフラットな部分が指にフィットして持ちやすい!)

外側に段をつけていることで、

気持ちがいいほどぴったりと重なりますよ、ほら!

 

多少の揺れにもびくつきません。

食器棚にしまうときや取り出すときに、がしゃっと崩れたりすると

あぁ~と残念な気持ちになりませんか?そのストレスがすっきり解消されます。

 

◎スープカップという名の汎用性が高すぎる器

スープカップって、スープの時だけに使ってませんか?

口径の広いスープカップは取り皿としての使い道もおすすめです。

 

デリカテッセは口径が約10cm

具だくさんのスープはもちろんのこと

ポトフや、鍋料理のとんすいにもサイズが良いのでぜひ試してほしい使い方です。

またお子さん用の、カレーやパスタ皿としての使い方もおすすめ!

強度がある素材で、多少大雑把に扱っても割れにくいので、お子さんの初めての食器にもいいです。

 

そして、

レンジ・オーブン・食洗機に対応しているので、

こんな風に、切り身の魚にソースとチーズをかけてオーブンでこんがりと焼く。

1人分のオーブンウェアとしても使えるのはこれからの季節に嬉しい機能です。

自分で書きながらもどんどん使い道が思い浮かんできて、

今日はこれで一品作りたくなりました。

食材が豊富に並ぶ季節なので、

みなさんもデリカテッセとともに美味しいスープを作ってみるのはどうでしょう?

詳細はこちら>>

 

梅紋角お重-2018.09.09 Sun

皆さんは毎年おせち料理を作っていますか?

あまり大きな声では言えませんが、私はデパートで売っているおせちを好んで食べる派です。

プロの料理人が丹精込めて作った料理の数々、日頃口にできない高級食材なんかも入っていて心躍ります。


しかし、このおせちに心躍らない家族もいます。

それは二人の子ども達です。


上の子は食わず嫌いなところがあり食べられるのは伊達巻き、栗の甘露煮、紅白のかまぼこくらい。

下の子は奥歯がまだ生えておらずかむ力もないので、たつくりや昆布巻きなどは到底無理。


そのため、子ども用のおせちは私が作るようになりました。

中まで火を通したローストビーフや甘さ控えめの栗きんとん(さつまいも入り)、

野菜をたくさん入れたグラタン、唐揚げなんかも入れちゃいます。

もはやこれをおせちと言っていいのか…とも思いますが、子ども達が喜んでくれるのでよしとします。


前置きが長くなりましたが、私がこのおせちを詰めるのに使っているのが梅紋角二段重です。


色は緑釉と飴釉の二色展開。

このお重、主に二段重として販売していますが、本体のみ(身)蓋のみの購入も可能です。

正直なところ、二段のお重にそれぞれ違うお料理をびっしり詰める自信がなく、

私は本体(身)を2つ、蓋を2つ購入して、一段ずつ使っています。

お料理に自信のある方はぜひ三段重がおすすめです。


またこのお重はお正月のおせちに限らず、ちょくちょく使っています。

以前、同僚宅で各自持ち寄りのランチ会をした時、私はこれにおいなりさんをびっしり詰めて持って行きました。

ぴったりと綺麗に入ったので、詰めるのが楽しかったです。

その他、おはぎなどの手作りの和菓子をお土産に、友人宅や実家へ持っていくなんて使い方もおすすめですよ。


このお重は2色展開と先ほど言いましたが、

同じサイズで「白雪お重」と「トルコ青釉角二段重」という商品もあります。


今年のお正月は好きな色のお重を選んで、おせち料理を手作りしてみませんか?


梅紋角二段重はこちら

白雪お重はこちら

トルコ青釉角二段重はこちら


プティルパ-2018.09.05 Wed

先日、近々出産をむかえる友人に会ってきました。

話題の中心はもっぱら出産準備や育児の話で、

毎日内容もなくただ笑ってた高校時代からは想像できないほど、

すっかり大人になっちゃった友人にちょっと寂しさを感じつつ

自分たちもそんな年齢になったのかぁとなんだかしみじみしました。

 

そんな付き合いの長い友人に報告を受けたときから、

出産祝いには何か素敵なものをプレゼントしたいなぁと思っていたので

マルミツで出産祝いに人気のプティルパセットを選びました。


 “プティルパ”シリーズは、

フランス語で小さい食事という意味で

クリーム色の生地に淡い水色の3つのドットが並んだ優しい配色のデザイン。

電子レンジが使用できて、丈夫な半磁器素材です。

 

セット内容は、マグS・仕切りのついたプレート・オーバルボールに、

木製のスプーン・フォークをセットにしたもの。

箱の中身はこんな感じです。

(実際の梱包ではスプーン・フォークに傷がつかないようにそれぞれラッピングされていますよ)

 

スターターセットにはぴったりなアイテムが揃っていますが、

お食い初めから年長さんまで(なんなら大人も!)長く使えるシリーズなんです。

 

使い道としては、最初はお食い初めに。

半年~は、仕切りのついたプレートにごはんとおかずの離乳食を。

1歳半~3歳くらいまでは、プレートにおかず2品とオーバルボールにごはんでちょうどいい量。

そして、子供が大きくなったあとも、例えばオーバルボールはヨーグルトやアイスにもぴったり。

プレートはソース皿にも使えます。

どのアイテムにも持ち手がついているので、片手でしっかりと支えたり、器を持って食べる練習もできそうですね。


個人的にシリーズの中で、気に入っているアイテムがマグ。

4本の指でしっかりと握れる大きめの持ち手に、

中央のくびれがあることで両手で握りやすいデザインなんです。

(なんせこのマグを持って、お茶を飲む姿にきゅん...)

マグLとSの2サイズあるので、親子で揃えて使うのもいいですね。


初めての育児でてんてこまいになるであろう友人に、

毎日の離乳食がちょっとでも楽しく感じてくれたらいいなぁと願って選びました。

小さい頃から陶磁器を使わせたい、という方も増えているので

お祝いを迷っている方にもおすすめです!

 詳しくはこちら>>

シングルストライプタオル-2018.08.31 Fri

器以外に愛用しているマルミツポテリの商品があります。

それは、10年前から販売しているシングルストライプタオルです。


爽やかなブルーのラインが入ったタオルで、浮き輪をモチーフにしたロゴが隅に入っています。

素材は綿100%。タオル生産で有名な愛媛県今治市で作っています。


柄の入っている表はガーゼ地、裏側はパイル地になっています。

吸水性がよく、何度洗ってもやわらかなさわり心地です。


現在販売しているサイズは

400mm×340mmのウォッシュタオル と

1300mm×700mmのバスタオル です。


デザインと可愛らしさと使い心地のよさから、私は贈り物にも重宝しています。

出産祝いや内祝い、ちょっとしたお礼に何度か利用し、友人からもとても喜ばれました。

バスタオルは子どもがお昼寝をするときのブランケット代わりにもおすすめですよ。


商品はこちらから

ギフトセットはこちらから


フェルメ-2018.08.27 Mon

土曜日の夜に映画を観ながら夜更かし、

アラームをかけずにのんびり起きてブランチでパスタを食べるのが、

自分の中での贅沢な休日の過ごし方です。

そんなときのパスタ皿には決まってフェルメ9ボールを選びます。

パスタ皿として使いやすさ、見栄えともに抜群!

すり鉢状になった形は、盛り付けが決まりにくいパスタも自然と中央に集まるので見栄えよく、

具材を中央に高くのせて、パスタはトングでくるっとひねって盛り付けてみると、

レストランで出されるような一皿に変身します。


額縁のように料理を縁取る華やかなレリーフ。

ぽってりとした土の厚みと丸みが

南仏のヴィンテージ食器のような雰囲気を醸し出しています。

このおおらかな気分にしてくれるフェルメの持つ雰囲気が好きで、

気分も落ち着く休日に、食事をゆっくりと味わって丁寧に扱いたくなる器なんです。

フランス語で農家という意味のフェルメ。

裏印の〝cour de ferme〟は「農家の庭」というロゴが中央に入っています。


自分たちで育てた野菜を使った手料理を

家族や友人たちと囲んで賑やかな食事の時間を過ごす。

 

そんな楽しい風景が思い浮かぶロゴにもあるように、

このフェルメ特有の表情を作り出している理由とは何か?

そこには、素材と釉薬の組み合わせに深いこだわりがありました。

 

白色とアメ色の2色展開ですが、

素材となる土は、赤色の陶器土(以下、赤土)を使用しています。

白とアメ色なのに、なんで赤色の土??と疑問が浮かびますが…

 

赤土の上に白化粧土をかけた生地に、

透明の釉薬をかければ白色。アメ色の釉薬をかけるとアメ色に。

複数の工程を重ねることで、深みのある色合いやレリーフの陰影をはっきりとさせ、

どこか古めかしさを感じる豊かな表情を作り出しています。

 

釉薬のかかり方などひとつずつ個性があるので、選ぶのも楽しみの一つ。

側面に流れる釉薬の濃淡、この陶器ならではの表情を楽しんでいただきたいです。

 

私が自宅で使っているのは9ボールですが、

実は全部で6アイテムある豊富なシリーズ。

プチカップやマグ、取り皿など毎日の食卓に使いやすいアイテムや

大皿、ピッチャーなどはお祝いの日やおもてなしのときに重宝するアイテムです。

美味しい食材が豊富に並ぶ秋冬がよく似合う器たちです。

ぜひお好みのアイテムを選んでみてくださいね。

詳細はこちら>>

ナンバーズボウル-2018.08.22 Wed

"料理を作ること"も食事の一部と考えているマルミツポテリには、

器以外にもさまざまなキッチンツールがあります。

その中でも人気があるのは、ナンバーズのボール

実は20年以上前から販売しているロングセラー商品なんです。


側面には5、6、7の数字が入っていて、内側にはレシピが書いてあります。

このロゴは、銅版転写とよばれる技法で施されており、職人が一つ一つ貼り付けているんですよ。

はっきりとした色ですが、少しぼんやり見えるのがまた魅力です。


素材は磁器。(吸水性がありません!)

香りの強いニンニクやショウガ、オリーブオイルやごま油を長時間入れてもへっちゃらです。

におい移りしないので、余ったドレッシングをそのまま冷蔵庫で冷やしてもOK。

片口のデザインで、ドレッシングやソースを注ぐのも簡単ですよ。


そして、私が思うこのボールの一番の魅力は、入れ子になっていてすっきり収納できるところ。

食器棚でもシンク下の収納でも、場所をとりません。


見た目のかわいらしさと実用性の高さから、贈り物にも人気のアイテムで、

専用の箱に入れたギフトセットのご用意もありますよ。


みなさんも、毎日の料理をより楽しくしてくれる、このナンバーズボールを使ってみませんか?

また、このナンバーズシリーズはアイテムが多く、1/2~19番まであります。

ほかのアイテムも見てみたい!という方は こちら

納涼会2018-2018.07.30 Mon

先日、マルミツポテリでは納涼会が行われました。

これは、いつもお世話になっている窯屋さんや型屋さんを

感謝の気持ちを込めてお招きし、楽しい食事をしてもらうもの。

その準備からの様子を少しご紹介します。


当日キッチンからいい匂いがして覗いてみると、

直営店のスタッフが忙しそうに料理の準備中。

この日のために、試作を重ねたスペシャルメニューです。


外ではテーブルコーディネートをしているところ。

実際にこんなにも大人数でパーティをすることって

なかなかないので、コーディネートにも迫力がでます。

料理も少しずつ並び出しました。


だんだん暗くなり納涼会もスタート。

暑さが心配でしたがこの日は涼しい風が吹いていて、過ごしやすい夏の夜でした。


これは毎年恒例の新人紹介。

今年入社したフレッシュなマルミツスタッフから、皆様にご挨拶。


こうしてゆっくり直接お話できることって、

なかなかないので私たちもついつい楽しみすぎてしまいます。

美味しい料理とお酒と一緒に、皆様に楽しんでいただけた素敵な納涼会でした。


ブリエ-2018.07.27 Fri

マルミツポテリには、食器以外にインテリア商品もたくさんあります。

今日はその中の一つ、時計のブリエについて書きたいと思います。


このブリエ色は赤とグレーの2色。

私の家では赤を洗面所の壁に掛けて使っています。

全体的に白い室内なのでとても目立っていて、

朝の忙しい中、身支度をしながら時間を確認をするのにとても良いです。


サイズは直径16.5cmで厚さが4.9cm、重さは500gほど。

レトロなデザインと可愛らしいカラーから、子ども部屋にもおすすめで、

リビングのような広い空間で使うなら、低い位置に掛けた方がよさそうな大きさです。


文字盤は土本来の色で、ほんのりクリーム色。

1.2cmくらいの数字が凸入っており、その上から職人のハンドペイントにより色を付けています。

近くで見るとにじんでいるようにも見え、手作りならではの温かみが感じられます。


中央には「LE TEMPS C'EST DE L'ARGENT」 

「時は金なり」を意味する、フランス語のことわざが入っているんですよ。


時計は磁器製で、裏側はこのようになっており、壁に掛ける際の穴(約7mm)が開いています。

クリーム色の部分は触ると少しざらざらとしていて、素焼きの状態になっています。

ムーブメントはマルミツポテリの他の時計と同じで、単三乾電池1つで動きますよ。

(はじめに電池が1つ付いています)


取り付けるために壁に穴を開けたくないな…という方には、

ディッシュスタンドLに立てかけて使用するのがおすすめです。

ディッシュスタンドの上部を時計の中に引っ掛けるようにすると安定します。

これで本棚や玄関の小スペースでも気兼ねなく置けますよ!


ブリエ(briller)は、フランス語で「輝く」という意味で、

あなたの生活(時間)が輝きますように…という願いが込められています。


贈り物に選ばれる方も多く、専用のギフトボックスに入ったセットもあります。

結婚祝い、新築祝い、就職祝い、入学祝いなど、これから新しい生活をスタートされる方への贈り物にもぴったりですよ。


ブリエ はこちら

ブリエのギフトセット はこちら

ディッシュスタンドL はこちら

ヴァリエ-2018.07.16 Mon

我が家にはもうすぐ5歳になる息子がいます。

最近は反抗期気味で、特に食事に苦労しています。

これまでは、苦手な野菜を細かく刻んだり、混ぜたりして食べさせていましたが、

それもだんだんと通用しなくなってきました。


食事をする場所や食器変えてみると食べられるようになる!なんて話を聞いたことがあったので、

試に息子の食器を新しくしてみました。


メインプレートに選んだのはヴァリエランチプレートです。

3種類の料理が盛り付けられるデザインなので、これにお茶碗と汁碗を合わせれば一汁三菜のできあがり。

仕切り皿は、何かのせてすべて埋めないと!という気持ちにさせてくれるので、品数が少なめになりがちな方におすすめです。


料理を盛り付ける部分はすべて違う形をしており、

スープカップやマグカップをのせても持ち手が引っかからないように、

右上の丸いところは他と比べて少し浅い作りになっています。

深さを測ってみたところ、丸いところは約1.3cm、他の2つは約2.3cmでした。


左上には LES BONHEURS SIMPLES PAR STUDIO M' (スタジオエムの素朴な幸せ)

というフランス語のロゴが凸文字で入っています。

また、両側には持つところも付いているので、子どものてでもしっかりと持て、喜んで運んでくれていますよ。



色は白とアメの2色展開で、盛り付けた料理、組み合わせる器やマットによってイメージが変わるため、

大人の方にもおすすめです。

朝、子どもや夫のお弁当を作りながら自分用にこのプレートにおかずを盛り付け、

お昼になったら電子レンジで温めていただく…なんて使い方もできそうですね。


息子にこのプレートを使ってお昼ごはんを出したところ、

「わぁ!新しいお皿だ!!」と大喜び。

手前の大きい部分には、子どもの大好きなオムライス、左上にはポテトサラダ、

右上の丸いところにはカットしたバナナとキウイを盛り付けました。

ポテトサラダに入ったきゅうりが嫌だと言っていましたが、最後は頑張って食べてくれました。


洗いものも少なく済むので、本当に買ってよかったです。


商品はこちらから

ビスコット-2018.07.14 Sat

「こんなところに美味しそうなビスケットが!」

と、一瞬間違えてしまいそうになる「ビスコット」。

最初に見た時に、陶器ってここまでできるのか!と驚いた商品です。

サイズ感もビスケットそのままで、見れば見るほど、美味しそうに思えて仕方ありません。


色は「プレーン」と「チョコ」の二種類。

「プレーン」はよく見ると、鉄粉や細かい土の粒子が確認できます。

土の自然な表情をそのままに、ビスケット生地のザラッとした質感を上手く表しています。

チョコレートコーティングの様な、サビ(茶)色で側面を塗っています。


プレーンの色は「下絵付け」で施されているのに対し、チョコは「上絵付け」で色が塗られています。

上絵付けとは、一度生地を焼成した後に色を塗る絵付け方法で、色の発色が良くなるのが特徴です。

「チョコ」の表面はコックリとしたアメ色で、絵具で塗ったような温もりを感じる風合いです。

土の質感がプレーンと比べると少し分かりにくくなりますが、

生地にチョコレートが混ざったビスケットの質感が、絶妙に表現されています。

ホワイトチョコレートコーティングの様な白いラインが施されています。

また、ビスコットは一個一個、手作業で絵付けしています。

筆で塗ったラインは少しはみ出ていたりするのですが、それも手作りならではのご愛嬌。


文字は「TOILET」「BATH」「KITCHEN」「BED」の4種類。

凸に浮き出た文字は、手書きのような丸く可愛い書体です。

使用するときは、裏についた両面テープでくっつけます。ビスケットがっくっついているみたいで可愛いです。

ビスコットは、裏の両面テープを合わせると厚さ1cmほどになります。

厚みがある分、ぽこんとくっついた感じになり、愛嬌を感じます。


ドアプレートが貼ってあると、インテリアとして可愛いのはもちろん、来客の際にサインがしっかりしていると親切ですよね。

ドアを見た時に癒されること間違いなしです。

自宅でビスコット「TOILET」をドアに貼っていたら、必ず可愛い!と反応してもらえました。

ドアプレートを使ったことがない方も、ビスコットなら優しくさり気ない雰囲気なので、気軽に始めていただきやすいですよ!


陶器の質感、手作りの質感を楽しめる、かわいいビスコットのご紹介でした♪


ビスコットの商品ページはこちら