BLOG

商品

オリゾンプレート-2017.12.11 Mon

 

 

みなさんは普段、毎日使うプレートってありますか?

使い勝手が良くどどんな料理にでも使えるから、

ついつい いつも使ってる。

そんな毎日使いのできるプレート。

 

そういったデイリーユースなプレートはたいていレンジ可、食洗機OKなど使い勝手の

良い磁器素材のものが多いです。

が!そんな中こちらのプレートには一味違った魅力があるんです。

 

オリゾン240プレート

 

オリゾンは赤土に釉薬をかけた陶器の器。オーソドックスなラウンド形状でレンジは不可。

あれ、「どんなところが魅力なの??」「これといって特徴がなさそう…」と思われる方、

多いかもしれません。そんな皆様のためにオリゾンのこだわりをご紹介します。

 

 

 

☞オリゾンのこだわり1『色合い』

  

企画当初、「色合いにこだわったプレートをつくりたい」という思いから、
形状をできるだけシンプルにし、日常でオールマイティに使える器としてオリゾンは

考えられました。
陶器の赤土にあえてムラを残して釉薬をかけることで、単色ではない微妙な色合いに。
釉薬も新しく調合して作ることでシンプルながら美しい色合いにこだわりました。
またフチに見られる、赤土が透けたような表情が味わい深いです。


カラー展開は3色。

白は赤土がほんのり透けることで温かみのある白に。グレーはムラ感がやさしい表情の

ライトグレー。メイン料理もサラダも地味にならず上手に引き立ててくれます。ブルー

は深みのあるインディゴブルー。茶系やイエロー、グリーン、レッドなど様々な食材の

色を美しく見せてくれます。


☞オリゾンのこだわり2『形状』

フランス語で「地平線」という意味のオリゾン。

地平線という名の通り、フチを上面でカットすることで

真横から見たときに真っ直ぐな一直線のラインに見えるように

こだわりました。横から見ると美しいカタチなんです。


また真上から見ると、カットされた2本の円形のラインがきれいに見えますよね?

釉薬を調整することでフチだけ透けて下地がくっきり見えるようにしているんです。

シンプルなデザインですが、このラインが料理を盛り付ける際のちょっとしたアク

セントになってくれます。

 

また、リムをなくすことでどんな料理でも余裕をもって盛れるように、盛り付けや

すい器になっているんです。リムが大きくあると、見栄えは良いですが、プレート

自体が大きくなり、また重さも出る割に盛れる料理スペースは少なくなります。

ただ、リムをなくすと、フチは薄ければ欠けやすく、厚いと丈夫ですが、やぼった

い印象に。横一直線にフチをカットすることで、適度な厚みで丈夫さを保ちながら、

見た目の美しさを兼ね備えた作りになっています。一見、どこにでもありそうな普

通のプレート。でも、普通で、かつ料理が美しく見えるプレートって、実はみんな

がほしい器なのかもしれませんね。

 

 

☞オリゾンのこだわり3『用途』

 

 

オリゾンはそのシンプルな色合い、形状からテーブルコーディネートでも使いやすい

プレートです。たくさんの器を並べるコーディネートでは器同士の相性が大切になり

ますが、オリゾンは合わせられる器の幅が広く、落ち着いたトーンのテーブルでもま

とまりやすいですし、色合いの鮮やかな器のコーディネートでは名脇役になってくれ

ます。  


また最近は“ギャザリング”など気軽に友人や知り合いと楽しむカジュアルなパーティ

ーが主流です。オリゾンは装飾的なレリーフやリムがないことで、カジュアルなテー

ブルシーンに合わせやすいのも魅力ですね。

  

どうでしたか? パッと見ではわからない器のこだわりを知っていくことで少しずつ、

オリゾンに愛着がわいてきませんか?

オリゾンは決してイージーな使いやすさや装飾的な華やかさはありませんが、食卓の

質を少しだけ上げてくれるベースの器。毎日使う器だからこそ、ちょっとこだわるこ

とで食事が楽しくなるかもしれませんよ。

一度見てみてくださいね。


オリゾンプレートの紹介はこちら


 

おせちの器展、イベント限定商品あります-2017.12.08 Fri

こんにちは。

早いもので、今年も残すところ後3週間となりました。

ただいま直営店のクーヴェールアラメゾンでは、

冬の企画展「おせちの器」を開催しております。

 

日々の食卓の中にある器を使い、大きな器や小さな器の使い方を少し変えるだけで、お正月の特別な日にも使える器たちをご提案しています。

 

そして、今回の企画展ではイベント限定商品をご用意しております!

今日はその中のひとつをご紹介します。

家紋のひとつとされる木瓜型をイメージしてデザインされた、

お正月にぴったりな「リアン」から、紫色が登場!

凛とした上品さのある紫色は、渋さもありながら、テーブルに華やかさを演出してくれます。

そして「リアン」は仏語で絆と言う意味です。年に1度のお正月に家族が集まって、絆を深めるというのにもぴったりな器ですね。

 

限定色も焼物皿と取り皿の2サイズをご用意していますよ。

定番カラーの白・織部・藍と、組み合わせによって印象も違いますね。

白と紫は餅や和菓子などを盛り付けて女性らしくて可愛らしいお茶の時間になりそう。

 

藍と紫はまとまりのある穏やかで落ち着いた印象になります。春巻きのような揚げ物や天ぷらなどの盛りつけにおすすめです。

藍と織部は華やかな食卓になります、焼物皿は焼いた秋鮭など切り身魚を美味しくみせてくれます。

 

日常使いもしやすい「リアン」を是非店頭に見にいらして下さいね。

他にも限定商品がございますので、そちらもお楽しみに。

イベントは残り5日間となります、みなさまのお越しをお待ちしております。


 -----------------------------------------------------------------

▼イベント詳細情報▼

クーヴェールアラメゾン

期間:1212日(火)まで

コーディネート講座:毎日(約15分)10:30~/13:30~/15:30~

住所:〒465-0026、愛知県名古屋市名東区藤森2-285-1

電話: 052-777-0556

営業時間:10:0019:00 (定休日:水)

クーヴェールのブログはこちら

 

ドゥーブ9号鍋-2017.12.07 Thu

冬になると登場回数が多くなるのがお鍋。
寒い中家に帰って温かいお鍋を食べるとほっとして気持ちもほぐれます。

皆さんは普段どんな土鍋を使っていますか?
土鍋といっても深いもの浅いもの、一人用から大勢で食べられる大きな土鍋まで形もサイズも様々です。



今回は4〜5人で囲むのにぴったりなドゥーブ9号鍋をご紹介します。
友人と鍋パーティーをしたり、年末に親戚で集まって鍋を囲んだり…そんな時にぴったりです。



お鍋は、蓋を開けた瞬間に所狭しと並んだ具材が現れて、美味しそうなにおいの湯気がふわっと立ち上がるのがいいですよね。
ドゥーブ9号鍋は底がフラットなので具材がとっても綺麗に見えます。また、深すぎないので具材を入れやすいです。
白菜と豚肉のミルフィーユ鍋など、断面を綺麗に見せたいときにもおすすめで鍋への収まりが良いんです!




底がフラットなことで嬉しい事がもうひとつ。
大勢で囲む時にはカセットコンロを使うことが多いかと思います。
底が小さかったり丸くなっているとコンロの上で不安定になり危険ですが、ドゥーブなら安定感も抜群です!




使い勝手の面で、大きい鍋だと気になるのが取手です。
具材を入れて重くなった時にも安心して持てるのかは重要ですよね。
ドゥーブは取手が輪っかになっているので穴に指が引っかかりやすくなっています。鍋掴みをはめていてもしっかり持ち運べますよ。

色はマットな白とこっくりとした飴色があります。



どちらもやさしい色で土の風合いを感じられるので野菜の色も映えます。
この写真の春菊や大根の色もきれいですよね!



煮込みのイメージが強い土鍋ですが、蒸し料理にも使えます。
アルバートの蒸し皿もこのとおり。9号以上の鍋にきれいに収まります。
お鍋に飽きてきたら、たまには蒸し野菜を楽しんでもいいですね!
こんなふうにディップするソースやワインを準備してお鍋を囲むとおしゃべりも弾みそうです。
ドゥーブは全体的にすっきりとしたフォルムなので和だけでなく、洋の料理にも合います。
最近はいろいろな種類の鍋料理が出てきているのでどんなジャンルにも合わせやすい鍋が一つあると嬉しいですね。


お鍋を食べる事が多くなる今の時期、ドゥーブで囲み鍋をするのはいかがでしょうか。
気になった方はこちら
サイズ展開も豊富ですよ!

エクロール-2017.12.04 Mon

テーブルの上をぱっと華やかにしてくれる器をご紹介します。

「エクロール」

「花が開く」という意味のエクロール。

名前の通りぱっと食卓で花を開いて、楽しい雰囲気にしてくれます。


■想像が膨らむ3サイズ展開

エクロールはSMLの3サイズ。

どのサイズもシンプルに盛り付けるだけで、可愛く見せてくれます。

Sサイズは食後のアイスを少しだけ。Mサイズには上品にリゾットを。

Lサイズには小さめのシフォンケーキをのせて、可愛く飾ります。

・・・とこんな風に想像するのも楽しくなるような器ですよ!


■パーティで大活躍!

これからクリスマスパーティなど、楽しい食事のシーンが増えると思います。

エクロールはそんな時にぴったり!

Lサイズのものはケーキやキッシュを盛り付けるのにぴったりです。

リムの立ち上がりもあるので、小さめのケーキも華やかにみせてくれるのが嬉しいところ。


■甘くなりすぎない質感

エクロールは粉引という技法で作られていて、

所々このように焦げ感の出るものがあります。

これこそが魅力ポイント!

可愛らしいフォルムなので雰囲気が甘くなりすぎて、

使うシーンが限られてしまうんじゃないかと思いますが・・・

この焦げが陶器の素朴さや、あたたかさを出してくれています!

こんな風に和食の中でも、他の器との相性もよく使えますよ!


特別な時にはもちろん、普段使いもできるエクロール。

ぜひみなさんの食卓にも取り入れてみてくださいね!

詳しくはこちら▶

カンパーニュ-2017.11.30 Thu

カンパーニュというと、思い浮かべるのはパンのこと。

そもそもの語源は「カンパニオ」といって、家族や仲間の意味があったそうです。

この器のカンパーニュも、家族や仲間での食事を楽しくしたいという想いが込められています。

その魅力をお伝えしていきます。

 

デザインのこだわり

もともとは「洋風でお洒落なラーメンどんぶりがほしい!」という要望から企画しました。

お洒落な形状の丼として、モチーフに使ったのが

フランスのカフェオレボール。

フランスの田舎等で使われるカフェオレボールのような、素朴でさり気ないデザインには自然と辿り着きました。

それと、スタッキングがしやすく、家族分重ねてもスペースをとらない形状にもこだわりました。

家族5人分積んでも、すっきりと収まってくれます。

そして、色合い。グリーン、グレー、イエロー。どれも柔らかく優しい色味ですよね。

グリーンは料理により深い味わいを持たせ

イエローは温かみを与え

グレーは落ち着きがあり、大人っぽい雰囲気を感じさせます。

どれもさり気ないアクセントとなり、食卓の雰囲気を作り出します。

 

また、ちょっとこだわっているのがこの裏印。

この部分にだけ釉薬を掛けず、撥水加工を施しています。

それによりカンパーニュの文字にスポットライトが当たっているような、ちょっとした遊び心を感じさせます。

 

 


 

〇サイズ別のおすすめの使い方

 

ボールのサイズはそれぞれある料理を意識しています。

 

Lサイズはラーメン丼として安心感のある大きな容量に。

ラーメン丼に求められる容量は、ラーメンにもよりますが、1000cc1500cc程。1

350ccのカンパーニュは、麺とスープ、トッピングをたっぷり楽しんでも十分なサイズ感なんです。

 

Mサイズはアサイーボールなどの流行にあわせた使いやすい大きさに。

カンパーニュの形状で意識したのは、口径を広めにすること。

それによって果物等のトッピングが見栄えがします。

Mサイズは、今流行のパワーサラダ等にもおすすめな、インスタ映えするボールです。

 

Sサイズはヨーグルト用として考えられました。

それだけでなく、胡麻豆腐やミニサラダ等、小鉢として使うと、

器の中に余白を作り、綺麗に盛り付けがしやすく、とても使いやすい形状だと実感します。

小さなお子様用のご飯茶碗としてもおすすめしております。

 

 

〇扱いやすく、初めのうつわ揃えにおすすめ

 

磁器性のカンパーニュは、電子レンジや食洗機に使う事ができ、取り扱いしやすいです。

渋さと可愛さを併せ持った色なので、さり気なく日常に寄り添ってくれます。

一人暮らしの器準備にMサイズは丼料理に使い回ししやすく

新築のお祝いにLサイズのボールを贈り物に選べば、家族分の盛鉢として使ってもらいやすそうですよね。

 

 

カンパーニュの、さり気ない使いやすさへのこだわりは、食卓をより便利に、色んな料理への幅を広げてくれるに違いありません。

毎日の料理を楽してくれる、そんなカンパーニュというボールのご紹介でした。

 

カンパーニュの商品ページはこちら

 

 

関西蚤の市、リクエスト受付中!-2017.11.27 Mon


今週末、12/2・3の土日にビッグイベントが控えているのはみなさんご存じですか?



兵庫県宝塚市の阪神競馬場にて行われる

年に一度の、関西最大級のイベント” 関西蚤の市 ”に今年もスタジオエムが出店いたします!


去年は途中から大雨に降られ、行くのを断念された方もいらしたかもしれませんが、、

今年は2日間ともお天気よさそうです!


関西のみなさまにお会いできる貴重な機会ですので、

みなさまに楽しんでいただけるような器たちをたくさん用意していますよ。


例えば、、

冬の定番!鍋料理に欠かせない、、

「囲み鍋・とんすい」


寒い日に焼き立て熱々のごちそう!といえば、、

「グラタン皿」


気持ちよく新年を迎えるための

「お正月のうつわ」


などなど、この冬すぐに使えるうつわがたくさん並びますよ~


そして、みなさまからリクエストも受付中です!

「この商品、見てみたい、、」

「確実に、狙っている○○が欲しい、、!」

というみなさま、ぜひ下記URLよりご応募ください。

締切は今週水曜日11/29ですので、お早めに。


リクエストはこちらから>>
 

みなさまのご来場、お待ちしておりますー!!

------------------------------------------------------------

第4回関西蚤の市

日程:2017年12月2日(土)、3日(日)

時間:9:00~16:00

開催場所:JRA阪神競馬場 兵庫県宝塚市駒の町1-1

入場料:200円(競馬場共通)

主催:手紙社・JRA阪神競馬場

お問い合わせ先 手紙社 042-444-5367

http://tegamisha.com/

ミジョテ ミルクパン-2017.11.24 Fri

ミジョテとはフランス語で、

「コトコト弱火で長時間煮込むこと」を意味する言葉。

 

そんな名前が付けられたミルクパンですが、

名前だけではない、素敵なミルクパンをご紹介します。

 

 

☑陶製ならではの“保温力”

 

  

 

世の中のミルクパンって、

ホーローや、ステンレスやら素材もさまざまにありますよね。

陶製ならではの良いところとは、、

 

なんといっても、保温力。

陶製の場合は、生地の厚みもあり、時間をかけてじんわりとあたたかくなります。

ステンレスに比べ、加熱までに時間がかかる分、温度が下がりにくいのも良いところ。

弱火でじっくり、コトコトと煮込む料理には、最適なんです。

食卓にそのままサーブすれば、お料理を温かいまま楽しめるのも嬉しいですね。

 

 

☑意外と使いやすい小鍋サイズ

 

ミルクパンって、ミルクをあたためる以外にどう使うのがいいの?

と思われるかもしれないですが、これが結構使えます。

 

12人分の毎日のおみそ汁作りや、

野菜や豆を煮たり、チャイを作ったり、

容量800ccでたっぷり入るので、ちょっと一品作りたいときに重宝します。



鍋の口径は約14.5cm、持ち手は約9cmと短く作られているので、

コンロでも場所を取らずに使えるのは嬉しいところ。

ちなみに持ち手は熱々になるので、ミトンは必須です。

 

 

☑キッチンに溶け込む、マットな3色展開


 

陶器素材だからこそ出せるマットな質感に、

クリーミーなブルー・グレー・ブラウンの3色展開。

主張しすぎず、だけれど存在感あるこのミルクパン、

どの色も可愛らしいので、お好みのものを選んでみてくださいね。


ミジョテミルクパン>>

 

フイユボールM-2017.11.20 Mon


私が最近気になっているのがこちら。フイユボール

 

 

 

初めは正直そこまで気にしていなかったアイテムでしたが、

マルミツ社員食堂で使われている頻度が多く、少しづつ気になる存在に!

 

 

ある日の社員食堂の様子↓

フイユボールMはときにご飯茶碗として使われたり、ときには汁椀として使われていたり。


ストレートに立ち上がった形は過度にスタイルに偏りがないので和洋いろんな

食事シーンに合わせやすいんです。丸みがないので400ccと汁ものもたっぷり

とは入りませんが、そこもまた良いところ。毎日の朝ごはんでのお味噌汁はこれ

くらいの量で十分ですよね。また、口径も広すぎず適度な広さから飯碗、汁碗と

用途を選びません。

 

こんな風におかずを盛る器としても使われたり。

具だくさんのスープや、ポトフなど、また煮込み料理などのお鍋のとんすいにも

使えちゃう。


あれ?これ一つあれば十分かも?? 

ハイ、それは言いすぎましたが、一器で何役もこなすフイユボール。

 

フイユの魅力は機能性だけではないんですね。

 

フイユとはフランス語で【葉】という意味。グレー色の陶器土に白化粧が

うっすらとかかった透明感のある色合いがやさしくも味わい深いです。

また大小さまざまに現れる鉄粉も土物らしいですね。

 

底面には「落ち葉の頃」という意味のロゴが。

 

落ち葉には一つとして同じ色がないように

一つ一つ個体によって少しづつ異なる微妙な色合いがフイユの魅力なんですね。

大きく描かれた葉っぱのイラストが何とも可愛らしいですよね。

 

この土物のおおらかな表情を眺めていると、なんだか心がほっと癒されていくよう。

派手なキャラクターではないですが、食卓にやさしく馴染むような存在、それがフイユ

なのかもしれませんね。

 

みなさんもフイユボールMを一度見てみてくださいね。

→フイユボールMのページはこちら

 


ブリオッシュ-2017.11.16 Thu

名前のとおり、お菓子のブリオッシュ型をイメージして作られた器。
ブリオッシュはフランス発祥といわれ、特徴的な見た目から「だるまのようなパン」とも呼ばれているそう。
そんな愛らしいイメージがそのまま器になっています!

お菓子の型のようですが、使い方はさまざま。

前菜に
ポテトやズッキーニを輪切りにしてトマトの赤を添えて塩、胡椒で味付けし、オーブンでじっくり焼くと
簡単に一品できてしまいます!
お花のような形がシンプルな料理も華やかに見せてくれます。
さらに、器の縁に向かって広がっている形状なので余白がうまれやすく料理がきれいに見えるんです。


ティータイムに
コーヒーや紅茶を飲むときのシュガーを入れて添えてもいいですし、紅茶のティーバックレストとしても使えます。
お茶の時間はついつい食器の数が多くなりがちで組み合わせが難しいと感じる方も多いかと思いますが
優しい雰囲気のブリオッシュはポットやカップソーサー、ケーキ皿などの他の食器とも馴染んでくれます!

朝ごはんに
パンを食べる時、ジャムやバターを入れて家族が好きな物を選べるようにしたり、
ワンプレートでは和洋問わず副菜やデザートを盛りつけて置いてみたり…。
小さいけれど程よく深さがあるため汁気がある料理も盛りつけられて、使い勝手が良いなあと感じます。


こんな風にささっとデザートを作ってみても素敵ですが、
やっぱり私のおすすめの使い方は焼き菓子を焼くこと!
陶器は吸水性があるので、金型で焼くよりもしっとりと焼きあがります。
大きな型で焼くことが多いガトーショコラやチーズケーキをブリオッシュで焼いて
一つひとつ飾り付けができるのも小さい型ならでは。
小さなサイズなのでそのままプレゼントしても喜ばれます。
陶器で作られている型はなかなか使う機会が無いかもしれませんが、このサイズだと挑戦しやすいです。




オーブンに並べると花畑のようで、
そういうちょっとした事も料理を楽しくしてくれるポイントなんだと思います!



優しい雰囲気で、他の器との組み合わせがしやすいのには理由があります。
それは、白化粧。
ブリオッシュは白とベージュの2色展開で、どちらにも白化粧が施されています。
素地(土)の上に白い土がかけられていて、その濃淡によって真っ白だったり土の色が見えたりと
表情豊かな柔らかな雰囲気が作られます。



左は縁が焦げているブリオッシュ。右は真っ白なブリオッシュ。
真っ白なものから茶色く焦げ感がでるものまで、個性豊かなところもブリオッシュの魅力です。
裏を見てみると、その差がよくわかります。



素地(土)の鉄の含有量によって赤茶色っぽくなっていたり、ベージュだったり。
焦げたり焦げなかったり…オーブンで焼いたお菓子みたいです。

底の形がビスケットのようなところもお気に入りです。

クリスマスやバレンタインなどお菓子を作る事が多くなるこれからの時期に、
食器として普段使いも出来てオーブン調理も可能なブリオッシュはいかがでしょうか。

気になった方はこちら▶

トルテュ-2017.11.13 Mon

みなさん縁起のいい器は持ってますか?

お祝いの時や、おもてなしをする時、

お正月などの時にお家に1つはあるといいですよね!


オススメしたいのがトルテュ。

縁起ものの器って、色や装飾のついた派手なものが多いですが

そういうものだと普段使いができず、食器棚に長くこもってしまうことってありますよね。

トルテュは八角形のシンプルなデザインのリシーズなので、

日常的にも使いやすいところが嬉しいです!

(八という数字がそもそも日本、中国、西洋で縁起がいいとされているそうですよ。)


べったりと白く塗られることなく、下の土がうっすら透けて見えたり、

刷毛目が見えることで柔らかさ、優しさが感じられますよね。


トルテュは和食器としてだけでなく、洋としても使えるんですよ!

こんな風にフルーツ入りのサラダを盛り付けたり、

時にはデザートとあわせてみたり・・・


料理によって雰囲気、印象が大きく変わります。

どんな料理とも相性がいいので、とても使いやすいんです!


そして裏を見てみると・・・

亀のかわいいイラストが!

実はトルテュはフランス語で「亀」という意味なんです。

亀の甲羅をイメージしてデザインされているんです。

そういわれると確かに、頭や手を隠している亀のように見えてきますよね。

裏にちょっとした遊び心があるところも、なんともスタジオ エムらしいです。


シリーズも小皿や大鉢などたくさんあるので、

みなさんの食卓に合うアイテムを選んで使ってみて下さいね!

詳しくはこちら▷