BLOG

商品

灰釉青磁反5.5寸鉢-2019.03.23 Sat

マルミツポテリには昔ながらの形や味わいのある釉薬を使用した和食器がたくさんあります。

お客様からの声もあり、このたび和食器を集めたページをウェブストア内につくりました。

まだご覧になっていない方はぜひチェックしてみてくださいね。

和の食器


今回は、その中にある私のおすすめをひとつご紹介します。

その器は「灰釉青磁反5.5寸鉢」です。


この器は20年以上前から販売をしています。

透明感のある薄い青緑色が何とも涼しげで、特に春や夏の食卓におすすめ。

気持ち小ぶりですが、一人分の麺鉢(そうめん)にも良いと思います。


横から見るとこんな感じで、器の縁が少し反っているのがわかります。

計算された角度により、お料理をきれいに盛り付けることができるんです。


底の部分は釉薬が掛かっていないようにも見えますが、表面とは違う透明の釉薬がうっすらとかかっています。

ほんのりベージュの生地が、青磁の色をより優しくしてくれているんです。


アップにしてみるとこんな感じで、しっかりと貫入が入っています。

1枚目は倉庫から持ってきた新しいものでまだ少なめ。

2枚目は10年以上経ったもので、時の流れとともにさらに細かく貫入が入り美しい仕上がりに。

まさに、使いながら育てる、変化の楽しめる器です。



お料理はたくさんのせず、中央にこんもり盛り付けると上品さが増します。

いつものお料理の一皿に、こんな器を使えば食事もより楽しくなりますよ。


商品はこちら

ムニュ ディナープレート-2019.03.22 Fri

シンプルだけど、風合いがある器っていいですよね。

毎日使うものだからシンプルさは大事だけど、単調なのは味気ない。

土の質感や、器が醸し出す雰囲気はやっぱり欲しい。

そんなことを考えてカタログをみていたら、この器に辿り着きました。

「ムニュ ディナープレート」


ムニュとは、メニューのこと。

フランスのビストロで、気軽に、カッコよく使われているイメージで作られました。

だから、シンプルで使い勝手がいいことが大事。料理が映えるように盛面は少し広くとってあります。

ワンプレート風に盛り付けても、納まりがよく盛り映えするのがうれしいところ。

シンプルでありながらも、器の雰囲気は普通の白のそれとは違います。

鉄分を多く含んだ赤土に、粉引と呼ばれる白い土を表面に施しているので、白は白でも、

土の質感や風合いが表現されたなんとも言えない白に仕上がっています。


また、活気があるビストロで若干雑に扱われたとしても、このムニュは強度があるので安心。

割れることを気にせず重ねて収納出来るところもいいですよね。


普段の食事はもちろん、デザートを大胆に盛ってみるのも面白い。

ムニュは、料理の良さをちゃんと引き立ててくれます。


普段の食事が、まるでビストロのように見える器。

さっそく、自分のコレクションに加えてしまいました。


商品詳細はこちらから




エアロポルト-2019.03.11 Mon

今日は親子で使える仕切り皿、「エアロポルト」をご紹介します。

朝食用や子ども用にちょうどいいサイズなんです。


フランス語で"空港"を意味するエアロポルト

その名の通り、航空食器をイメージしてデザインしたシリーズです。


料理を盛り付ける面には空港内でもよく使用されているピクトグラム(絵文字)のロゴが凹で入っています。

中央部分にさりげなく入っているのでお料理のジャマはしませんよ。


サイズは大、小の2サイズ。

素材は半磁器で、土の色をそのまま生かしたオフホワイト。

角の取れた優しいデザインです。

どちらも3cmほどの深さがあり、汁気の多い料理にもお勧めです。


ワンプレートとして、オムライスとサラダ、チャーハンと餃子なんて使い方もおすすめですが、

副菜を二品盛る器として使っていただいている方もいます。洗い物が少なく済みますね。



お茶の時間のデザートプレートとして使うとこんな感じ。

色んなデザートを楽しめますね!


大きい方はこれから新生活を迎える方に、小さい方は出産のお祝いにもおすすめですよ。


商品はこちら

ベスティート-2019.02.27 Wed

だんだんと暖かくなってきて、春の訪れを感じ始めた今日この頃。

天気の良い日に布団を干したらなんだか鼻がムズムズ…花粉症の方には耐えがたい季節でもありますね。


春が近づくと、いろんなお店でお花モチーフのものやピンク、黄色、きみどり色の商品を見かけます。

マルミツポテリにも春におすすめの器がたくさんありますが、今日はその中の一つ「ベスティート」をご紹介します。


透明感や清涼感が感じられる白磁素材。

ダークトーンのテーブルには本当によく映えます。

10"プレート6.5"プレート3"ボウルの3種類展開で、どのサイズも円形の花びらが7枚ついたデザインです。

(上の写真は6.5"プレート)


10"プレート


3"ボウル


複数枚並べるとテーブルに花がたくさん咲いたようで、とっても華やか。

10"プレートは肉や魚などのメイン料理やパスタ皿に、6.5"プレートは取り皿やデザートプレートに、

3"ボウルはピクルスやソースの器におすすめのサイズです。

またプレートは、縁がほんのりカーブしていますがフラットに近い形状です。


6.5"プレートはこんな風にソーサーにしても。

いつもの料理もおもてなし風に演出してくれますよ。

(上にのっているのはドロップ5"ボウルです)


このベスティート、10"プレートは好評につき現在欠品しております。

申し訳ございません、入荷までもうしばらくお待ちください…


6.5"プレート3"ボウルは在庫がございますので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。


商品はこちら


バルバリ-2019.02.25 Mon

皆さん、「バルバリ」ってどんな意味があるかご存知でしょうか?

実は、鴨肉の種類の一つなんです。

だから、この器の裏印には、鴨の絵が施されています。

このバルバリは、鴨肉の料理をおいしく食べたい、その為の器として企画・デザインされました。

つまり、フレンチ料理などで出てくる鴨肉のソテーやグリルが、白い器に綺麗に盛られて出てくるのももちろんいいんだけれど、

もっと気軽に、もっと普段使いで、そしてもっとおしゃれに盛り付けたいという、そんな想いが込められているのです。

普段の食事で鴨肉なんてあんまり食べないと思いますが、いいんです。

豚の生姜焼きでもハンバーグでもから揚げでも、主役となる肉料理をまずは、盛り付けてみてください。

きっと、この商品の想いが伝わるはずです。

バルバリのサイズは4サイズ。

メインプレートにパンプレート。

パンプレートはその名の通り、トーストが1枚載るサイズ。

何気ない朝食も、プレートの力でおしゃれに見えます。

他には、コガモプレートにココガモプレート。

ケーキを乗せるのにちょうどいいサイズのコガモプレートと、

ピクルスなどちょっとした料理を盛り付けるのに役立つココガモプレート。

このバルバリ、花びら型のレリーフから素地がうっすら透けて見えることで、よりレリーフが鮮明になり、

盛り付けた料理を引き立ててくれます。


鴨料理じゃなくていいんです。

皆さんの自慢の料理を、このバルバリに思いっきり盛り付けてやって下さい。

きっと、いつもよりちょっとだけ、その料理がおいしそうに見えるはずです。


商品詳細はこちらから


タッカ-2019.02.15 Fri

もうすぐひな祭り。

今年は日曜日ということもあって、家族皆でお祝いするご家庭も多いのではないでしょうか。

マルミツウェブストアでも特設ページを作り商品をご紹介しています。

詳細はこちら


今回はここに載せることができなかった、私のおすすめをひとつご紹介します。

その商品はタッカ扇皿です。


その名の通り、開いた扇の形をしています。

末広がりの扇形は縁起の良い形と昔から言われており、お祝いの席におすすめです。

昨年末にはお正月用にと多くの方からご注文をいただきました。


色は上から窯変黒(ようへんくろ)、織部(おりべ)、御深井(おふけ)の三色展開。

あまり耳慣れない色だと思いますが、こちらは釉薬についた名前から名づけました。

陶器の街、瀬戸市にあるマルミツポテリらしいと思いませんか?

※御深井は現在うのふ釉を使っていますが、企画当時は御深井釉を使っていました。


またこのように3つを並べると円になり、遊び心が溢れています。

※織部にのった五種縁起(銀彩)は直営店sonoでのみ購入できるオリジナル商品です。


特に和食におすすめで、天ぷらや出汁巻き卵、焼き魚料理、和菓子との相性もぴったり。

特別感のあるテーブルセッティングに一役買ってくれるアイテムです。


ひなまつりや端午の節句、お正月等、お祝いの席にそろえてみてはいかがでしょうか。


商品はこちら

ココット-2019.02.14 Thu

どうやら、今日はバレンタインデーのようです。

すっかり縁遠くなってしまいましたが、好きですよ、チョコレート。まあ関係ないんですけど。

だけどせっかくなんで、今日はバレンタインデーに使える器を紹介します。

「ココット」

スタジオエムではおなじみの商品。ロングセラーアイテムで長年多くの人にご愛顧頂いてきました。

そのココット、実は去年リニューアルしていたの知っていますか?

まずは、カラーバリエーションが増えました。

定番のカラーに、インディゴ、キャラメル、オリーブが仲間入り。

そして、裏印のデザインが一新。

このココット、オーブンにも使えるので、お菓子を焼いたりするのにぴったり。

焼きあがった見た目も可愛くて、そのままプレゼントにしても喜ばれます。

はい、マフィンも好きですよ。関係ないですけど。

他にも、

器にリンゴのコンポートを詰めて、パイで包んで焼いたら簡単アップルパイも作れちゃいます。

もちろん、アップルパイも大好きです。すみません、関係なくて。

とにかく、可愛くて使い勝手がいいココット。

ロングセラーには、やっぱりロングセラーの理由があります。

みなさん、ココットで素敵なバレンタインデーを。


商品詳細はこちらから


sono6"ボウル-2018.12.30 Sun

今日はマルミツポテリの直営店舗の名前がついたボウルを紹介します。

その名も「sono6”ボウル

(sonoは名古屋市千種区にある特別な日の食器を販売しているお店)


モノトーンカラーにすっきりとした形状で、男性にも好まれるデザインのボウルです。


ボウルの底はベタハマ(平ら)になっていて、オーブンの使用も可能。

陶器ですが硬く焼き締まっていてほとんど吸水性がなく、

においがつきにくいので和食にも洋食にもデザートにも気兼ねなく使えますよ。




色は粉引と灰釉の2色展開。

なんだか見覚えのある質感だな…と思った方もいるのでは…?

このシリーズは、スタジオエムで人気のグリーズムニュタプナードと同じ土を使って作っています。

縁が少し焦げていたり、釉薬のむらがあったり、陶器ならではの風合いが楽しめます。


今年も残すところあと2日。

仕事納めのおとといは、マルミツポテリ恒例の餅つき大会がありました。

私の実家でも毎年父が鏡餅を手作りし、1月はしばらくおもち料理三昧。

こんな器でお雑煮や七草粥なんかもいいですね。


商品はこちら


マサラ-2018.12.19 Wed

6年前から愛用している丼があります。

ごはんものにも麺類にも、必ずこの器を使っています。


その丼はマサラです。

我が家では大丼を使っています。

小丼は一回り小さく、ごはんもののちょっとした丼にちょうどよいサイズです。

これからの時期はお雑煮にもよさそうですよ。


マサラの魅力はなんといってもこの色と無数の鉄粉。

お地蔵様のようなこの色は土本来の色で、釉薬のかかっている表面はグレー、かかっていない裏側は茶色です。

陶器ならではの力強さを感じますね。


マサラはインドやチベットで使われているミックススパイスの名前から付けました。

もちろん、カレーの器(オーバルボール)もありますよ。

丼の使い心地や盛り付けた時の見栄えがよかったので、私はこちらも購入しました。

男性にも好まれるデザインで、カレー好きの夫もかなり気に入って使っています。


マサラは丼とオーバルボールの展開ですが、同じ素材でできたスープカップの「プロン」もあります。

容量は370ccと大振りで、具だくさんのスープやとんすいとしてもおすすめですよ。


2018年もあと少し…

年越しそばにはこのマサラで、一年を締めくくりたいと思います。



商品はこちら

幻の料理人-2018.12.16 Sun

はいどーも。「幻の料理人」ですー。

ブタの「カルネ」と、

 

ウシの「ヴィッテロ」です。


誰が呼んだか幻の料理人。

わたしたちが一体何者なのかと言えば、

もうお気づきですね。

そう、ブタとウシの形をしたソルト&ペッパーなんです。

わたし達がコック帽を脱ぐと、そこには塩胡椒を入れるための投入口が。

下から塩胡椒を補充する形状だと、補充するたびに穴から塩胡椒が落ちて大変ですけど、

上から補充する私たちの形状は、とっても補充しやすいんですよ。

カルネの背中にはソルトの頭文字「S」が、

ヴィッテロの背中にはペッパーの頭文字「P」が刻印されています。

ふたり合わせて「S&P」。スペシャルな二人です。


塩胡椒をかける行為は、普段の調理ではおなじみの行為。

そんな行為もわたし達を使うことで少し楽しい気持ちに。

キッチンにちょこんと置いてあるだけでも、私たちのチャーミングさに、

ココロ奪われます。


あー私たち、贈られても結構喜ばれますよ。

こんな感じで、専用箱に納まってます。

贈られた方たちが、箱を開けて言う一言はもうおなじみ。

「うけるー」

「かわいいー」

これ同義語です。


さあみなさんも、私たちを使って、塩胡椒振りませんか?


商品詳細はこちらから