BLOG

ブーちゃん

新作カタログ-2016.01.15 Fri

 

 

現在スタジオエムでは2月から発表されるカタログ

REGULIER CATALOGUE VOL 18 と EPLIANT 2016SS

の制作の最終仕上げの時期にさしかかっています。

 

 

校正中のページをちょこっとのぞき見。

 

今回の新商品のテーマは

「 Sea to table 」ということで、海の幸をふんだんに使った料理やそれに合う器、

海に関連した船や漁師などをイメージさせるアイテムなどが出てくる予定ですよ。

 

また来週頃から、新商品についてもブログで書いていく予定ですので、

楽しみにしていてくださいね。

 

営業(ハ)

ブーちゃんとごはん茶碗3-2015.11.28 Sat

こんにちは、ブーちゃんです。

 

前回からの続き

 

 

 

前回、前々回とスタジオエムのごはん茶碗を紹介していきましたが、

これで最後となります第三弾!

 

スタジオエムオススメのお茶碗の紹介です。

 

 

オルディネール

ワンポイントで入るロゴがかわいらしいゴスロゴは、お子様から大人の方まで人気。

サビチェックはかわいくなりすぎず、また古風にもなりすぎない絶妙なバランスが

魅力です。またお父さん、お母さん、そしてお子様用と家族お揃いで使える3サイズ

展開も嬉しいですね。。これからはじめて陶器のお茶碗を考えたい!という方から、

家族分のお茶碗を買い揃えたいという方まで、幅広い方へオススメしたいお茶碗です。

 

 

エブリデイ

鮮やかなカラーが映えるエブリデイシリーズ。お茶碗や汁椀、、焼き物皿など和食用の

器にはどうしても陶器素材が多くなるもの。変化の出しにくい毎日の食事こそ、明るく

元気になれる器がほしくなりますね。そんな方にピッタリのシリーズです。家族で色違

いで使えば、食卓がカラフルにより元気になれますよ。若い方だけでなく、落ち着いた

陶器の器を普段からお使いの年配の方にも、ぜひ使っていただきたいお茶碗です。

 

 

 

ボルノイエ

黒土のシックな黒と、土のざらっとした質感が特徴のノイエシリーズ。

落ち着いた黒は、白米の白をよりいっそう引き立ててくれます。土物ならではのざら

っとした質感が手によくなじみます。また、真ん丸な形からたっぷり容量も入るので、

ヴィシソワーズやミネストローネなどスープボウルにもおススメ。普通のお茶碗には

飽きてしまったなんて方、スープも兼用で使いたいなんて方にオススメしたいお茶碗

です。

 

 

 

これまで全3回、スタジオエムのお茶碗をご紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

◆ 今までのブーちゃんとお茶碗の回 ◆

ブーちゃんとごはん茶碗

ブーちゃんとごはん茶碗2

 

お気に入りのmy茶碗を持っているという方も、まだ…という方も

今年こそはぜひ、お気に入りのmy茶碗を選んでみてくださいね。

ブーちゃんとごはん茶碗2-2015.10.29 Thu

こんにちは、ブーちゃんです。

 

前回からの続き

 

 

 

前回、スタジオエムのごはん茶碗を紹介していきましたが、

続いて、第二弾!

 

今回はちょっと土の質感、風合いがより感じられる

お茶碗の紹介です。

 

 

 

ラヴィエルパ

生地の薄く、繊細で美しいフォルムは粉引きの上質感をより引き出してくれます。

フランスのアンティークにも通じるシルエットが和だけでなく、洋のスタイリッシュな

器と合わせても相性が良いです。女性だけでなく、男性からも好まれそうなデザイン。

 

 

 

マラン

細かな貫入(焼成の過程で釉薬に生じるヒビのこと)の施されたマランの錆かいらぎ。

落ち着いた品のある風合いは、いつものごはんさえ特別感を感じられるはず。

ご年配の方への贈り物としてもおススメできるお茶碗です。

 

 

デイジー

今年出たばかりの新作デイジー。 粉引の持つ上品な質感と、透明の釉薬が

上にかかっていることで、欠けにくく丈夫な面が魅力。デイジーの花のような

レリーフは、美しいだけでなく、持ったときに指へのひっかかりが良く、手に

フィットしやすい面もあります。品のある質感と使いやすさを兼ね備えた

お茶碗です。

 

 

 

いかがでしたか?みなさんもご自分のマイ茶碗をみつけてみてくださいね。

ブーちゃんとごはん茶碗-2015.10.22 Thu

 

お久しぶりです。ブーちゃんです。

 

前回からの続き

 

 

 

明後日は直営店ソラマメの方で、

土鍋講座が行われるそうですよ。

 

みんなで一緒にごはん鍋を使って

ごはんを炊いて食べるそう!

なんとも美味しそうな企画ですね。

 

 

 

 

そうそう、ごはんを美味しく食べるためにはお気に入りのごはん茶碗も必要です。

 

そんな訳で、

スタジオエムのごはん茶碗をちょこっとご紹介。

 

水玉飯碗  

スタジオエムでの人気No,1お茶碗がコレ。

陶器ならではの土のゴツゴツとした風合いと、大き目のドットのかわいらしさが

なんとも良いバランス。若い方から年配の方にも好かれるお茶碗です。

 

 

ブルジョン ライスボール

シンプルな形状ながら、フチの焦げ目が陶器ならではの温かみを感じられます。

陶器素材ながらレンジに使える数少ないお茶碗です。

 

 

テルボールM    

柔らかい色合いがとても綺麗なテル。白米の白がお茶碗の色とお互いに

引き立て合って、ごはんをより一層おいしく見せてくれます。白米をおいしく

見せたいならコレ。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

みなさんも、こちらからスタジオエムのお気に入り茶碗を選んでみてくださいね。

ブーチャンとどんぐり拾い-2015.10.08 Thu

もうすっかり秋めいてきましたね。

 

毎年恒例のどんぐり拾い。

今年は直営店ソラマメでラッピング資材として使用するということで

ブーちゃんももせっせと収集しているようです。

 

どんぐりが落ちているのを見ると、

あぁ、もう秋だなあと感じますよね。

 

そんな秋の季節にピッタリな商品のご紹介です。

 

フイユ ボール

柔らかいムラのある落ち着いたグレーの色合いは

これから寒くなる季節に、あたたかく馴染んでくれるよう。

底面には「落ち葉の頃」という意味のフランス語が

入っていたりと、秋らしさを感じさせてくれるシリーズ。

スッキリとしたシンプルな形状は、飯椀や汁碗、カフェオレボウルにと、

毎日のごはんやスープに馴染んでくれます。

 

パンドミ

 "パンドミ"はフランス語で「食パン」の意味。深みのあるアメ色と

盛り面は白地ではなく、クリーム色にすることで盛りつける料理をあたたかな

 印象に見せてくれます。トーストをのせるのにちょうどいい大きさなので

朝食用として、またイチジクのタルトやパンケーキなど、デザート とも相性が

良いです。


 

グラン

秋らしい落ち着いたブルーとブラウン、深みのある色合いは、食卓に置いても

存在感があります。またマットでしっとりとした質感も魅力。

お皿に対して盛り面がとても広いので、プレートのMサイズやLサイズは

メイン料理から家族分の盛皿に、またワンプレートとしてトーストやバゲットに

付け合わせのサラダやフルーツを載せても。秋の食卓の主役になれるようなアイテムです。

 

 

 

皆さんもスタジオエムのの商品で秋らしい食卓を

演出してみてはいかがでしょうか?

 

営業(ハチクボ)

ブーちゃんとワンプレート-2015.10.01 Thu

 

お久しぶりです。ブーチャンです。

 

前回からの続き

 

 

ブーちゃんです。

 

 

 

 

おっと!朝からオシャレな朝食が。。

 

 

 

昨日は一般の方を招いて、社員食堂の日だったそうで。

今回は、「ワンプレート」がテーマ。

みなさん、オシャレなワンプレートをつくっていましたよ。

 

 

 

あるワンプレートの一例。

 

主食はバゲットの上に、トマトの自家製マヨネーズ合えを乗せて。

サイドメニューでリーフサラダとフルーツにカットしたキウイを添えて。

 

とてもおいしそうですね。

(※ 全て手作りの食品サンプルです)

 

プレートはエルブプレート。落ち着いたブルーは、サラダのグリーンやレッド、

フルーツのイエローなど、食材の色を引き立ててくれます。

 

オーブンにも使えるので、朝食だけでなく、肉料理、魚料理などオーブンから

そのまま食卓で使えます。毎日の食事で使うシーンも多くなりそう。

 

上に乗せている器はジュール シュガーボール

サラダやフルーツはプレート上の配置としてどうしてもメインの奥になるので、

高台のついた高さのある器だと、取りやすく、奥にあっても見栄えがします。

 

 

 

みなさんもぜひワンプレート試してみてくださいね。

秋の準備-2015.08.20 Thu

 

 

まだまだ残暑が残りますが、少しずつ

季節も秋めいてきましたね。

 

スタジオエム営業では、

9月に控える「インターナショナルギフトショー」に向けて

秋冬の器のご提案準備の真っ最中。

 

 

 

秋と言えば”食欲の秋”。

あれも食べたい、これも作ってみたい♪ 、、

なんて食事や料理に関心が高まる分、普段使う器にもちょっとした

こだわりが出てくる季節かもしれませんね。

 

新米の季節、お気に入りの土鍋やお茶碗だったり、

急須や湯のみなどお茶用の器、

そして煮物、和え物用の小鉢、取鉢など

また暖かいスープやグラタン皿など

秋に揃えたくなる器は尽きません。

 

おっと。おやおや?写真にも新商品が

少しだけ顔を出していますね。

 

新商品の発売も間近ですので、

楽しみにしてて下さいね。

ブーちゃんと食品サンプル-2015.08.07 Fri

こんにちは。ブーちゃんです。

 

 

前回からの続き

 

 

ブーちゃんです。

 

 

 

モグモググ…

 

わっ…!! これは食べ物じゃないのね。

 

先日の私のブログでも紹介していましたお料理サンプル。

これを器に乗せることで、より料理から器をイメージしやすくなります。

 

 

そういえば、先日 マルミツポテリで行われた

自社展示会の講座では皆さん思い思いの食品サンプルから

それに合う器をコーディネートして下さっていました。

 

その中で、素敵な組み合わせを少しだけご紹介。

 

 

ジャジャーン、こちらの組み合わせ。

なかなかセンスの光るコーディネートですね。

 

まずは、中央のちらし寿司。マティネシリーズはその繊細な

レリーフとカラーから、デザートや洋料理をイメージされる方が多いですが、

ちらし寿司やチャーハンなど一人用の銘々皿にも適したサイズです。

特にこういった料理は全体的に色味が白っぽくなりやすいので、

器ははっきりとした色のあるものを選ぶと、グッと料理を引き立ててくれますね。

 

そして、もう一つは左上のお刺身。お刺身は長皿や角皿などに盛りつけることが

多いのかも。そもそもあまり決まってないという方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、普段の食事でちょこっと特別感を出したいお刺身。

そんなときは高台のある器を使うと良いでしょう。高さのある器は平たいお皿の多い

食卓の中でアクセントになります。高台がありながら平らな面の広いモワソンコンポ

ートは、広めの盛り面で上品に盛りつけたいお刺身にぴったりですね。

 

 

 

どうですか?

お料理を盛りつけてみると、意外とこんな器も合うんだということが

少し分かりましたでしょうか?

 

 

次回ももうすこし器と料理の組み合わせを

ご紹介していきます。

 

つづく

ブーちゃんとジョッキ-2015.07.30 Thu

こんにちは。ブーちゃんです。

 

 

前回からの続き

 

 

いよいよ本格的に夏がやって参りましたね。

やっぱり夏といえばビール。

 

キンキンに冷えたビールを専用のジョッキで

飲むと、格別に美味しいですよね。

 

 

皆さんはご自分専用のビールジョッキは持っていますか?

 

 

マルミツポテリがオススメしているのがこちら。

デポジョッキ

 

 

デポとは、瀬戸にある直営店施設「DEPO」から付けられた名前。

外国のビアホールで使われていそうなデザインのデポジョッキは、

たっぷりと入るのでゴクゴク飲みたい夏の季節にぴったり。

 

白色は内側のざらっとした質感が、ビールの泡立ちを細かくしクリーミーに。

いつもと違うビールを味わえます。

 

カラフルな4色は釉薬をかけてツルツルにしてあるので,

汚れがつきにくいのも嬉しいですね。

 

 

450ccは中ジョッキサイズ。

缶ビール(350CC)がちょうど収まります。瓶ビールなら(小)サイズくらいですね。  

 

たっぷりの氷を入れた冷たい飲み物などを入れても◎

またこちら!

 

かき氷を入れても素敵に見えますね!

 

 

 

ビールをお友達やご家族とご一緒に。お友達や職場の方へのギフトにも。 

今年の夏はデポジョッキと一緒に暑い夏を過ごして下さいね。

ブーちゃんとサビ-2015.07.23 Thu

こんにちは。ブーちゃんです。

 

 

前回からの続き

 

 

最近は暑い日が続いていますね。

こんな暑い時期には、涼しさを感じられる器があると嬉しいですね。

 

最近注目されているのが

「錆かいらぎ」の器。

 

(錆かいらぎ6寸四方皿)

かいらぎとは、釉薬が焼成時に溶けきれずに鮫肌状になり、ちぢれて粒状になった部分のことを差します。

粉引など、白い化粧をかけた器に多くみられる風合いです。

茶道の世界では、昔から「景色」としてその味わいを楽しんできた「かいらぎ」

マルミツポテリの「錆かいらぎ」シリーズでは、かいらぎを強調するために

鮫肌状の部分にサビ色をつけるなどの工夫をしています。

 

 

マルミツポテリのかいらぎシリーズはこちら。

マラン 小鉢

適度な立ち上がりと盛り面が広めの小鉢は副菜を入れるのに

ちょうど良いカタチ。

 

 

マラン 片口

そうめんの麺つゆ入れにしたり、冷酒を入れても良いですね。

 

錆かいらぎ 片口変形鉢

飾りとしての片口がアクセントに。手づくりで1つずつ成型しているので

少しずつ形や大きさが違って、温かみのある器です。

 

 

フォルクローレ 9寸皿

立ち上がりがなく、フラットな形状なので、家族分の盛り皿にしたり、

余白をもたせれば より一層上品に見せられる1枚。

 

 

今の時期はMARUMITSU WEBSTORE でも紹介していました

素麺用の器にもオススメです。素麺をより涼しげに見せてくれますね。

皆さんも「錆かいらぎ」の器と一緒に、暑い夏を乗り切ってみてはいかがですか?