BLOG

2019年02月

ベスティート-2019.02.27 Wed

だんだんと暖かくなってきて、春の訪れを感じ始めた今日この頃。

天気の良い日に布団を干したらなんだか鼻がムズムズ…花粉症の方には耐えがたい季節でもありますね。


春が近づくと、いろんなお店でお花モチーフのものやピンク、黄色、きみどり色の商品を見かけます。

マルミツポテリにも春におすすめの器がたくさんありますが、今日はその中の一つ「ベスティート」をご紹介します。


透明感や清涼感が感じられる白磁素材。

ダークトーンのテーブルには本当によく映えます。

10"プレート6.5"プレート3"ボウルの3種類展開で、どのサイズも円形の花びらが7枚ついたデザインです。

(上の写真は6.5"プレート)


10"プレート


3"ボウル


複数枚並べるとテーブルに花がたくさん咲いたようで、とっても華やか。

10"プレートは肉や魚などのメイン料理やパスタ皿に、6.5"プレートは取り皿やデザートプレートに、

3"ボウルはピクルスやソースの器におすすめのサイズです。

またプレートは、縁がほんのりカーブしていますがフラットに近い形状です。


6.5"プレートはこんな風にソーサーにしても。

いつもの料理もおもてなし風に演出してくれますよ。

(上にのっているのはドロップ5"ボウルです)


このベスティート、10"プレートは好評につき現在欠品しております。

申し訳ございません、入荷までもうしばらくお待ちください…


6.5"プレート3"ボウルは在庫がございますので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。


商品はこちら


バルバリ-2019.02.25 Mon

皆さん、「バルバリ」ってどんな意味があるかご存知でしょうか?

実は、鴨肉の種類の一つなんです。

だから、この器の裏印には、鴨の絵が施されています。

このバルバリは、鴨肉の料理をおいしく食べたい、その為の器として企画・デザインされました。

つまり、フレンチ料理などで出てくる鴨肉のソテーやグリルが、白い器に綺麗に盛られて出てくるのももちろんいいんだけれど、

もっと気軽に、もっと普段使いで、そしてもっとおしゃれに盛り付けたいという、そんな想いが込められているのです。

普段の食事で鴨肉なんてあんまり食べないと思いますが、いいんです。

豚の生姜焼きでもハンバーグでもから揚げでも、主役となる肉料理をまずは、盛り付けてみてください。

きっと、この商品の想いが伝わるはずです。

バルバリのサイズは4サイズ。

メインプレートにパンプレート。

パンプレートはその名の通り、トーストが1枚載るサイズ。

何気ない朝食も、プレートの力でおしゃれに見えます。

他には、コガモプレートにココガモプレート。

ケーキを乗せるのにちょうどいいサイズのコガモプレートと、

ピクルスなどちょっとした料理を盛り付けるのに役立つココガモプレート。

このバルバリ、花びら型のレリーフから素地がうっすら透けて見えることで、よりレリーフが鮮明になり、

盛り付けた料理を引き立ててくれます。


鴨料理じゃなくていいんです。

皆さんの自慢の料理を、このバルバリに思いっきり盛り付けてやって下さい。

きっと、いつもよりちょっとだけ、その料理がおいしそうに見えるはずです。


商品詳細はこちらから


タッカ-2019.02.15 Fri

もうすぐひな祭り。

今年は日曜日ということもあって、家族皆でお祝いするご家庭も多いのではないでしょうか。

マルミツウェブストアでも特設ページを作り商品をご紹介しています。

詳細はこちら


今回はここに載せることができなかった、私のおすすめをひとつご紹介します。

その商品はタッカ扇皿です。


その名の通り、開いた扇の形をしています。

末広がりの扇形は縁起の良い形と昔から言われており、お祝いの席におすすめです。

昨年末にはお正月用にと多くの方からご注文をいただきました。


色は上から窯変黒(ようへんくろ)、織部(おりべ)、御深井(おふけ)の三色展開。

あまり耳慣れない色だと思いますが、こちらは釉薬についた名前から名づけました。

陶器の街、瀬戸市にあるマルミツポテリらしいと思いませんか?

※御深井は現在うのふ釉を使っていますが、企画当時は御深井釉を使っていました。


またこのように3つを並べると円になり、遊び心が溢れています。

※織部にのった五種縁起(銀彩)は直営店sonoでのみ購入できるオリジナル商品です。


特に和食におすすめで、天ぷらや出汁巻き卵、焼き魚料理、和菓子との相性もぴったり。

特別感のあるテーブルセッティングに一役買ってくれるアイテムです。


ひなまつりや端午の節句、お正月等、お祝いの席にそろえてみてはいかがでしょうか。


商品はこちら

ココット-2019.02.14 Thu

どうやら、今日はバレンタインデーのようです。

すっかり縁遠くなってしまいましたが、好きですよ、チョコレート。まあ関係ないんですけど。

だけどせっかくなんで、今日はバレンタインデーに使える器を紹介します。

「ココット」

スタジオエムではおなじみの商品。ロングセラーアイテムで長年多くの人にご愛顧頂いてきました。

そのココット、実は去年リニューアルしていたの知っていますか?

まずは、カラーバリエーションが増えました。

定番のカラーに、インディゴ、キャラメル、オリーブが仲間入り。

そして、裏印のデザインが一新。

このココット、オーブンにも使えるので、お菓子を焼いたりするのにぴったり。

焼きあがった見た目も可愛くて、そのままプレゼントにしても喜ばれます。

はい、マフィンも好きですよ。関係ないですけど。

他にも、

器にリンゴのコンポートを詰めて、パイで包んで焼いたら簡単アップルパイも作れちゃいます。

もちろん、アップルパイも大好きです。すみません、関係なくて。

とにかく、可愛くて使い勝手がいいココット。

ロングセラーには、やっぱりロングセラーの理由があります。

みなさん、ココットで素敵なバレンタインデーを。


商品詳細はこちらから


ブテイユ-2019.02.02 Sat

普段、食事の時にお茶やドリンクを何の容器に入れるか?

やかん?よくあるプラスチックのボトル?それともペットボトルのまま?

お皿を一生懸命おしゃれにしても、テーブルの中央におしゃれじゃないお茶やドリンクの入れ物があると、

少し残念な気もします。

そういう僕も、「そんなのなんだっていいじゃん」って思ってました。

この商品を使うまでは・・。

ブテイユ。

古いアンティークのボトルからイメージした炻器素材のドリンクボトル。

ぽってりとした雰囲気がどこか懐かしく、素朴であたたかい印象を与えます。

かすれたハンコのロゴもまた絶妙なアクセント。

最初は、このボトルにお茶やお水を入れるのってめんどくさくない?なんて思ってましたが、

実際使ってみると、その可愛さにめんどくささも忘れます。

お茶やドリンクが入れにくいっていう問題も、このロウトを使えば簡単に解決。

他にも、花瓶として花を活けても可愛いので、我が家では、ドリンク用と花用の2つ使いです。

色は、すっきりとしたブランと、

柔らかいサブレの2色。

使えばテーブルでおしゃれだし、

使っていなくてもキッチンに並んでいるだけでおしゃれ。

ブテイユがこんなに使えるなんて、ちょっと侮ってました。


詳しい商品詳細はこちらから