BLOG

企画通信

【2017秋冬新作紹介 vol.2】トロワリーニュ -2017.08.18 Fri

2017秋冬新作紹介 vol.2

TROISLIGNE / トロワリーニュ

薄手の素地に、すくっと立ち上がったフォルムが軽やかな飯碗ができました!

高さ1cm弱ほどの小さめな高台がついており、手に持った時の立ち姿も美しく映ります。

飯碗は私たち日本人には特に欠かせない器です。

家族で使う飯碗はそれぞれ決まっていることも多く、

自分だけのお気に入りポイントがある人も多いと思います。

とてもシンプルな飯碗ですが、

トロワリーニュを毎日の食卓で使ってもらうために、形、大きさ、色、土、にこだわり、

型屋さん、窯屋さんと何度も微調整を繰り返してやっと完成しました。


【企画のこだわり1】 ほんのわずかな丸み

最初の形はもう少しだけシャープな印象の飯碗でした。

凛とした印象が薄手の素地とも相性がいいのではないかと考えていたのです。

企画チームと出来上がったサンプルを見ながら、

感覚的にもうほんの少し丸みをつけてみよう、、、となりました。

凛とした印象がどこか固く見えて、

毎日ごはんを盛っているようなイメージが沸きにくかったように思います。

下の写真は器の原型です。(石膏でできた器と同じ形のもの)

ほんのわずかな丸みですが、

修正した右側の飯碗(小)の方が全体におおらかさが出たように思います。

左:修正前の飯碗 大(丸み △)    右:修正後の飯碗 小(丸み ◯)



【企画のこだわり2】 
優しい色と塗り分け



トロワリーニュにはイエロー、グレー、ブルー、と3色あります。

内側は透明釉、外側は色釉と釉薬を塗り分けています。

どれも淡めで優しい色展開です。

柔らかく優しい雰囲気になっているのには土にも秘密があります。

白っぽい土の表情が内側を見ればわかりますが、よく見ると真っ白ではありません。

写真にはなかなか写りづらいのですが、、、

ほんのりクリーム色で細かい土の鉄粉や粒のようなものが見えます。

そんなほのかな土の素材感があることでふんわりとした、優しい表情になっています。

また、ほのかな土の素材感だからこそ釉薬も綺麗に発色し

トロワリーニュの優しい世界観ができあがりました。

実は簡単に内側と外側を釉薬で塗り分けてもらっているように言いましたが、

飯碗の形状的に塗り分けの工程は大変な技術と道具を要する装飾方法でした、、、、

窯屋さんの確かな技術があったからこそ実現できた飯碗でもあります。



【企画のこだわり3】 


トロワリーニュ 飯碗で使われている土にはもう一つ秘密があります。

陶土(白土)の中に磁器土を30%程混ぜ込んでいます。

そうすることで、強度が増し、吸水性が低くなります。

吸水性が低いと器が汚れにくく、電子レンジの使用も可能となりました。


最終サンプルがあがってきて、トロワリーニュを手にした時、

ブルーはお父さん用、イエローはお母さん用、、、

家族それぞれがお気に入りのmy飯碗を食器棚から迷わず手にとるような光景が浮かびました。

日々の暮らしに優しく寄り添うトロワリーニュ。

食卓を明るく、軽やかに彩ってくれることと思います。

企画(は)

【2017秋冬新作紹介 vol.1】エッセン-2017.08.17 Thu

2017秋冬の新作発売の日が近づいてきました。

今日から平日毎日、全12回にわたって、企画チームから新作の紹介をお届けします。


今回の新作のテーマは「ORDINARY」

いつもの日常を豊かにする、そんな器のラインナップです。

販売開始は9月4日を予定。それまではこのブログで気になる器をぜひチェックしてください。


ESSEN / エッセン


食卓に自然と溶け込む形、やさしい素材感と落ち着いた色味。使いやすいアイテム展開で毎日の食事で活躍。


ご飯と味噌汁、そして焼き魚。そんな和食の日もあれば、カレーやパスタ、餃子なんかも日常的に食卓に登場する。バリエーション豊かな日本の食卓で使いやすいことを目指した、新作の長方形のうつわのシリーズ。昔ながらの和食器は手持ちの食器には合いづらい、そんな人にもおすすめな少し洋風なデザインです。


長角皿Lは秋刀魚の塩焼きやおかずの三品盛り。

Sには切り身の焼き魚や卵焼き。鶏肉の照り焼き。いつものおかずを長方形の器に盛ると、コーディネートに変化が生まれます。

小皿には香の物や、たれ、醤油を。深皿Lは盛り鉢に。深皿Sは角煮やブリ大根など銘々の鉢として。


こんな感じで和食の献立にはもちろんぴったり。



でもそれだけじゃなく、深皿LとSを使って親子でカレーやシチューを食べて見たり、炒飯を盛りつけてみたり。

長角皿には餃子やエスニックな生春巻き、イタリアンなトマトとモッツァレラのカプレーゼなども盛りやすいサイズです。


【企画のこだわり1】形と素材の和洋のバランス


家庭のメニューが和洋折衷なら、食器も。ということで意識したのはそのバランス加減。

形は少し洋寄りに。素材と色味は和寄りに。



まず形はシンプルながら、中央近くに少しだけ段差をつけて洋食器のリムのように。

直線ではないほどよいカーブで構成された優しい長方形なので、主張しすぎず、まわりに馴染み合わせやすい。


そして土や釉薬はあえて均一でない、雰囲気がでるものに。

ベージュがかった白に焼き上がる乳白釉と、深みのあるネイビーの色釉。

釉の風合い、縁に少し出てくる焦げ目など陶器の持つ味わいを感じられます。


【企画のこだわり2】使いやすいアイテム展開

形はご家庭で使いやすいアイテムを5種類。色は白とネイビーの2色の展開。

重なりもよく、食器棚に収納しやすい!


普段の料理をのせるのにぴったりで、毎日の食卓で活躍するエッセンシリーズ。

気づいたらつい手に取ってしまう食器になるはずです。



企画(お)

企画通信 vol.6「新商品のカタログづくり」-2017.07.31 Mon

暑さが厳しいですが、いかがお過ごしでしょうか。


今回の企画通信はスタジオエムが発行する新商品カタログ、デプリアントづくりをご紹介。

9月と2月の年2回発行で、企画チームが自分たちで撮影、編集しています。

皆様ご覧になったことありますか?

今企画チームは次のデプリアントカタログづくりとスタジオエムの秋冬の新商品づくりが佳境に入っています。

続々できあがってくる新商品のサンプルを見ては、早く皆さんに使ってほしいなと9月が待ち遠しく思いつつ、〆切に追われながら必死にカタログを作っています。


次の2017秋冬の新作のテーマは

普段の生活、食事で使いたいうつわが盛りだくさん。

前回の新作よりも和食に使いやすいものが多めです。

新作食器の詳細はお盆明け8/17(木)からスタジオエムのブログや今日のうつわで少しずつ紹介する予定ですので、乞うご期待。


そんな新作の良さが誌面で皆様にちゃんと伝わるように、この器はどんな料理が似合うかな、どう見せたら料理がおいしそうに見えて、楽しそうな食事の風景になるかなと考えてカタログの作業を進めています。

こちらは先日の撮影の様子。

カタログのワンシーン、手作り餃子のシーンを撮影しているところです。

・・・よく見ると新しい器がいくつか写り込んでますね。

近づいて撮影したり、天井ギリギリの高いところから撮影したり、と

企画(は)がベストなアングルを探して動き回っています。


今回のカタログでこだわったのは、作り込みすぎない自然さ。

料理やレシピ、食べてるシチュエーションも、普段の生活と近くなるように意識しています。

ご家庭でもよく出る料理を盛りつけた写真がたくさんが登場するので、参考にしてみてくださいね。


あと料理も定番のものながら、ちょっとトッピングにこだわっていたり、入れる具が少し変わっていたりと、いつも作っている料理を少しだけアレンジするアイディアが隠れているのでそちらも要チェックです。

簡単でおいしい常備菜レシピなどもいくつか掲載予定ですのでぜひ試して頂きたいです!


こんな感じで進めているデプリアント。

お盆前まで写真や文章に更に修正を加えてより良いものに仕上げていきます。


デプリアント会員の皆様のお手元には9月上旬ごろまでにはお届けできる予定です。

新作の食器とデプリアントカタログ、どちらも楽しみにしていてくださいね。


ちなみにデプリアントカタログは会員登録(¥600)をして頂くと、半年に一度新しいものが出来る度に自動的にお家に届きます。

興味がある方はこちらから。

ぜひこの機会にチェックしてみてください。


企画(お)


企画通信 vol.5「ブリクストンストライプ」-2017.07.10 Mon

今回の企画通信は器ではなく、布(生地)のことを少しお話したいと思います。

前回のブログでも紹介されていますが、

スタジオ エムの季刊誌「デプリアント」の表紙にも使われています!

「ブリクストンストライプ生地」


赤と紺のストライプ柄が休日やバカンスのテーブルを 思わせるような生地です。

マルミツポテリは主に食器を企画、販売している会社ですが、

マルミツポテリの食器を使うことによって、もっと楽しく、もっと豊かに食事の時間を過ごしてほしい、、、

そんな思いの中、自然とこんなテーブルクロスやランチョンマットがあればいいなと、

オリジナルの生地をつくるまでになりました。

今では、約70種類ものオリジナル生地を作っています。


さて、今回の春夏の新作生地ブリクストンストライプとはどんな生地なのでしょうか。

こだわりのポイントは3つ。


素材

スタジオ エムのオリジナル生地ほとんどに言えることですが、リネンを使用しています。

リネンは亜麻の茎を原料として作られる植物繊維です。

リネンの歴史は古く、紀元前のエジプトですでに生産・流通していたといわれています。

長く人々の暮らしの中で愛用され続けるには理由があります。

・繊維が長く丈夫で長持ちする。

 水に濡れると強度が増すとういう特徴もあり毎日のお洗濯にもへこたれません。

・吸水性、速乾性がいい。

 デッシュクロスとしても最適です。乾燥が早いのでカビや雑菌の繁殖も軽減します。

・使う程に柔らかくなる。

 使い始めは少しゴワつきがありますがお洗濯を重ねる度に柔らかくくったりとしてきます。

 月日とともに使い手に馴染んでいく様は使うことの楽しみのひとつになります。


糸色

イメージに近い糸色を決めます。


写真では糸色の微妙な濃淡が伝わりづらいですが、ヴィンテージの生地ような素朴でどこか懐かしい色合いをめざして、

あまり重くなりすぎず少しだけ色褪せたようなものを選びました。


【織り柄】

生地の織り柄をよく見ると、交互に斜め模様で縦縞が入っているのがわかります。


ツイードなどによく使われる基本的な織り柄でヘリンボーンと呼ばれています。

日本では杉綾織りと言ったりしていますが、たいていは等間隔で斜め模様が入るのですが、

ブリクストン生地は色柄に合わせて斜め模様の幅を変えました。

ちょっとした変化ですが、織り柄の表情に動きが出るように思います。

また生地のおもて面にはっきりと色柄が現われるように織りの割合を調節しました。

裏面は生成糸の割合が多くなるので少しかすれたような生地感が楽しめます。


イベントや季節に合わせてお気に入りのテーブルクロスやランチョンマットを少しずつ増やしていくのも楽しみのひとつです。

ぜひリネンを暮らし中に取り入れてみてくださいね!


ブリクストンストライプの商品詳細はこちら ▶


企画通信 vol.4「裏印いろいろ」-2017.06.19 Mon

不定期更新、企画通信。


今回はうつわの裏印について。

スタジオエムの食器のデザインで形や色を考えるのと同じくらい力を入れているのが、「裏印」です。


他のブランドではシンプルであったり、統一されていることが多い裏印。

スタジオエムでは一つひとつのシリーズのイメージに合わせて、入れる文字、ロゴのデザインを考えています。


お客様が手に取ったとき、お家で洗い物をしているとき、さりげなく目に入る裏のロゴを見て

少し楽しくなってくれるといいなと思っています。


ここからはいくつかこだわりの商品と裏印をご紹介。


バルバリ」 

前回の企画通信vol.03で写っていたバルバリシリーズ。

バルバリというのは鴨の種類です。表からはわかりませんが、裏を見ると、、実は鴨のイラストのロゴがあるのです。


モンド」   

土の質感が強く渋いイメージのモンドシリーズ。

そんなモンドシリーズの裏印は、、意外とポップで楽しげな雰囲気。

渋さとロゴのバランスが絶妙です。


リヴァージュ」  

青いラインがさわやかなリヴァージュシリーズ。

こちらの裏印は、凸で錨のマークと青い色で文字が刻印されています。

裏印のデザインも含め全体で海をイメージしています。


企画では新しい商品をつくる度に、シリーズのイメージや素材の質感、形状などのバランスを考えて裏印の案を出しています。

色や形のデザインが決定してもこのロゴのデザインがなかなか決まらず苦労することも度々・・・。


ひっくり返さないと見えない、さり気ない部分ですが

ぜひ気にしてもらえると嬉しいです。


企画(お)

企画通信 vol.3「型屋の仕事」-2017.05.29 Mon

不定期更新、企画通信。
今回は型屋の仕事を少し紹介したいと思います。
型屋は陶磁器を量産する為の型を石膏でつくるところです。
量産の器たちはどうやってできているかご存知ですか?
まずは石膏の固まりを削って器と同じ形状のものを手作業でつくります。(原型)
その周りを石膏で固めて型をとります。
その石膏型が陶磁器を成形するための型になります。
こちらは新作の バルバリ メインプレートの石膏でできた原型です。
陶磁器は土を乾燥させたり、高温の窯で焼成したりと生産する工程の中で形状が変化します。
量産のことを考え、サイズ、厚み、形状のバランスをとって原型を仕上げていきます。
それを元に器を形づくる型をつくっていきます。
下の写真が実際の器をつくる型です。
バルバリシリーズの裏面に入った凸文字はすべて手作業で彫られています。
緻密さ、正確さが求められ、
かつ企画の希望する文字のテイストやバランスにも気を配ります。
手で彫られているからか、素朴でどこか優しく、生き生きした凸文字が浮かびあがります。
こうした職人の技術も、私たちの商品企画にはなくてはならないものなのです。
企画(は)

企画通信 vol.2「メランジェ色選び」-2017.05.08 Mon

不定期更新、企画通信。
久々の第二弾は「メランジェ」をとりあげます。
2月から販売が始まったきれいな色と形状が人気のシリーズです。
MELANGER / メランジェ
S~Lの3サイズ、色は3色展開です。
■企画のこだわりポイント
「さわやかな色と、マットな質感」
メランジェの企画で特にこだわったのは、釉薬選び!
釉薬というのは食器の表面のガラス質の部分のことです。
この選び方で商品の雰囲気ががらっと変わり、良くも悪くもなります。
スタジオ エムの商品はたくさんの種類の釉薬から商品のイメージに合わせて選んでいます。
例えば、商品の色を「黄色」にしようと考えても、、
淡いオレンジよりの黄色、マット調のレモン色、薄いクリーム色など、、
無限大にあるのではというくらい選択肢があります。
今回メランジェに使った3色は、この商品のために調整してもらった色です。
少し透明感が残るマットな質感で、きれいな発色で、、など
職人さんに最終的な食器の仕上がりのイメージ、色、釉薬の質感などをしっかり伝えて、
色を調合してもらいました。
釉薬の調合は絵の具と違って、焼いてみないとどんなものになるのかわからないのが難しいところ。
イメージした色が一発で出来上がることは少ないです。
小さなテストピースを納得がいくまで何度も繰り返します。
↓こちらが今回のテストピースの一部。
このテストピースから1つを選ぶのですが、
実際に大きなものにかけると、あれ?なんか印象が違う?となってしまうこともあるのが
さらに難しいところ。
またやり直しになってしまうことも時々あります。
そんなこんなでこだわったメランジェシリーズの3色は、
食卓に一つ取り入れるだけでぱっと明るくなる、きれいな釉薬に仕上がりました。
そして色のイメージからフランス語のソレイユ(太陽)、シエル(空)、メール(海)と名付けました。
これからは食器を見る時にぜひ色や質感、釉薬にも注目してみてください。

企画(お)

企画通信 vol.1「アロンディ バターケース」-2017.02.17 Fri

不定期更新、新連載!

スタジオエムの企画が商品について熱く語ります。

 

第一弾は新作の中から「アロンディバターケース」についてご紹介したいと思います。

 

ARRONDI /アロンディ バターケース

 

 

企画のこだわりポイント

①バターケースに入れたままバターをカットできる

 

スタジオエムのバターケースはアロンディを含めて全部で3種類。

(左からプレーン バターケース、キューブ バターケース、 アロンディ バターケース)

この3つの形の大きな違いは、

「プレーンバターケース」「キューブバターケース」の2種類は容器にバターを入れて、蓋を閉める形。

「アロンディバターケース」は平らなプレートにバターをのせて、上からカバーをかぶせる形、ということ。

 

今回のアロンディバターケースをこの形にした理由、それは、

バターケースに入れたままバターが切りたかったから。

(単純に形のかわいさ、というのも理由の一つですが・・・)

 

普段パンを食べる時に少しずつ使うときにもそうですが、

料理やお菓子づくりでバターを多めに使う時に、バターケースのプレートにのせたまま、

ナイフや包丁でカットすることができます。

 

さて、次のこだわりは、

②冷蔵庫からの出し入れも片手でラクラク!

バターケースを冷蔵庫から出し入れするときなどに、片手で持ちやすいようにプレートの形状を工夫しています。

 

まずは両側にある取手。

取手の高さはちょうど指1本入るくらい、裏側には指が引っかかるようにくぼみをつけています。

このくぼみがあることで大きな取手ではなくても、すべることなく片手で取手を上げて、

バターケースの下に指を差し込んで持ち上げることができるのです。

 

③丸みがかわいらしいデザインと、選べる3色展開

最後に見た目について。

プレーンとキューブバターケースはシンプルで落ち着いたデザインなので、アロンディのデザインはシンプルだけどキッチンや食卓が明るくなるようなポップなかわいらしさを意識しました。

角丸な形とロゴがポイントです。

 

そして色は3色。お好みで選んで頂けます。

今回カタログ用の撮影のときに、同じテーブルセッティングでバターケースの色を差し替えてみました。

定番の白はまわりとなじみやすく、やはり使いやすいです。

イエローは置くだけで食卓がぱっと明るくなります。(カタログにはイエローが載っています。)

グレーも落ち着いていて合わせやすい色ですが、白よりもメンズっぽい印象です。ネイビーやインディゴ色の食器とも相性がいいです。

 

もし色で迷われていたらぜひ参考にしてみてください。

 

200gサイズのバターが入るバターケース、ご自宅用にも、バターナイフをつけて新生活や結婚祝いのギフトなどにもおすすめです。

web storeもぜひチェックしてみてください。

 

アロンディ バターケース  ¥2,200 +tax

 

企画(お)