BLOG

伊勢丹浦和店にてスタジオエムのポップアップストア開催!-2017.11.22 Wed


 

本日より伊勢丹浦和店にてスタジオエムのポップアップショップが始まります!

期間は11月22日から12月5日まで。たくさんの食器とともに、スタジオエムの世界観が表現されています。

 


今回はこの寒い時期に食べたい料理に合う器を揃えました。

そろそろ年末なので、クリスマスなど、パーティーシーンで使える器たちや、お正月などハレの日に人が集まる席での器などを紹介しますよ。

 

また、2017AWの新作商品もあります。手おこし豆皿、リアン、エッセンなどなど。

 

是非、この機会に沢山の商品を見に来てくださいね。

皆様とお話しできるのを楽しみにしています。お待ちしておりますね。

PUP UP STORE in 伊勢丹浦和店-2017.11.21 Tue

明日11月22日(水)~12月5日(火)までの2週間、伊勢丹浦和店にて、マルミツポテリのPOU UP STOREをオープンします。

前回開催した3月から約半年ぶりの出店。今回もたくさんの商品を持っていきますよ。

写真は前回の様子

この秋に発表された新商品も多数持って行ってます。

年末年始を迎えるこれからの時期に揃えておきたい商品ばかり!

ぜひ皆様、伊勢丹浦和店にお越しください。

お待ちしております。


フイユボールM-2017.11.20 Mon


私が最近気になっているのがこちら。フイユボール

 

 

 

初めは正直そこまで気にしていなかったアイテムでしたが、

マルミツ社員食堂で使われている頻度が多く、少しづつ気になる存在に!

 

 

ある日の社員食堂の様子↓

フイユボールMはときにご飯茶碗として使われたり、ときには汁椀として使われていたり。


ストレートに立ち上がった形は過度にスタイルに偏りがないので和洋いろんな

食事シーンに合わせやすいんです。丸みがないので400ccと汁ものもたっぷり

とは入りませんが、そこもまた良いところ。毎日の朝ごはんでのお味噌汁はこれ

くらいの量で十分ですよね。また、口径も広すぎず適度な広さから飯碗、汁碗と

用途を選びません。

 

こんな風におかずを盛る器としても使われたり。

具だくさんのスープや、ポトフなど、また煮込み料理などのお鍋のとんすいにも

使えちゃう。


あれ?これ一つあれば十分かも?? 

ハイ、それは言いすぎましたが、一器で何役もこなすフイユボール。

 

フイユの魅力は機能性だけではないんですね。

 

フイユとはフランス語で【葉】という意味。グレー色の陶器土に白化粧が

うっすらとかかった透明感のある色合いがやさしくも味わい深いです。

また大小さまざまに現れる鉄粉も土物らしいですね。

 

底面には「落ち葉の頃」という意味のロゴが。

 

落ち葉には一つとして同じ色がないように

一つ一つ個体によって少しづつ異なる微妙な色合いがフイユの魅力なんですね。

大きく描かれた葉っぱのイラストが何とも可愛らしいですよね。

 

この土物のおおらかな表情を眺めていると、なんだか心がほっと癒されていくよう。

派手なキャラクターではないですが、食卓にやさしく馴染むような存在、それがフイユ

なのかもしれませんね。

 

みなさんもフイユボールMを一度見てみてくださいね。

→フイユボールMのページはこちら

 


来週からスカートフェア始まります!-2017.11.17 Fri

毎月開催しているbobineのフェア。

11月は「スカートフェア」を開催いたします。

開催期間:11/20(月)〜 11/26(日) 10:00 〜 16:00

場所:bobine

   〒465-0026 愛知県名古屋市名東区藤森2-285-1

   (地下鉄東山線「本郷駅」より徒歩8分)

ボビンのスカートは、デザインに凝りすぎていない、

クラシカルで上品な印象を感じて頂けるデザインが揃っています。


秋冬のスカートは、素材をツイルリネンにしたり、ブーツにあわせて着丈をアレンジしたりと。

ボビンだから出来る、その季節にあわせたオーダーで、お気に入りの1着を作られてみませんか。


フェア期間中に、スカートと一緒にご提案するのはリネンウールニット

着心地に拘り、国内のニット工場で丁寧に編み込んだ、リネンの素朴さも感じて頂けます。

スカートとリネンウールのニットで、秋と冬のおしゃれを楽しまれてくださいね。


お待ちしております!

ブリオッシュ-2017.11.16 Thu

名前のとおり、お菓子のブリオッシュ型をイメージして作られた器。
ブリオッシュはフランス発祥といわれ、特徴的な見た目から「だるまのようなパン」とも呼ばれているそう。
そんな愛らしいイメージがそのまま器になっています!

お菓子の型のようですが、使い方はさまざま。

前菜に
ポテトやズッキーニを輪切りにしてトマトの赤を添えて塩、胡椒で味付けし、オーブンでじっくり焼くと
簡単に一品できてしまいます!
お花のような形がシンプルな料理も華やかに見せてくれます。
さらに、器の縁に向かって広がっている形状なので余白がうまれやすく料理がきれいに見えるんです。


ティータイムに
コーヒーや紅茶を飲むときのシュガーを入れて添えてもいいですし、紅茶のティーバックレストとしても使えます。
お茶の時間はついつい食器の数が多くなりがちで組み合わせが難しいと感じる方も多いかと思いますが
優しい雰囲気のブリオッシュはポットやカップソーサー、ケーキ皿などの他の食器とも馴染んでくれます!

朝ごはんに
パンを食べる時、ジャムやバターを入れて家族が好きな物を選べるようにしたり、
ワンプレートでは和洋問わず副菜やデザートを盛りつけて置いてみたり…。
小さいけれど程よく深さがあるため汁気がある料理も盛りつけられて、使い勝手が良いなあと感じます。


こんな風にささっとデザートを作ってみても素敵ですが、
やっぱり私のおすすめの使い方は焼き菓子を焼くこと!
陶器は吸水性があるので、金型で焼くよりもしっとりと焼きあがります。
大きな型で焼くことが多いガトーショコラやチーズケーキをブリオッシュで焼いて
一つひとつ飾り付けができるのも小さい型ならでは。
小さなサイズなのでそのままプレゼントしても喜ばれます。
陶器で作られている型はなかなか使う機会が無いかもしれませんが、このサイズだと挑戦しやすいです。




オーブンに並べると花畑のようで、
そういうちょっとした事も料理を楽しくしてくれるポイントなんだと思います!



優しい雰囲気で、他の器との組み合わせがしやすいのには理由があります。
それは、白化粧。
ブリオッシュは白とベージュの2色展開で、どちらにも白化粧が施されています。
素地(土)の上に白い土がかけられていて、その濃淡によって真っ白だったり土の色が見えたりと
表情豊かな柔らかな雰囲気が作られます。



左は縁が焦げているブリオッシュ。右は真っ白なブリオッシュ。
真っ白なものから茶色く焦げ感がでるものまで、個性豊かなところもブリオッシュの魅力です。
裏を見てみると、その差がよくわかります。



素地(土)の鉄の含有量によって赤茶色っぽくなっていたり、ベージュだったり。
焦げたり焦げなかったり…オーブンで焼いたお菓子みたいです。

底の形がビスケットのようなところもお気に入りです。

クリスマスやバレンタインなどお菓子を作る事が多くなるこれからの時期に、
食器として普段使いも出来てオーブン調理も可能なブリオッシュはいかがでしょうか。

気になった方はこちら▶

トルテュ-2017.11.13 Mon

みなさん縁起のいい器は持ってますか?

お祝いの時や、おもてなしをする時、

お正月などの時にお家に1つはあるといいですよね!


オススメしたいのがトルテュ。

縁起ものの器って、色や装飾のついた派手なものが多いですが

そういうものだと普段使いができず、食器棚に長くこもってしまうことってありますよね。

トルテュは八角形のシンプルなデザインのリシーズなので、

日常的にも使いやすいところが嬉しいです!

(八という数字がそもそも日本、中国、西洋で縁起がいいとされているそうですよ。)


べったりと白く塗られることなく、下の土がうっすら透けて見えたり、

刷毛目が見えることで柔らかさ、優しさが感じられますよね。


トルテュは和食器としてだけでなく、洋としても使えるんですよ!

こんな風にフルーツ入りのサラダを盛り付けたり、

時にはデザートとあわせてみたり・・・


料理によって雰囲気、印象が大きく変わります。

どんな料理とも相性がいいので、とても使いやすいんです!


そして裏を見てみると・・・

亀のかわいいイラストが!

実はトルテュはフランス語で「亀」という意味なんです。

亀の甲羅をイメージしてデザインされているんです。

そういわれると確かに、頭や手を隠している亀のように見えてきますよね。

裏にちょっとした遊び心があるところも、なんともスタジオ エムらしいです。


シリーズも小皿や大鉢などたくさんあるので、

みなさんの食卓に合うアイテムを選んで使ってみて下さいね!

詳しくはこちら▷


マレンゴ-2017.11.10 Fri

マルミツポテリはこの時期を「初鍋の日」と定めています。

家族そろって囲む鍋も良いですが、一人でも楽しめる一人鍋は

ちょっと贅沢な気分を味わえますよね。

今日は一人鍋にとってもおすすめしたい「マレンゴ」をご紹介します。

 

 

もともと名古屋名物〇〇用の鍋として企画

マレンゴは、お客様からの要望から作られた鍋。

名古屋で食べられる「味噌煮込みうどん」用にぴったりな土鍋が欲しい!

というお声から作り出されました。

うどんを食べる時に、一玉と具材が丁度良く盛りつけられる容量、

具材が沈まず、料理映えするような丁度良い深さにこだわりました。

 

一人鍋用としておすすめ

1人鍋に使うなら、野菜もたっぷり食べられて、最後の〆のうどんまでできる土鍋がいい!

という方もいらっしゃいます。

鍋ひとつでお腹いっぱい楽しみたいとき、

この6号サイズは、多すぎず少なすぎない、一人鍋としてぴったりな容量になっています。

                                                                                                                   

デザインのこだわり

マレンゴの特徴は、蓋と身の色が違うツートンカラー。

ベレー帽をかぶってお洒落をしているような可愛いらしさを感じます。

でも違うのは色だけではありません。質感にも違いがあるんです。

「ベージュ」は蓋がマットで身がツヤのある質感

「キャラメル」は蓋にツヤがあり、身がマットな質感になっています。

細かな工夫に、企画者のマレンゴへの愛情を感じます。

 

また、蓋と身の取手は大きく、安定して掴みやすい形状にしています。

卓上コンロがなく、キッチンで調理した後にテーブルに土鍋を運ぶ方も多いと聞きます。

そんな方にも安心感がある土鍋ですね。

蓋が開けやすい♪

持ち運び楽々♪

 

素材から感じられる温かみ

マレンゴには荒土をつかっていて、自然のもつ風合いを生かした土鍋になっています。

たまにゴツゴツしたところもありますが、

それもマレンゴの素朴さを作り出す為、素材を選びぬいているからこそ現れるもの。

食卓に温もりを与えてくれます。

 

 

おすすめな料理

マレンゴを購入頂く方に、「何の料理を作りたいですか?」と聞くと

多くの方が「鍋焼きうどん」と答えられます。美味しそうですね!

雑炊を作ったり、シチューをコトコト作ったり

マレンゴのような可愛い鍋だと調理する時間も楽しくなりそうですね。

 

マレンゴと一緒なら一人鍋も寂しくならないような気がします。

今年もこの土鍋と過ごす時間が多くなりそうです。


マレンゴの商品ページはこちら

DEPOT FES6開催中!!-2017.11.10 Fri

みなさん秋のイベントは楽しんでいますか?

秋冬は楽しい行事が多いので、昔からこの時期が私は大好きです。


そして今ぜひオススメしたいイベントがあります。

DEPOT FES6!!

ソラマメ食器店、マカロニカフェ&ベーカリー、ヒュッテがオープンして6年。

今年もデポフェスの季節がやってきました!

みなさまへの感謝の想いをこめて、様々な楽しい催しをご用意しております。


さっそく DEPOT FES6 に遊びに行ってみると・・・

はみだしている!!

毎年恒例の「はみだしソラマメ」です。

期間中、いつものスペースから倍くらいはみだして外にも器が置かれています。


店内もこのようにたくさんの器が勢ぞろい!

グラタン皿やお正月商品など季節ものも、

たくさん揃えているのでぜひお買い物に来てくださいね。


そして、なんだか盛り上がっていると思ったら

テーブルコーディネート講座が行われていました!

ソラマメのスタッフが、コーディネートのポイントをお伝えしながら

みなさんとご一緒にテーブルセッティングをしていく講座です。

15分程の講座で参加費無料、当日参加OKなのでお気軽にご参加くださいね!

開催日時はこちらからチェックしてください。ご予約受付中です!

ソラマメのテーブルコーディネート講座


紹介しきれない楽しい催しが、まだまだたくさんあります!

他はこちらからチェックしてくださいね。

ソラマメ食器店、マカロニカフェ&ベーカリー、ヒュッテ、ソボカイクッキングスクールと

それぞれがみなさんに楽しんで頂けるよう考えてきました・・・!

デポフェスでしか手に入らない器、マカロニメニューなどもありますので

逃すことなくぜひ遊びにきてくださいね!


11月20日(月)まで開催しています。(※火曜定休)

ご家族、お友達を誘ってみなさんでお越し下さいね。お待ちしております!


キャラメリゼ-2017.11.09 Thu

 「キャラメリゼ」

 

仏語で砂糖をカラメルにすること。

名前通りに、可愛らしい器のこだわりが詰まった部分を今日はご紹介します。

  

☑こだわりの2重構造

 

まずは、柄の部分に撥水をかけます。

その上から深い飴色の化粧土をかけ、素焼き。

さらにキャラメル色の釉薬を重ねて、本焼成。

 

と化粧土に釉薬を重ねることで、

この深みある飴色に仕上がっているんです。

 

☑個性が出るボーダーとドット

 

キャラメリゼの1番の特徴といえば、

やっぱりこの可愛らしいボーダーとドット。

 

これ実は、すべて職人さんによる手描きなんです。

ボーダーは筆で1本ずつ描いているので、

このように並べてみると1点ずつ違うのがわかります。

これも手作りならではの面白いところ。なんだか愛着がわきます。

 

 

 キャラメリゼを手に取って、ほっこりと温かさを感じるのは、

色味だけでなく、こうして人の手が加わって出来上がる器だからこそなんですよね。

 

 

☑デザートだけでなく、普段の食事にも。

名前からしておやつの時間にぴったりで、このようにケーキが似合うのはもちろん。

タルトや旬のモンブランなど、いつもよりおいしそうに見せてくれます。


また、落ち着いた色味なので食事シーンにも合います。

キャラメル色がアクセントになっているので、

どんなお料理も引き立ててくれます。


個人的に好きなのが裏面。

なんと一面にキャラメル色が施されていて、凸文字で可愛らしいロゴが入っています。

器を洗う度に見えるこの裏が、けっこうテンションあがります。

今の季節にぴったりの秋カラーをぜひ取り入れてみてくださいね。

詳細はこちら>>


週末の土日は、東京蚤の市へ!!-2017.11.02 Thu


明日から世間は3連休ですね。

久しぶりに天気のいい日が続きそうで、今からわくわくしています。

そんな今週末の土日はビッグイベントがあります。

そう、東京蚤の市!!!!

おすすめの時間帯は、"初日の朝9時"です!!

人も少なく、じっくりとたくさんの器からお選びいただけますので、

まず会場についたら、スタジオエム目掛けて来ていただけたら嬉しいです!


当日の会場や売り場の様子はインスタグラムで随時更新していきます。

こちらもチェックしてみてくださいね。

マルミツポテリ公式インスタグラム>>

みなさまにお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしてますー!

---------------------------------------------------

第12回東京蚤の市

11/4(土) - 5(日)

東京オーヴァル京王閣
〒182-0025 東京都調布市多摩川4-31-1 
開催時間/9:00-17:00
入場料/500円(小学生までは無料)

---------------------------------------------------

[XML]