BLOG

マテリアル

土鍋の美味しさの秘密-2013.11.29 Fri

今日も寒いですね。

今回はそんな季節に話題に度々登場の、「土鍋」の話です。

 

スタジオエムの土鍋はIHに対応しておりません。

「どうして対応の土鍋を作らないの?」「家がIHだから使えない」等、お声を頂くことがあります。

でも、ガスコンロにこだわり続けるにはきちんと理由があります。

「遠赤外線効果」をご存知ですか?

土鍋の土は、火で温められることでこの遠赤外線を発生させるのです。

目には見えませんがこれがすごい。

食材の内側から熱を発生させることができる”のです!

これにより鍋の中で温められる食材にムラなく火が通り、お料理を美味しくしてくれます。

 

食材の味を引き出して、よりお料理を美味しくしたい...!

せっかくの土鍋本来の機能を損なわないよう、こだわりをもっているのです。

お家にIHしかないという方でも、カセットコンロがあれば大丈夫。

冬はやっぱり、囲み鍋でほっこりしましょう。

 

営業(ほ)

この2つの器の違い、皆さん分かりますか?-2012.03.21 Wed

もちろん裏印の絵も、色も違います。
でも、それらの違いは、使用上大きな違いを生みません。

それ以外に、この2つの器には
使用上大きな差を生む違いがあるのです。

それは、器の裏面がフラットなのか高さがあるのかということです。


写真右側の器には丸い高台があるのが分かりますよね。
それとは対照的に左側の器にはありません。

この違いが何を生むのか?

実はオーブンの使用可否を左右するのです。

スタジオエムでは、この高台のついた磁器、
半磁器素材の器をオーブンで使用することを
お勧めしてしておりません。
使用中の破損に繋がる恐れがあるからです。
逆に、高台のなく、底面がフラットな磁器、
半磁器素材の器はオーブンで使用しても問題ありません。
(もちろん、ともにレンジはOKです)

ちょっとした違いがこうやって使用上の大きな違いを生むんですね。
皆さんも是非覚えておいて下さいね。

営業(す)

器のケア-2012.03.06 Tue

秋冬の間中、大活躍した土鍋とオーブンウェア。
ふと見ると今年新しくできた焦げや、
ほんのり食材のにおいがついていることに気づきました。


「よし!今日は土鍋とオーブンウェアの手入れをしよう」と
決めて取りかかりました。

まずはにおいから。

陶器は土の粒子が粗く吸水性がある分、
食品やそのにおいが染み付きやすいものです。
ついてしまったにおいは、
水1?に重曹大さじ4、酢大さじ1ぐらいを溶かした液体に
浸しておくと多少薄まります。
土鍋なら、お茶の出がらしを煮てそのまま冷めるまで放置、
という方法もおすすめ。
重曹、酢、出がらし、どれも量は「だいたい」でよくて、
様子を見ながら調節します。
(土鍋の吹きこぼれだけは注意のしどころ。)

次に土鍋の焦げ付き。
一度焦げ付くとその場所に「焦げぐせ」がついてしまうのが土鍋。
なるべく早く取った方が落ちやすいような気がします。
窯屋さんから、
「重曹を水に溶かしたものを煮立たせてから
自然に冷まして焦げを緩めてからこするととれやすいよ」
と聞いて、さっそく試すことにしました。
それにプラスしてインターネットの口コミで読んだ
「火にかけながらこする」「卵の殻でこする」
もせっかくなので試すことに。
火にかけて、ゆっくりと暖かくなっていく水の中で、ごしごし。
熱くなってきたのでゴムベラに持ち替えて、ごしごし。
冷めてからも、ごしごし。
すると・・・
取れました!時間はかかりましたが、すごい達成感です。
(やけどにはご注意くださいね。)

とは言っても、やはり年季は見た目に現れるもの。
名古屋名物「味噌煮込みうどん」の老舗店で使われている
土鍋の風格にも憧れる最近です。
みなさんも器のケア、してみてくださいね。

営業(た)