BLOG

2018年09月

ディネ-2018.09.28 Fri

私の実家ではお祝い事があると必ずと言っていいほどちらし寿司がでます。

お正月や誕生日、合格祝いや就職祝いなど、節目には必ず母特製のちらし寿司を食べてきました。


そんな母が気に入って使っていたのが、ディネ角ディナープレートです。


色は白とアメの2色展開。

幅5cmの広いリムがあり、盛り付ける部分は縦15cm、横21.6cmくらいです。


ちらし寿司を食べるときは、副菜や汁物など他の料理もたくさんあったので、うちでは大体3~4人用として使っていましたが、

一般的には大人2人分くらいの量が盛り付けられると思います。


プレートにたくさんの料理を盛り付けると、見た目がいまいちだな…と思うこと、ありませんか?

このディネは幅の広いリムが特徴で、料理を盛り付けると自然とプレートに余白ができ、きれいに見えるんです。

料理を運ぶ時もしっかり持て、料理に触れてしまうことがありませんよ。


このような大皿は結婚や新築のお祝いに選ばれる方も多く、

そんな方のために、専用の化粧箱に入れたギフトセットもご用意しています。


気になった方はせびチェックしてみてくださいね。

商品はこちら


デリカテッセ-2018.09.14 Fri

朝晩が涼しくなり、一気に秋らしい気候になりましたね。

温かいスープが身に染みる季節の到来です。

 

スタジオエムではスープカップのラインナップが豊富で、

ワンプレートにのる小さいもの、浅い形状のもの、口径の広いもの、

片手つき、両手つき、取っ手なしと、とにかく選ぶ方としてはたくさんあって選べない!

ほどどれも個性豊かで様々です。


そんな数ある中から今日ご紹介するのは、デリカテッセです。

ドイツ語で「おいしいもの」を意味し、

2010年に発売以来、長きにわたって愛されているシリーズです。

 

◎食卓を元気にするカラフルな色展開

側面にかけられた釉薬は、白・茶・黄・緑の4色展開。

私はイエロー!ぼくはグリーン!なんて、家族色違いで揃えるのも素敵です。

毎朝のスープや、夕食にもこの器が並ぶだけで、なんだか賑やかになります。

 

ただ発色が良いだけではないんです。

素材のクリーム色の生地に釉薬をかけることで、どの色味も柔らかな表情になり、

カラフルだけど、食卓に馴染む優しい色が作り出せています。

内側は生地の色味を生かしたクリーム色なので、スープや食材の色味も映えますよ。

 

◎ぴたっと重なる!スタッキングの良さ

また機能面でも定評のあるデリカテッセ。

その中でも特筆すべきはスタッキングの良さです。

持ち手は当たらないようにフラットにデザインされていて、

(このフラットな部分が指にフィットして持ちやすい!)

外側に段をつけていることで、

気持ちがいいほどぴったりと重なりますよ、ほら!

 

多少の揺れにもびくつきません。

食器棚にしまうときや取り出すときに、がしゃっと崩れたりすると

あぁ~と残念な気持ちになりませんか?そのストレスがすっきり解消されます。

 

◎スープカップという名の汎用性が高すぎる器

スープカップって、スープの時だけに使ってませんか?

口径の広いスープカップは取り皿としての使い道もおすすめです。

 

デリカテッセは口径が約10cm

具だくさんのスープはもちろんのこと

ポトフや、鍋料理のとんすいにもサイズが良いのでぜひ試してほしい使い方です。

またお子さん用の、カレーやパスタ皿としての使い方もおすすめ!

強度がある素材で、多少大雑把に扱っても割れにくいので、お子さんの初めての食器にもいいです。

 

そして、

レンジ・オーブン・食洗機に対応しているので、

こんな風に、切り身の魚にソースとチーズをかけてオーブンでこんがりと焼く。

1人分のオーブンウェアとしても使えるのはこれからの季節に嬉しい機能です。

自分で書きながらもどんどん使い道が思い浮かんできて、

今日はこれで一品作りたくなりました。

食材が豊富に並ぶ季節なので、

みなさんもデリカテッセとともに美味しいスープを作ってみるのはどうでしょう?

詳細はこちら>>

 

梅紋角お重-2018.09.09 Sun

皆さんは毎年おせち料理を作っていますか?

あまり大きな声では言えませんが、私はデパートで売っているおせちを好んで食べる派です。

プロの料理人が丹精込めて作った料理の数々、日頃口にできない高級食材なんかも入っていて心躍ります。


しかし、このおせちに心躍らない家族もいます。

それは二人の子ども達です。


上の子は食わず嫌いなところがあり食べられるのは伊達巻き、栗の甘露煮、紅白のかまぼこくらい。

下の子は奥歯がまだ生えておらずかむ力もないので、たつくりや昆布巻きなどは到底無理。


そのため、子ども用のおせちは私が作るようになりました。

中まで火を通したローストビーフや甘さ控えめの栗きんとん(さつまいも入り)、

野菜をたくさん入れたグラタン、唐揚げなんかも入れちゃいます。

もはやこれをおせちと言っていいのか…とも思いますが、子ども達が喜んでくれるのでよしとします。


前置きが長くなりましたが、私がこのおせちを詰めるのに使っているのが梅紋角二段重です。


色は緑釉と飴釉の二色展開。

このお重、主に二段重として販売していますが、本体のみ(身)蓋のみの購入も可能です。

正直なところ、二段のお重にそれぞれ違うお料理をびっしり詰める自信がなく、

私は本体(身)を2つ、蓋を2つ購入して、一段ずつ使っています。

お料理に自信のある方はぜひ三段重がおすすめです。


またこのお重はお正月のおせちに限らず、ちょくちょく使っています。

以前、同僚宅で各自持ち寄りのランチ会をした時、私はこれにおいなりさんをびっしり詰めて持って行きました。

ぴったりと綺麗に入ったので、詰めるのが楽しかったです。

その他、おはぎなどの手作りの和菓子をお土産に、友人宅や実家へ持っていくなんて使い方もおすすめですよ。


このお重は2色展開と先ほど言いましたが、

同じサイズで「白雪お重」と「トルコ青釉角二段重」という商品もあります。


今年のお正月は好きな色のお重を選んで、おせち料理を手作りしてみませんか?


梅紋角二段重はこちら

白雪お重はこちら

トルコ青釉角二段重はこちら


プティルパ-2018.09.05 Wed

先日、近々出産をむかえる友人に会ってきました。

話題の中心はもっぱら出産準備や育児の話で、

毎日内容もなくただ笑ってた高校時代からは想像できないほど、

すっかり大人になっちゃった友人にちょっと寂しさを感じつつ

自分たちもそんな年齢になったのかぁとなんだかしみじみしました。

 

そんな付き合いの長い友人に報告を受けたときから、

出産祝いには何か素敵なものをプレゼントしたいなぁと思っていたので

マルミツで出産祝いに人気のプティルパセットを選びました。


 “プティルパ”シリーズは、

フランス語で小さい食事という意味で

クリーム色の生地に淡い水色の3つのドットが並んだ優しい配色のデザイン。

電子レンジが使用できて、丈夫な半磁器素材です。

 

セット内容は、マグS・仕切りのついたプレート・オーバルボールに、

木製のスプーン・フォークをセットにしたもの。

箱の中身はこんな感じです。

(実際の梱包ではスプーン・フォークに傷がつかないようにそれぞれラッピングされていますよ)

 

スターターセットにはぴったりなアイテムが揃っていますが、

お食い初めから年長さんまで(なんなら大人も!)長く使えるシリーズなんです。

 

使い道としては、最初はお食い初めに。

半年~は、仕切りのついたプレートにごはんとおかずの離乳食を。

1歳半~3歳くらいまでは、プレートにおかず2品とオーバルボールにごはんでちょうどいい量。

そして、子供が大きくなったあとも、例えばオーバルボールはヨーグルトやアイスにもぴったり。

プレートはソース皿にも使えます。

どのアイテムにも持ち手がついているので、片手でしっかりと支えたり、器を持って食べる練習もできそうですね。


個人的にシリーズの中で、気に入っているアイテムがマグ。

4本の指でしっかりと握れる大きめの持ち手に、

中央のくびれがあることで両手で握りやすいデザインなんです。

(なんせこのマグを持って、お茶を飲む姿にきゅん...)

マグLとSの2サイズあるので、親子で揃えて使うのもいいですね。


初めての育児でてんてこまいになるであろう友人に、

毎日の離乳食がちょっとでも楽しく感じてくれたらいいなぁと願って選びました。

小さい頃から陶磁器を使わせたい、という方も増えているので

お祝いを迷っている方にもおすすめです!

 詳しくはこちら>>