BLOG

商品

ホーロー両手鍋-2018.03.26 Mon

一気にあたたかくなり、春真っ盛りですね!


スーパーの食料品売場にも春らしい食材が並んできました。今週末は甘夏を発見したので、マーマレードを作りました。

そのほかにも今の季節はイチゴジャムやレモンカード等、果物であれこれと作りたくなります。

先週末作ったマーマレード。調理中の写真は撮り忘れてしまいましたが

ホーローで作ったジャムは甘さもぐっと増しているような気がします...!

 

そしてジャム作りの時にいつも思うのが、「酸に強くて甘みが増すホーロー鍋が欲しい!」ということ。

そしてその願いの一つを叶うべく、この度とうとう、このホーロー両手鍋を使い始めました!

なんともお洒落で使い心地が良いです!その魅力をお伝えします。

 

 

○北欧のキッチンにありそうなお洒落なデザイン

 

ホーロー鍋。と聞くと、カラフルか白色、或いは柄物、等が多いかと思います。

そんな中でもスタジオエムの両手鍋のカラーはクールです。ネイビーは食卓にあると全体のコーディネートの色味を引き締めてくれます。

一緒に置く器の色を選びません。グレーも、優しい色味でテイストを選ばずキッチンに置きやすいカラー。

どちらも共通しているのは、どこか素朴さかあり、料理の色味を引き立てるところ。

あくまで脇役で主役ではない。何だかスタジオエムらしいですよね。

キッチンにわざとそのまま置いておきたくなるような、北欧っぽさも感じるお洒落な色合いです。

 

そして内側は白色の塗り分け。これは料理の色を見て作るのに嬉しいポイント。綺麗にピシッと塗り分けられている技術も美しいです。

 

 

○繊細なデザイン。でもちゃんと使いやすい!

 

ホーロー鍋にも色々ありますが、スタジオ エムのホーロー両手鍋は極限に極めたシンプルさが魅力です。

私が好きなポイントは、この細くて繊細な取っ手。細くて持ちにくいのでは?と思われるかもしれませんが、

取っ手の内側の空間が大きく、見た目以上に手に掴む部分がしっかりとしており手にフィットしてくれます。

ミトンをした手でも持ちやすい。シンプルで無駄がなく、ちゃんと役割を果たしてくれる所が好きです。


そして更なるお気に入りポイントは身と蓋の綺麗な収まり。

蓋の裏には、身のフチがピタッとはまる溝があります。

 

こうして蓋と身を重ねると綺麗にぴったり重なります。ガタツキもありません。

煮込み料理の時も、隙間なく蓋がされるので安心感があります。

 

ホーロー素材ならではの薄作りで比較的軽量な所や、焦げ付きにくいのも嬉しいですね。

 

新しいことを始めてみたくなるこの時期、新鮮な気持ちで色んなお料理をしたい!という方や新生活準備の方にも、まずあると良いおすすめアイテムです。

ちなみに昨日、こびりついた汚れを重曹で落としたら真っ白に戻り、感動しました!ホーローは綺麗にずっと使っていけますね。

これからの時期、まだまだ色んな料理を作っていきたいと思います!


ホーロー両手鍋の商品ページはこちら


ナショナルカラーマグ-2018.03.23 Fri

 

3月も後半になり、いよいよ新生活が始まる4月が近づいてきましたね

卒業や転勤、入学や就職など、プレゼント準備はもうできていますか?

プチギフトに人気のアイテムとして、この時期はマグカップがよく選ばれています。

 

今日はギフトにおすすめの、マグカップのご紹介です。

 


こちらはスタジオエムのトーストマグレギュームマグと同じ形です。

口径が広めで、飲み物はもちろんのことスープカップとしても使いやすい形状で、

持ち手が大きめなので、指もしっかりと入り安定感があって使いやすいデザインです。

そんな中、このナショナルカラーマグは、

実はギフト専用のマグカップなんです。


1個入り・2個入りの2種類の箱があります。

好きな色の組み合わせでお選びいただけます。

 

 

 

可愛らしいマルミツオリジナルロゴが入った箱をあけると、木毛につつまれたマグがひょっこり。

鮮やかな色合いが目を引くけれど、どことなく懐かしさを感じる5色の色味。

名前の由来でもある”ナショナルカラー”とは、

カーレースの時など各国を表す色のことです。

このマグの好きなところは、とにかく遊び心がいっぱい。

まず、マグの内側にはそれぞれの国名。

裏には各国の国旗、そして“ナショナルカラー”というロゴが、

それぞれの国の言葉で入っているんです。

(こうやって並ぶと可愛い~)



車好きの社長が企画したこのマグなんですが、

5色の中でも特に、異彩を放っているのが、ジャーマンシルバー。

 

なんと、マグカップ全面に、銀彩を施しています。

こんなマグカップ見たことあります?

いつもの紅茶を淹れてみましたが、なんだか高貴な雰囲気で特別な一杯に感じました。

重厚な見た目ですが、陶器の表面に銀彩が塗られているので

見た目以上に軽いのも驚き!一般的なマグとほとんど変わりません。

純度の高い銀を使用しているので、

使い始めは明るい銀色が輝いていますが(左側)

使いこむほどに硫化していき、どんどんと鈍いグレー色のように変化していくところもかっこいいんです。(右側)

もちろん、お手入れすれば本来の輝きを取り戻せますよ。

お手入れ方法はこちら>>



最初はシルバーってお手入れも必要で大変かなぁ?と思ってましたが、

そのまま気にせず使っても、それはそれで味わいが出る楽しさもあるし、

自分ではなかなか選ばないものだからこそ、きっとプレゼントされたら嬉しい!

と、思って今度父の誕生日祝いに渡そうと思っています。


男性へのプレゼントや、ちょっと個性的なアイテムがお好きな方へはぜひジャーマンシルバーを。

他の色味も含めて、お相手に合わせて選んでみてくださいね。

詳細はこちら>>


トロワリーニュ 飯椀-2018.03.19 Mon




今回ご紹介するのはトロワリーニュの飯椀。


ご家庭によってそれぞれだと思いますが

私の家では春になると新しいお茶碗を選んで新学期を迎えていました。

家族みんなで選びにいくのが楽しみで、

新しいお茶碗で食べるごはんはいつもよりずっと美味しく感じました。

お茶碗は両親や結婚される方への贈り物としても良いですが、

毎日使うからこそ自分のためにお気に入りのお茶碗を揃えたいものです。



◎トロワリーニュの美しい曲線




企画通信でも書かれていますが

トロワリーニュは形にとてもこだわっている飯椀です。

企画通信では外側の丸みに触れて書いていますが、

外側の形だけでなく器を覗き込んだ時の中の形、

"見込み"と呼ばれる部分も美しい形をしています。





このつるん、としたなめらかな曲線は見ていて気持ちが良いんです。

ごはんを盛りつけるとき、

食べ終わって器の形状が現れるとき、食器を洗うとき、

見込みから口元に広がるやわらかな曲線が心地良いな、と手に取るたびに思います。

日常の中で使ってほしいお茶碗だからこそ

シンプルでさりげない中に使いやすさや美しさにこだわって企画されています。



こんな風にたくさんの食器と組み合わせても

すっと馴染んでくれる飯椀は安心感があってずっと使いたいな、と思わせてくれます。




◎3本のライン

陶器ですが薄作りで軽やかな印象のトロワリーニュ。

3本のラインも忘れてはいけない魅力の1つです!



このライン、よく見ると薄かったり濃かったり。細かったり太かったり…。

ひとつひとつ少しずつ違うのは職人さんが手で削ってくれているからなんです。

土が乾燥して硬くなる前の絶妙なやわらかさを狙って、

轆轤(ろくろ)の上で回っている飯椀に刃物で線をひいていきます。

刃物の角度や手の力の加減によって線が変わるため

ただの均一なラインにならずリズムや表情のある線が生まれます。



◎色展開



黄色はたんぽぽや菜の花を連想させる春らしい色。

澄んだブルーや淡いグレーは老若男女問わず使える落ち着いた色合いです。


白米を盛りつけるだけでも美味しそうですが、春なので筍ごはんも良いですね。

グリンピースごはんやさつまいもごはんなど鮮やかなごはんがきれいに見えることはもちろん、

筍のような優しい色合いの食材も中が白いトロワリーニュだと映えますよ。




これから新生活を始められる方、そろそろ新しいお茶碗に変えようかなと考えている方、

たくさんの方に手に取って頂いて、使いやすさを実感して頂けると嬉しいです。

サイズは大小2サイズあるので持ったときにぴったりくる物を選んでみてくださいね。

気になった方はこちら▶

キャラメルライト-2018.03.15 Thu

今回ご紹介するのは「キャラメルライト


こうして持つとほんと食器のような形。

スタジオ エムには食卓に並ぶものだけでなく、

照明などのインテリアアイテムもあるんですよ。

食器屋さんの照明らしくて、可愛らしいですよね。


◎企画の想い

食卓にはかかせない照明。

テーブルを照らす、あたたかみがあって可愛いものを作りたい。

そうすれば、食卓は明るく温かくなり、食事の時間はもっと楽しくなります。

こんな想いでキャラメルライトは企画されました。

そこでこだわったのは素材。

自然のあたたかさを出す為に陶器のものでつくりました。

そして刷毛目で仕上げているので、ムラがあったり1つ1つ表情が違います。

だからこそ真っ白ではない、柔らかい印象がでてますよね。


◎あたたかみのある明るさ

キャラメルライトは25Wのあたたかみのある電球です。

少し暗いかな?と思われるかもしれませんが、

暖色の優しいあかりは見ていてホッとし、夜の時間も穏やかに演出してくれます。

このあかりの下、紅茶を飲みながら本を読んだり・・・素敵ですよね!


◎ギフトにおすすめ!

ご自宅用にももちろんですが、ギフトにもおすすめなんです。

自分ではなかなかインテリアまで手が出せない人って多いかと思います。

そんなアイテムってギフトにすると喜んで頂けるんですよね。

ぜひ新生活を迎える方やお引越される方に贈られてみませんか?


キャラメルライトはマルミツ直営店の

食堂ペコリのインテリアとして実際に使用しています。

ペコリに行かれる際は、ぜひ注目してみてくださいね。

きっとキャラメルライトの魅力を感じて頂けるかと思います。

詳しくはこちら▶


他にもスタジオエムにはインテリアアイテムがあるので

ぜひチェックしてみてくださいね。

ロリエフカップ-2018.03.14 Wed


みなさんはお家にカップってありますか?マグは持っている方多いと思いますが、

実は取っ手のないカップって、とっても使い道の広いアイテムなんです。

今日はスタジオエムのオススメカップの紹介です。

 

ロリエフカップ 

 

ロリエフはカフェで出される、最初に出すお水用のカップをイメージしてつくられました。

 

私も家でお水用のカップに使っています。お家では朝起きてすぐや、出かける前、

また洗濯など家事の合間のちょっとした時間にササッとお水を注いで飲んでいますが、

これがなんだかマグよりもカップの方がしっくりするんですよね。


慌ただしい中、無意識に飲み物の器を手にとるときにはマグみたいに取っ手があると、

向きを気にしてしまうからかもしれません。

カップだと向きも気にせず手に取れるのが良いですね。


また細身なつくりから女性でも片手でしっかりと握れること、

Sサイズは子どもでも安心して握れます。また緩やかに凸凹としたレリーフの凹みがあることで、

持つときにそこに指が入り手にしっかりとフィットします。

このフィット感と安心感が、無意識についつい使ってしまいたくなるポイントであり、

僕がロリエフカップを好きな理由でもあります。

手にぴったりとフィットするかどうか、何気ないことですが

器を選ぶ際にそういったところを重視される方も意外と多いのではないでしょうか?


そしてもう一つ、お水の他にもお茶やコーヒー、紅茶など何にでも、

気軽に使えるのがロリエフカップの良いところ。 

お家でお水やお茶を飲むのに、またハーブを加えて、

ちょっとオシャレにハーブウォーターを作ってみたり、 


 



ティーポットと合わせて、お茶の時間を楽しんだり、

 

  

 

ポットや急須と合わせることで、和の湯呑としても合わせられます。

 


また普段の食事の時間だけではなく、

ほら。ピクニックやホームパーティーのシーンにも活躍できるんですよ。

友達が来た時に好きな色を選んで使ってもらうのも楽しいですよね。

そう。ロリエフカップはカラーが豊富なのも嬉しいポイントの一つ。

 

カラーは全6色。家族で1人1人のカラーを決めてマイカップを選んだり、

2,3色組み合わせてちょっとした贈り物にしても喜ばれそうですね。

 

様々な飲み物に対応できるロリエフカップ。

飲み物の他にも、Lはスティック野菜などを入れたり、

また箸立てにしたり、カップSはカトラリー立てやゼリーなどデザートカップにも。


家族や友人とお気に入りのカラーやその時の気分で選んで使えるロリエフカップ。

自宅用にも、ギフトにも。新生活など何かと慌ただしくなるこれからの季節に活躍しそうなアイテムですね。

ロリエフカップのページを見る

 

コーヒーミルクマグ-2018.03.08 Thu

春、新生活。

必要な器を揃えたり、ギフトを送る機会も増えます。

友達や仕事仲間でも送別の品を用意したりと何かと忙しい時期。

そんな時期に目に留まるのがマグカップ。

新生活に新しいマグを用意したり、毎日使ってほしいと贈り物にしたり。

今の時期にとても選ばれています。

その中でも「コーヒーミルクマグ」は新生活準備に人気な、スタジオエムの定番マグ。

その魅力をお伝えします。

 

 

コーヒーミルクマグの特徴は何と言っても、この温かくて優しい色合い。

この色を出す為に、「色化粧」という化粧土に色を混ぜた土を使っています。

通常、器は「土+釉薬」を重ねた2層の構造になっているのですが、

コーヒーミルクマグは「土+色化粧+釉薬」といった、3層構造になっています。

左が何も施していない生地の状態。中央がその上に色化粧を施した状態。右が透明釉を重ねて焼いた完成形。

(窯で焼くと、最初に作ったサイズよりこれだけ縮むんです!)

コーヒーミルクマグはこの「色化粧」によって色付けがされていて、

釉薬は透明のものを使っています。温かく優しい色合いは、このように素材を重ねて作り出されているんです。

 

また、色化粧自体は淡い黄土色なのですが、

透明釉をかけることで、完成の発色の良いオレンジ色になります。何だか不思議ですよね。

 

白いラインの塗り分け部分は、

化粧土をかけず透明釉薬をかけ、元の生地の色味を生かした色。色化粧との塗り分けがされています。

ピシッと白いラインが入ることで、色のコントラストがはっきりと生まれ、マグ全体の雰囲気が引き締まります。

 

「5ビス」「アンカー」のロゴは「撥水加工」といって、化粧土がかからないように、撥水のついた判子をひとつひとつ押しています。

透明釉がロゴの中に埋まることで、ふんわりと浮かび上がるような仕上がりになります。

 

このように、コーヒーミルクマグは、細かい色んな工程を重ねて生み出されています。

もちろん全て職人さんの手作りによるもの。本当に丁寧に作られていますよね。

 

 

 

・容量と形を活かして

コーヒーミルクマグの容量は320cc。ちょっと大き目なので、飲み物をゆっくりたっぷり楽しめます。デスクにも置いて使うのにも丁度良いです。

電子レンジもお使い頂けるので、マグケーキを作ったり、色味を活かしてデザートを盛り付けてみても。

料理にも馴染む素朴で温かい色合いは、スープやお味噌汁にも丁度良い。このマグ1つで色んな用途に可愛くお洒落に楽しめます!

 

 

ギフトにも、自分用にも、お家に置いておきたいコーヒーミルクマグ。

半磁器素材の為、強度はしっかりとしており長年お楽しみ頂けます。

また、優しい色合いと素材の温かさは、日々の生活にそっと寄り添うような、安心感を持たせてくれます。

新しい生活にワクワクしながらも、ちょっと心配なような….そんな新生活を迎える相棒として、何だか頼もしいマグカップです。


コーヒーミルクマグの商品ページはこちら

 

クグロフ-2018.03.01 Thu

“クグロフ”とは17世紀に作られ始めた フランス・アルザス地方の伝統菓子のこと。

 

帽子のような見た目が可愛らしくて、

お祝い事やクリスマスなどには欠かせないデザートです。

今でこそ金型も見かけますが、もともとは陶器の型で焼かれていました。

 

陶器の型を使うこと”  それには美味しく焼ける理由があるんです。

陶器素材を使うことで、

熱が均一にゆっくりと伝わるので、ふんわりと焼き上がります。

吸水性がある素材なので、水分が飛びにくい分、中はしっとりとした焼き上がりになるのも良いところ。

また使っていくうちに型に油が染み込み、型から抜けやすくなっていくのも使い続けることで起こる嬉しい変化の一つ。

こういった陶器の良さもあり、

アルザス地方のパン屋や洋菓子屋では陶器の型にこだわって使い続けている職人も多いとのことです。

 

Φ120とΦ160の2サイズです。

色味は甘いお菓子を連想させる、ブラン・カラメル・ショコラの3色展開。

 

ひっそりとm'のロゴが入ってます、こんなとこまでもぬかりなく可愛い。

 

どの色にするかとっても悩ましいですが、、


この春はクグロフ作りに、挑戦してみてはいかがでしょうか?

興味はあるけどクグロフの作り方がわからないし、、という方でも大丈夫!

商品と一緒に、クグロフのレシピもついてきますよ。

詳しくはこちら>>

  

ちなみに、直営店 マカロニカフェ&ベーカリーでは、

このクグロフ型で焼いたケーキをそのまま、

ご自宅でもお楽しみいただけるよう冷凍でお届けしています!

 

 

 

【赤ワインとチョコのスパイスケーキ】

チョコレートの甘さと、赤ワインの豊かな香りに、

クローブ、シナモンのスパイスを加えて奥深い香りをプラスしています。 

甘すぎず、大人な味に仕上げたケーキは、

ティータイムだけでなく、お酒との相性も良いしっかりとした味です。

 

 

 

専用箱に入っているので、

家族や友人とのパーティーなど、お土産やお持たせにぴったりです。 

もちろん食べ終わった後は、型として使えます!

まずは、美味しいクグロフを食べてみてから..という方におすすめですよ。


“マカロニのスパイスケーキとスタジオエムのクグロフのセット”

詳しくはこちら>>

マティネ9"プレート-2018.02.26 Mon

もうすぐ3月ですね!

寒い中にも少しずつ春の匂いがして、それだけで気分も明るくなります。

日常の器選びもピンクや黄色など自然と明るい色を選ぶようになっていて
はっとするのですが、皆さんはいかがでしょうか。
今日は華やかで春にぴったりのマティネをご紹介します!





色もそうですが、デザイン自体が華やかなマティネ。
9"プレートはパスタ、パンケーキ、サンドウィッチ、ハンバーグ…など
一枚で使っても可愛いのはもちろんのこと。
ですが、それだけではありません!





プレートの良いところは重ねられるところ!
木製やガラス製の食器と組み合わせたり、大きさが異なるプレートと重ねたりする事で
印象をがらりと変えることが出来ます。

なんだかもの足りない…。
春だからもう少し華やかにしたい!
というとき、目をひく爽やかな色と可愛らしい装飾が施されたマティネを使ってみてください!





下に敷いて使うときにはマティネの縁の装飾の美しさがさりげなく効いて、
かわいい!というより落ち着いた大人なかんじに。
私も手持ちのプレートに変化を出したいときによく重ねるのですが
マティネは上に重ねるプレートを本当に上品にしてくれるなあ、と思います。
シーンに応じて組み合わせを考えていくと発見もあって
その食器のことをより知っていけるような気がして楽しいんです。
皆さんにもぜひ楽しんで頂けたら、と思います。





まだ寒い日は続きそうなので熱々のグラタンやスープの敷き皿にしても良いですね。
プレートが大きいのでカトラリーも一緒にセットできます。
器いっぱいにお料理が盛られる事が多いオーブンウェアも
マティネにのせると余白とレリーフの効果できれいに見えます。






色は4種類。
こうやって並べてみると色によって装飾の見え方も違います。
濃い色の方がレリーフがくっきりと際立って見えてエレガント。淡い白やカラメルはやさしい雰囲気です。
華やか、と一言で言っても自分の好みに近いものを選べるのって嬉しいです。




春といえば卒業、入学、就職、…
お祝い事や人の移動も多いこの時期には家族や親戚、友人などと食事をする機会も多いのではないでしょうか。

マティネのプレートで素敵なおもてなしはいかがでしょうか。
色展開が豊富なのでプレートの色を統一せずにあえて何色か使う事で華やかさが増します。
交互で斜めに同じ色を置いたり、向かい合わせで同じ色を置いたりと
置き方に規則を持たせるとまとまりやすいですよ!



こんな風にシリーズの違うプレートと組み合わせても馴染んでくれます。

マティネでおもてなしすれば春らしく、気持ちも明るくなるような
食卓が出来上がります!
一人の食事の時間にも大勢の食事に時間にも重宝します。

華やかなマティネはこれから一人暮らしをされる方やお祝いなどにもぴったりの贈り物になりますよ!



気になった方はこちら▶


グラースカップ-2018.02.22 Thu

今回ご紹介するのは、カラフルで可愛くて使いやすい「グラースカップ」。

アイスカップをイメージして作られたポップな印象のカップ。

表にはいった凸文字とカラフルな色の塗り分けが可愛らしいですよね。

そんなグラースカップ。

可愛いだけじゃなくて、使いやすさも抜群なんです!



◎使いやすいサイズ感

私もグラースカップを持っていますが、

とにかく使いやすくほとんど毎日使っています。

朝ごはんのヨーグルトや夜ごはんの副菜、食後のアイスなど

本当にいろいろな料理に合わせています。

コンパクトで立ち上がりもすっきりなので、

ワンプレートにちょこんとのせても素敵ですよね。


◎嬉しいオーブン対応

グラースは磁器素材で丈夫であり、レンジ・オーブン対応です。

オーブン対応だと、器の使える幅が一気に広がります。

グラースでオーブン料理というと

マフィンや、焼きプリン、パン、パイ料理など様々・・・!

直営店ペコリでもマフィン型としておなじみですね。

新しくできた東京のMEALSでもアップルパイの型として使われていますよ!

ぜひこちらも食べてみてくださいね。


◎選ぶとこから楽しいグラースカップ

カラー展開は6つと豊富なアイテム。

色も明るい色から、落ち着いた色まであります。色によって印象も違いますよね。

凸文字部分は釉が薄くなり、その周りは釉が溜まって濃くなっているのも魅力ポイント。

これも色によって濃淡がよく分かりやすいものがあったり、同じ色の中でも物によって表情が違います。

お買い物されている方を見ていると、

みなさんご家族の方のイメージカラーや他の食器との相性など

たくさん考えてお買い物されています。

あれこれ考えて悩む、このような時間も食器選びの楽しさですよね!

(私もとても悩みました・・・)


見た目はもちろん、使いやすさも魅力的なグラースカップ。

使っていると気分もあがりますし、

友人が遊びに来た際におやつをグラースで出すと、とても喜んでもらえます。

まさに食事の時間を楽しくしてくれる器だなーと思います。


ぜひみなさんの食卓にも取り入れて、楽しい時間をお過ごしくださいね!

詳しくはこちら▶

エブリデイ-2018.02.19 Mon


今日はエブリデイというシリーズをご紹介します。

みなさん、こちらのシリーズはご存知ですか?
スタジオエムでエブリデイの器を見たことのある方は


「とっても明るいカラーの器」

というイメージを持たれている方が多いかと思います。


でも実はそれだけではないんですね!

今日はエブリデイの魅力に迫ります。


エブリデイは直訳すると、「毎日」という意味。

"毎日の食事に使ってもらいたい"

"毎日の食事が元気になるように"

という意味を込めてつくられました

oint.1   磁器素材   

そのためにまず考えたのが、磁器素材。

陶磁器の中でもっとも丈夫な磁器はとても強度があり、

欠けや割れなど少々の衝撃にも強いのが特徴です。

磁器素材は裏を向けると、素地(釉薬のかかってない部分)が真っ白なんですね。

これで磁器素材と判断できます。

レンジや食洗機にもガンガン使用できるのも魅力です。また水分を吸収しないので、シミやにおいなどの心配もありません。

毎日の食事で気軽に使ってもらいやすいお茶碗なんですね。


oint.2  綺麗な色合い 

また、磁器素材にすることで、発色の良い色合いを出すことができるのも魅力の一つ。


まぶしいほどのビタミンカラーは子どもから大人までご飯の時間を明るく元気にしてくれます。

これから3月になると新生活シーズン。春らしい色合いが1年度のスタートの食卓にもとっても

良さそうですね。


Point.3  使いやすいカタチ   

最後に形にも注目してもらいたいです。


お茶碗というと、絵柄のあるものや

レリーフなどの入ったもの、陶器の素材感のあるものなど、

個性豊かな器が多いのですが、

エブリデイはあえてシンプルな形状にこだわっています。


そうする事で、和や洋などメニューを選ばず、様々な食事シーンで使っていただけます。

例えば、飯碗や汁碗は、漆器などの仙才型、布袋型などを形状の参考にして、

長く愛されるシンプルな形状に。

汁碗は、シリアルやスープ、サラダボウルとしても使えるんですよ。



また特にこだわった点は、お茶碗、汁椀に見られるハマ(高台)の高さです。

手がハマにしっかりとかかるので 器を持ちやすく、汁物やスープを入れる際に熱の影響を受けにくい事、

また器を洗うときにも滑らず安心して持てるのが嬉しいですね。


 

色々なエブリデイのこだわりを見てきましたが、最後にもう一つエブリデイに秘められた願いとして、

「基本の器揃えをもっと知ってほしい」

という思いもあります。

日本人が昔から大切にしている普段の食事の和食器、ご飯茶碗や汁碗、そして焼物皿、

小皿、箸置き、そして湯呑。

 

今の日本の食卓ではなかなか全てを使っている家庭が少なくなってきている中、エブリデイのように気軽に使いやすい和食器をつくることで、年齢にかかわらずもっと和食器を身近に使ってもらいたいという企画スタッフの意図があるんですね。

箸置きや、焼き物皿など普段なかなか使う機会の少ない方も、エブリデイならなんだか食卓に

取り入れやすそうですよね。


カラー展開はイエロー、グリーン、グレー、ネイビーの4色。

最近はNEWカラーも加わりました。

落ち着いた表情が大人っぽいクレーマとマットブラウンが加わることで

よりいっそうコーディネートの幅が広がりますね。

クレーマ/マットブラウン

また現在こんなものもエブリデイから作られています。

こちらは東京 富ヶ谷の直営店「MEALS」にておしぼり受けとして

使われています。とっても可愛いですね。みなさんもMEALSにお立ち寄りの際は

ぜひ見てみてくださいね。



みなさんもエブリデイシリーズを毎日の食事に取り入れてみてはいかがですか?

→エブリデイシリーズはこちら