BLOG

企画通信 vol.5「ブリクストンストライプ」-2017.07.10 Mon

今回の企画通信は器ではなく、布(生地)のことを少しお話したいと思います。

前回のブログでも紹介されていますが、

スタジオ エムの季刊誌「デプリアント」の表紙にも使われています!

「ブリクストンストライプ生地」


赤と紺のストライプ柄が休日やバカンスのテーブルを 思わせるような生地です。

マルミツポテリは主に食器を企画、販売している会社ですが、

マルミツポテリの食器を使うことによって、もっと楽しく、もっと豊かに食事の時間を過ごしてほしい、、、

そんな思いの中、自然とこんなテーブルクロスやランチョンマットがあればいいなと、

オリジナルの生地をつくるまでになりました。

今では、約70種類ものオリジナル生地を作っています。


さて、今回の春夏の新作生地ブリクストンストライプとはどんな生地なのでしょうか。

こだわりのポイントは3つ。


素材

スタジオ エムのオリジナル生地ほとんどに言えることですが、リネンを使用しています。

リネンは亜麻の茎を原料として作られる植物繊維です。

リネンの歴史は古く、紀元前のエジプトですでに生産・流通していたといわれています。

長く人々の暮らしの中で愛用され続けるには理由があります。

・繊維が長く丈夫で長持ちする。

 水に濡れると強度が増すとういう特徴もあり毎日のお洗濯にもへこたれません。

・吸水性、速乾性がいい。

 デッシュクロスとしても最適です。乾燥が早いのでカビや雑菌の繁殖も軽減します。

・使う程に柔らかくなる。

 使い始めは少しゴワつきがありますがお洗濯を重ねる度に柔らかくくったりとしてきます。

 月日とともに使い手に馴染んでいく様は使うことの楽しみのひとつになります。


糸色

イメージに近い糸色を決めます。


写真では糸色の微妙な濃淡が伝わりづらいですが、ヴィンテージの生地ような素朴でどこか懐かしい色合いをめざして、

あまり重くなりすぎず少しだけ色褪せたようなものを選びました。


【織り柄】

生地の織り柄をよく見ると、交互に斜め模様で縦縞が入っているのがわかります。


ツイードなどによく使われる基本的な織り柄でヘリンボーンと呼ばれています。

日本では杉綾織りと言ったりしていますが、たいていは等間隔で斜め模様が入るのですが、

ブリクストン生地は色柄に合わせて斜め模様の幅を変えました。

ちょっとした変化ですが、織り柄の表情に動きが出るように思います。

また生地のおもて面にはっきりと色柄が現われるように織りの割合を調節しました。

裏面は生成糸の割合が多くなるので少しかすれたような生地感が楽しめます。


イベントや季節に合わせてお気に入りのテーブルクロスやランチョンマットを少しずつ増やしていくのも楽しみのひとつです。

ぜひリネンを暮らし中に取り入れてみてくださいね!


ブリクストンストライプの商品詳細はこちら ▶


【スタジオエムの通販カタログ】-2017.07.07 Fri


今日はスタジオエムの通販カタログについてご紹介します。



年に2回、発行されている“デプリアント”

みなさんはもうご登録されていますか?


まだ知らない!というみなさまに、ちらっとご紹介。



スタジオエムの新作商品をメインに、

季節に合わせたレシピや器使いのご紹介など

毎号盛りだくさんな内容は、読み物としても楽しいカタログなんです。


こちらは初回登録料¥600-のみで、

毎年2冊、みなさまのもとにお届けしております。

まだの方は、ぜひこの機会にご登録してみてくださいね!

気になる登録方法は下記より。

 

▼食器と合わせてカタログを購入する方にはこちら

○ウェブストアからのご注文・登録はこちら

(送料と、お支払い方法によっては手数料がかかります)

 

▼カタログのみを購入する方にはこちら

○カタログ代金分の切手を郵送いただければ、発送時の送料はかかりません。

注文・登録方法はこちら

 

▼ご転居など、ご登録内容に変更のある方はこちら>>

※また、登録をしたはずなのに届いていないという方は下記までお知らせください。 確認後、発送いたします。


 電話番号:0561-82-1010

メール :depliant@marumitsu.jp


次回は8月末頃にお届け予定です!

みなさまのご登録、お待ちしております。


ジュールモーニングプレート-2017.07.06 Thu

どんな世界にも名脇役っていますよね。

あまり目立たないですが、影で支えてくれる

縁の下の力持ち的な役割。

 

私がスタジオ エムアイテムの中で思う「名脇役」はこちら。

 

ジュール モーニングプレート 

一見すると、とてもシンプルで、パッと見目立たないキャラクターのように

見えますが……、、

 

 

料理を乗せると…、ジャ―ン!

こんなにも料理を引き立ててくれるんですね。

シンプルで主張がないからこそ、どんな料理にも馴染んでくれる懐の広さがありますよね。

 

思えば私もスタジオ エムの器を買い始めた若いころは 

 

「料理をもっと華やかにみせてくれる器がほしい!」

 

なんて思いながら、細かい装飾ある器やロゴのデザインが効いている器など個性の強めな器に魅力を感じていましたが、

だんだんと、料理との相性、器との組み合わせなどを少しずつ考えるうちに、合わせやすい

脇役の器ってあると便利だなあと思うようになりました。

 


ジュールは実は「1日」という意味で、朝昼夜それぞれのプレートやボールを使うことで

3度の食事がもっと楽しくなるようにという思いを込めて作られているんです。

 

写真はモーニングプレート。こちらは朝食にワンプレートで提案できるアイテムですね。

ワンプレートといえばマグや小鉢を乗せてオシャレなカフェ風提案ができるのが楽しみの一つなんですが、

ワンプレートでひとつ重要になってくるのが、器同士の組み合わせ。

 

洋服でもそうですが、やっぱり組み合わせるもの同士がどちらも主張のあるものだと

喧嘩しやすく、お互いの色を生かし切れなくなってしまいまがちですよね。

 

その点、ジュールはなんでも受け入れてくれる まるで母のような器。

相手の主張が強くても、ジュールと組み合わせることで

なんだかうまくまとまるんですね。

 


形状は立ち上がりがなく、フラット。ここまでフラットなプレートはスタジオエムで他にないかもしれません。実は、フラットでリムのない形状はワンプレートに最も適したカタチなんです。料理はもちろん、マグや小鉢などを乗せるとき、平らな面でないと滑ったりバランスよく乗せられないんですよね。

 

また色も白、グリズ、シトロンと淡い色展開は料理だけでなくどの器とも合わせやすいです。

最近ではこっくりとした深みのあるアメ色も追加。こちらも鮮やかな色合いの料理や食材を良く映えさせてくれます。

 

ベーグルやオープンサンドに、コーヒーを乗せて。サラダやスープをお好みで乗せて

気分はもうカフェスタイルですね!

 

様々な器や料理を引き立ててくれる名脇役な器 「ジュール」。

今回はモーニングプレートをご紹介しましたが、ジュールは他にもさまざまなアイテムがあります。ぜひこちらからご覧になってくださいね。

 

ジュールシリーズはこちら。

マルミツポテリ自社展示会2017-2017.07.05 Wed

今週はマルミツポテリ自社展示会が本社で開催されています。

月曜から木曜日まで約200名の小売店様や一般の方が来られています。


今回のテーマは「マルミツ二十四節気」

日本の二十四節気になぞらえて、その時々に必要な器を提案する展示会。

二十四節気カルタというアトラクションがあったり


ショールーム全体を使ってマルミツ二十四節気の説明があり


お昼は社食で季節のコーディネートとともにスパイス&ハーブ料理に舌鼓をうち


最後は季節と売り場についての講座がありと、

盛りだくさんな2時間半を楽しんでもらっています。


残念ながら、当日参加はできませんが、

社食の様子などは社食のページでご覧になれますので、

ぜひご覧ください。

オーバルキャセロール-2017.07.03 Mon

今回は楕円形の土鍋、オーバルキャセロールのご紹介をしたいと思います。



スタジオエムの商品には土鍋がたくさんあります。

土鍋だけでもこんなにたくさん!

お鍋の形を見ていると、一つだけ楕円形の商品があります。
見つけられますか?

こんなに数あるお鍋の中でも楕円の商品はオーバルキャセロールだけなんです。(上から4列目)
なんだかそれだけでも特別な感じがします。




名前のキャセロールとは「お鍋で」という意味があり、肉や野菜をとろ火で煮込んだ料理のことでもあります。
煮込むことを考えて作られたお鍋です。
1420ccと土鍋の中では小さいですが、深さがあるので写真の様にスープを作ってもたっぷり3〜4人分作れてしまいます。




これから夏になるこの時期に土鍋の紹介?
と思うかもしれませんが、夏によく食べるカレーにも実はぴったりなんです。


私事ですが、最近煮込み料理にはまっていて休日によくオーバルキャセロールを使います。
土鍋はゆっくり熱を伝えて保温性もあるので火を止めてからもしばらくぐつぐつという音がします。
そしてびっくりするのがお肉のやわらかさと野菜のあまさ!
骨付きのお肉でもほろっととれてしまうほど。
土鍋は遠赤外線の効果で食材の旨味を上手に引き出してくれると言いますが本当にそのとおり。
野菜も甘くておいしいです。
いつもの調味料を使っているのにオーバルキャセロールで煮込むと一段と美味しくなるから不思議です。






冬は皆でつつくお鍋が多いですが、夏に近づくにつれカレーやスープを作ることが多くなるかと思います。
オーバルキャセロールの綺麗な黄色と柔らかな白は土鍋でも暑苦しくなく爽やかな食卓を演出してくれます。





めずらしいオーバルの形や蓋の凸の文字もかわいらしく、食卓の中で目を引きます。
この時期にぜひ使っていただきたいお鍋です。

ポトフやシチュー、スープなどいつもの料理をおいしくしてくれますよ。


気になった方はこちら

メテオ-2017.06.29 Thu

最近は暑い日が続いてすっかり夏ですよね。

夏になると私がやっぱり毎年よく食べるのは素麵です!

涼しげで夏らしい器だともっと美味しく食べれるな〜と思うんですが、

今日はまさに夏にぴったりの「メテオ」のお話をします。


入道雲と青い空のような夏の雰囲気がありますよね。

青の下にもうっすらと感じる白が優しく心地よくて、釉垂の風合いも魅力的です。

この形状の器は麺鉢としてだけでなく、カレーやパスタや丼など

本当にいろいろな料理に使えるのでとても便利ですよ!

夏はメテオで涼しく乗り切る!ぐらいの勢いでもいいかもしれません・・・


そしてひっくり返して裏印を見てみるとなにやら文字が…

「Il n'est point de point de bonheur sans nuages.」

これは「雲のない幸福などというものはない」という意味なんですが、

つまり「この世では完全な幸福というものはない」というメッセージなんですよ!

実はメテオはフランス語で「天気予報」という意味なんです。

裏印にも想いがこめられてこだわって作られている、スタジオ エムらしい器です。


他にも猪口や小皿もシリーズであるので、一式揃えてみるのもいいですよね。

メテオの夏のギフトセットもあるので、贈り物なんかにもオススメですよ。


詳しくはこちら>>

モワソンワインカップ-2017.06.27 Tue

今回ご紹介したいのは、

「モワソンワインカップ」という磁器製のワインカップ。

でもガラスと比べてどこが良いの?とピンとこない方も多いのでは?

そこで、磁器製のワインカップの魅力、そしてのモワソンのならでは!の魅力をご紹介していきます。

 

 

まず、このモワソンワインカップのすごいところ。

それは、マルミツギフトセットで、ダントツの人気No.1!というところ。

一位は、お洒落な白化粧箱入りで、好きな色を組み合わせられる「モワソンペアカップセット」。

二位は、ルボアとの色合わせが可愛い「特別な日のペアセット」。

なんと1位2位を、モワソンが独占中なんです。

 

そして何よりも伝えたいのはシンプルな中に込められた、こだわりのデザイン。

スッキリと伸びたワインカップの細い脚は、窯の焼成でギリギリに耐えられる細さ。

きれいなフォルムに見えるようにと、こだわって作られています。

ワインカップを持つとき、安定して指で支えやすく、とても安心感があります。

また、口元の部分や段差のある部分は、焦げた色になっていたり、土の色が浮き出ていたりと表情豊か。釉垂れの風合いもあり、一点一点にしっかりと個性があるんです。

 

細くてシュッとしたシルエットで

おもてなしの席を一気に輪とした食卓にしてくれる、モワソン。

実は、ワインカップとしてだけではなく、他にもおすすめの使い方があるんです。

まず試してみて頂きたいのが「サラダカップ」としての使い方。

磁器製なので、日常生活で使い回ししやすく

料理を盛りつける「器」としての使い方もおすすめ。

人参サラダを盛り付けたり、サラダカップにして使うことで、ぐっと特別な感じに。

ホームパーティーなどに使うと、おもてなし感が出ますよ!

 

そしてこれからの季節には、「デザート」の盛り付けがおススメです!

パフェを飾ったり、ゼリーやムースを作ってみても。

特にルリ色の涼しげな色は、ひんやりとしたデザートにぴったりです!

 

 

普段ワインはあまり飲まない、という方にも

色んな楽しみ方ができるモワソンワインカップはとってもおススメです!

幅広い使い方ができて、日々の盛り付けがとっても楽しくなりますよ。

 

以上、モワソンのご紹介でした♪


モワソンワインカップの詳細はこちら

ソラマメでサンプルフェア-2017.06.23 Fri

今日から、直営店ソラマメ食器店で、「サンプルフェア」が始まりました。

このイベントどんなイベントかというと

「studio m'」と「sobokai」の商品企画時に出来上がる、

サンプルの食器を特別に販売するイベントなんです。


ブログのこの記事にも書いてあった通り、テストピースで確認後、

全面に施釉して確認したりと、商品が出来上がるまでにいろいろとサンプルを作るんです。

こんなのだったり、

こんな感じで、いろいろとサンプルが並んでいます。


直営店のノヴェルティを作るときのサンプルなんかもあります。


ちなみに写真に写っているのは今日の朝の状態なので、

当然、明日は違うものになっています。なにせ、一点ものが多いので。


明日6月24日(土)・明後日6月25日(日)の二日間

ソラマメ食器店で開催してますので、

お近くまで来られた際には、

世界に一つだけの、自分だけの食器を探しにきてくださいね。

サンプルフェアの詳細はこちら>

ベリーボール-2017.06.22 Thu

みなさんはフルーツを食べるときって何に盛り付けていますか?

 

私は今まで洗ったフルーツをボウルに入れたり、

プレートに置いてみたりとしていましたが、

なんだか味気ないなぁなんて思っていました。

 

そこで最近気になっているのが、“ベリーボール”

 

 

   

名前の通り、苺やラズベリーなどフルーツを入れて、

水を切ってそのままテーブルに出せちゃうコランダーです。

 

テーブルにあるだけで華やかになるくらい存在感たっぷりなんですが、

これがフルーツ以外にも、結構使えるみたい。 

 

特にここからの季節には、枝豆がぴったり。 


ゆでた枝豆をベリーボールにざーっとあげて、

塩をたっぷりかけてそのまま食卓に。

 

 

  

小ぶりなので邪魔にもならず、食卓にすっと馴染んでくれます。

シンプルな枝豆が、なんだかお洒落な一品にも見えますね。

他にも、ゆでたとうもろこしがおすすめ、とうもろこしの鮮やかな黄色が映えます。


また、こういったキッチンアイテムを選ぶときは

サイズも決め手になると思いますが、ほどよい小ぶりなサイズです。

片手でも楽々持てるくらい軽量なので、普段使いに嬉しいところ。


 

 

また使い終わったあとはフックにひっかけて、見せる収納がおすすめ。 



大きめの取っ手なので安定感もあり、

裏印には可愛らしいロゴが入っているので、

洗い終わったあとに見えるのも気分が上がります。


3色あるので、お好みの色を選んでみてくださいね。

 

ベリーボールはこちら>>


ついついプレートやマグに目が行ってしまいますが、

スタジオエムには調理から楽しめる器もたくさんありますよ。

ぜひ、見てみてくださいね。

なつめ土瓶と湯のみ-2017.06.20 Tue

「なつめ」土瓶と湯のみが新しくなって再登場しました。

コロンとしたフォルムでかわいらしいアイテムなんですが、

使いやすくするために仕様変更のテストを繰り返してたため、

ちょっと欠品しておりました。すみません。


でも、昨日ようやく新仕様の土瓶と湯のみが出来上がってきました。

まず、ベースとなる土が白い土に変更になりました。

以前のものより焼き締まりが強くなり、より長く使っていただけるようになっています。

あと、白は粉引きだったのをクリーム釉に変更して、

より貫入や欠けにも強くなって生まれ変わりました。


かわいらしいフォルムを残したまま、長く使えるように生まれ変わった「なつめ」。

湯のみがまだ、数が揃っていませんが近日入荷しますので、

楽しみに待っていてくださいね。

詳しくはこちら>>

[XML]