BLOG

【2018春夏新作紹介 vol.3】ボナクイユ-2018.01.11 Thu

Bon acuueil  /  ボナクイユ



大人数の食事の時にはダイナミックに盛り付けをする。
テーブルの中心で、力強い存在感を放つ大鉢ができました!

商品名はボナクイユ フランス語でようこそや、おもてなし、などを意味します。 
和の雰囲気で豚の角煮や筑前煮はもちろん、
混ぜごはんやジャンバラヤなどのご飯ものを盛り付けてもよし、
ラタトゥイユやパスタ、
魚介のサラダやマリネなどのを盛り付けて洋風スタイルを楽しむのもよし。
料理次第でいろんなテイストに表情を変えてくれます。

 

【企画のこだわり 1】 削りの入ったフチ





スケッチを重ねる中で、
シンプルなボール形状にちょっとしたポイントになる部分が欲しいと感じました。



縁の部分を水平にかたちづくってから、

点線部分の所まで手作業で土を削り落とします。
そうすることでフチがやや鋭角になり、
繊細なラインがでると同時に、
削られた部分はざらっとした土感がよりあらわになり力強い表情に。

削りを入れることで口元にちょっとした緊張感が生まれます。
この部分が全体のおおらかな形状を引き締めているように思います。




【企画のこだわり 2】 大きすぎないサイズ

「そう言えばこんな器家にあったね、、、。」
たまーに人が集まっておもてなしをする時に
食器棚の奥から久しぶりに出てくるような器、
ありませんか?

それはそれでなんとなく大人数の食事専用食器みたいな役割のものもありますが、
ボナクイユは4〜5人家族のような食卓であれば、
普段のメニューでもダイナミックな盛り鉢として使えます。

存在感は大きいですが、サイズ感はそれほど大きくありません。
3合くらいのごはんの量なら十分盛り付けられますし、
サラダやおかずも4〜10人分くらいは盛り付けられます。
もちろん食べる量やメニューによって変わりますが、
4、5人家族のメイン料理やごはんものにも十分使えるようなサイズ感です。
口径は26cmほどですので、一般的な食器棚の奥行きであれば問題なく入ります。  







【企画のこだわり 3】 力強い素材感と質感


この土と釉、実は2017awの新作で登場したクルトンシリーズで使用しているものと同じものです。
さらに、今回の新作ランドレースシリーズとも同じ素材を使っています。

少し黄味がかった荒土、所々現われている鉄粉や小さな凹凸、
器面を覆う釉のムラ感、貫入、この素材が持つ独特の雰囲気に魅了されています。
また、プレートや大きな鉢など形を変える中で、
料理との相性や見え方に新しい発見があります。

使うことで、少しづつ表情変える様は
実際に使って自分の手の中におかないと気付けません。
ぜひ手にとってこの素材の面白さを感じて頂きたいです。





大家族が週末に集まってブランチを楽しんだり、
おばあちゃんが山芋の煮っころがしを丁寧に作って盛りつけているところだったり、、、

皆さんのテーブルでもドーンとボナクイユを置いて、
いろいろな食事のシーンに展開させてください!



企画(は)

【2018春夏新作紹介 vol.2】シッピングマグ-2018.01.10 Wed

SIPPING MUG / シッピングマグ



小さな体に、大きな取手。ぽってりした厚み。

そのアンバランスさがキャラクターのようで、愛着がわく小さなマグカップ。

つい手にとってしまう気軽さが、ギフトやお土産にもぴったりです。

かわいいロゴが見えるように、3つ並べて眺めていたくなります。


【企画のこだわり1】小さめサイズと大きな取手


普通のマグより小さなサイズ。容量は満水で170cc

スタジオエムの商品の中でもかなり小さな部類です。

シリーズ名の「SIPPING」は「少しずつ飲む」という意味。

ちょこっと飲みたい時にぜひ使ってほしいマグカップです。


そしてそれに対して、取手の大きさはかなり大きめ。大きくて丸くて分厚いです。

さらに胴体の厚みもかなり厚いです。

意図してデザインしたこのアンバランスさがポイントです。


【企画のこだわり2】ロゴ

シッピングマグでぱっと目に入ってくるロゴ。

今回の新作のテーマ「ハーブ&スパイス」にからめて、食材とハーブに関するイラストと文字をデザインしました。

ワイン色の豚、緑色の鴨、青色の魚お好きな柄を選んでください。


そして、企画初期からこだわっていたのが表と裏にある枠の部分。

belong to と nameの欄。

所属と名前欄です。

マルミツポテリでは会社で1人ひとつ好きなマグを選んで「マイマグ」として使っているのですが、そんなマイマグにもぴったりな仕様。

使い終わったら裏の名前側が見えるようにして収納してというメッセージも入っています。


【企画のこだわり3】銅版


このマグのロゴは銅版転写という技法で印刷しています。

機械でマグに直接印刷するのではなく、写真のような薄い紙に柄を印刷し、それを使って手作業で一つひとつマグに転写していきます。

手作業のため濃淡やかすれ、ちょっとしたズレや傾きなど、よく見ると少しずつ違っているのが特徴。

そのきちんとしすぎない感じがまた、アンティークのような風合いと憎めないかわいらしさにつながっているのかもしれません。


柄を選んで、名前を書いて、職場や家庭でマイマグとして使ってほしい。

そんな思いが込められたシッピングマグ。

きっと愛着を持って長くつかってもらえるはずです。


企画(お)

【2018春夏新作紹介 vol.1】ランドレース-2018.01.09 Tue

今回の新作のテーマは Herbs & Spices 。 

季刊誌カタログ〝デプリアント〟では

ハーブやスパイスを使った料理と新作の器を合わせて紹介しています。

いつもの料理にほんの少し加えるだけで新しい味に出会えたり、

世界中の料理へとさらに興味が広がります。


ここ企画通信では商品デザインをしている企画チームから新作ができるまでの思いやこだわりを

全14回に渡ってお届けします。


Landrace  /  ランドレース


 

おいしい豚料理を食べるための洋皿が欲しい、、、。

そんな私的で限定的な要望からこのお皿は生まれました。

 

しっかりとソテーされた豚肉の塊を分厚く切って皿に盛りつける。

アスパラやズッキーニ、ジャガイモなどの付け合わせと一緒に。

外側はカリッと、中はしっとりとした豚肉を切り分けて頬張る、、、

 

素朴で素材の味をいかしたシンプルな豚料理が似合うような、

気取らないプレートがあったらいいなぁ。

そんななんとも漠然とした、

そして豚と豚料理を愛する人のための贅沢な願望を実現するべく、

このランドレース プレートは作られました。


【企画のこだわり】 気取らない

形状はいたってシンプルで普通のプレートです。

しいて言うなら少しリム幅を大きめにすることでより洋食器感をだしています。

 

シンプルなプレートにすることで、

土や釉の面白みがより強調されます。

平らな面とリムの立ち上がりの境目にできる釉だまり、

流れるような釉薬のかけムラ、

フチのざらつき、土のシワ、貫入、石目、どれも狙ってできるものはありません。

 

皿の形、土や釉薬、焼成具合、すべての条件が合わさり、

自然と生まれたさりげない、気取らない表情がたまらない魅力です。

 

 

【企画のこだわり 2】 豚の表情



皿の裏側には大きなロゴが入っています。

是非その中の豚に注目してください!

 

図面の段階で豚の目の微妙なサイズを調整したり、

首を傾けてみたり、バランスの良いプロポーションをつくります。

プレート230

 

それを見ながら型屋さんが石膏でできた皿の原型に豚の絵を彫っていきます。

手作業でつくる工程なので、もちろん図面と全く同じと言うわけにはいきません。

手作業だからこそ少し豚の表情に柔らかさが生まれたり、

均一でない趣きが出てきます。

 

3サイズそれぞれに表情や仕草の違う豚が描かれていて、

φ230が親豚、φ200、φ170がその子豚になっています。

嬉しいのか、悲しいのか、物思いにふけるような表情が愛くるしく、

器を洗ったり、拭いたりする時についつい眺めてしまうような、

ちょっとした楽しみがあります。

 

 

【企画のこだわり 3】 サイズ感

 

もちろん豚以外の料理にも使ってください!

φ230プレートは主菜用として考えました。

ハンバーグやトンカツ、コロッケ、いつもの食卓の夕食で使うようなメインプレートとしてもちょうど良いサイズ。

φ200プレートはパンやサンドイッチなど軽食用として。

φ170はサラダやおかずの取り皿や焼き菓子などのプレートとして, ちょうど良いサイズです。

フォルムは洋皿を意識しましたが、サイズ感は日本の食卓でよく使うようなサイズ感、ラインナップになっています。

 

愛くるしい豚の表情と変化に富んだおおらかな土の素材感が、

よりいっそう愛着のわく自分だけの器となります!

 

企画(は)

手付き雑炊鍋-2017.12.28 Thu

 

 

もうすぐ一年も終わり。お正月はゆっくりと休まれる方も多いのではないでしょうか。

お正月には美味しいものもたくさん食べますよね。その間に少し体型が変わっていたり…なんてことありませんでしたか?

 

 

 

 

今回はそんなお正月明けの食事量や栄養を整えていきたいとき、とても活躍してくれる「手付き雑炊鍋」のご紹介です。

 

 

 

 

◎一人鍋として企画

 

家族みんなで囲む鍋も楽しいですが、一人鍋だっていいことはたくさんあります。

食べる量を決めることが出来て量を制限できたり、鍋をそのまま器として食事をすることが出来、使い方もラク。手付き雑炊はそんな一人鍋を堪能できる機能がたくさんあります。

 

 

 

まずこのフタ。穴が開いていないですよね。実はこれ、ひっくり返すと取り分け皿として使うことができるんです。深さも深すぎず浅すぎない丁度良いサイズ感。このお鍋一つで2つの役割を果たしてくれるんです。

 

 

 

 

そして手付き雑炊鍋の最大のポイントとも言える、このしっかりした取手。実際にミトンをした手で持ち上げて見ると…

 

接着部分が広く、しっかりと付けられた取っ手は丈夫で、ミトンの上からも安心して

持ち運ぶことができます。 

 

◎レンゲですくいやすい!こだわりの形状

 そしてなかなか伝わりづらいのでぜひ知ってもらいたいのが、この土鍋の底面の形状。

  

 丸みのあるカーブ形状になっていることで、レンゲやスプーンで料理を最後まですくいやすくなっています。

 これによって出汁のきいた煮汁やスープも残さず食べれるんですね。

 

 

◎一人鍋以外にも、こんな料理に…

手付き雑炊は炊飯も1.5合までOK。今の時期なら鯛のご飯やかぶの葉の炊き込みご飯等、土鍋で炊いたご飯を楽しむのもいいですよね。

また、特に和食とのコーディネートがしやすく、肉じゃがや湯豆腐を作って、そのままテーブルで盛り鉢として使うのもおすすめ。


  

◎七草粥もぜひこのお鍋で。

お正月明けの食事は身体を労わった優しいメニューにしたいですよね。ぜひ手付き雑炊鍋を使ってお粥や雑炊等、優しいご飯でこの土鍋を使ってお腹を休ませてあげましょう。

 

 

疲れた身体を労わってくれる、手付き雑炊鍋のご紹介でした。

 商品のページはこちら

 

 

ムニュ キッシュ-2017.12.25 Mon

年末年始、みなさんはどう過ごされますか?

忘年会や新年会があったり、実家に帰ってのんびりしたり、

旅行に行ったり…、お休みは楽しい予定が盛り沢山。

みんなで集まりやすいこの時期は、

友人や家族とホームパーティーをされる方も多いのではないでしょうか。

外食も良いけれど、料理を持ち寄ってくつろぎながら

お家で楽しい時間を過ごすのも良いですよね。

今日はそんなお家ごはんにおすすめの食器をご紹介します。


それがこちら!ムニュのキッシュ。

大勢で集まってごはんを食べる時、

作りすぎてしまって食べきれなかった…という経験があるのですが

ムニュのキッシュのサイズ感はちょっとずついろいろ食べたい!

という場面でぴったりの大きさなんです。

サラダや汁気がある料理の盛り鉢としても使えて、

オーブン料理にも使える万能なムニュのキッシュ。

深さがあるので、具沢山のグラタンはもちろん、

ラザニアを作って何層か重ねても収まります。

白化粧がかかっていてぽってりとしたやさしい雰囲気。

食器が多く食卓に並ぶホームパーティーでも、

存在感を出しながら他の器やお料理と調和してくれます。

真上から見ると形がお花のようで可愛いキッシュは

ただ見た目が可愛いだけじゃないんです。

この形を利用して人数分に同じ大きさでケーキなどサーブできます。

丸い型や四角い型だとどこで切り分けたら良いのかわかりません。

目分量だったり、切り分けの目印がついたまな板に移し替えたり…

なんてしているといつのまにか崩れている事も。

ムニュのキッシュだと花びら3枚分ずつ、とか花びら4枚分ずつという風に

均等に切れるのでお子さんにもお手伝いしてもらいやすいです!


さらにさらに、使ってみるとケーキの生地が溢れにくいということに驚きました。

このくらいの量なら大丈夫だろうと思って生地を流し入れても

予想以上に膨らんでしまうことがあります。

金型だと薄くて少しでも溢れたら止まりませんが、ムニュは口元の厚みがしっかりあるので

ケーキが大きく膨らんでもしっかりガードしてくれます。

せっかく可愛らしい型を使うのだから、器の周りが汚れずにちゃんと焼けるのは嬉しいです。

ケーキもつるんと取れてくれます。

裏はこんなデザインに。

ムニュの名前のとおり、メニューが書かれています。

ムニュのシリーズはキッシュ以外にプレートやマグ、ココットもあって、コース料理が出来上がります。

裏印もアイテムによって少しずつ内容が違っています。

昔からあるレストランでずっと大切に使われている

古い紙に書かれたメニューのような雰囲気があって素敵です。



手みやげにケーキを焼いたり、持ち寄りでお家ごはんをするときにオーブン料理を作ったり、

キッシュを使ってより楽しいひと時を過ごして頂けたらな、と思います。

気になった方はこちら▶

2017 福袋販売します!-2017.12.22 Fri

みなさん今年も残すところあと少しですね。

お正月はいろいろと楽しいことも多くてワクワクしますが、

その1つにあるのが福袋!ですよね!


なんと今年はマルミツでも福袋を販売します!

期間:2017年12月28日(木)〜  12月30日(土)

場所:ソラマメ食器 / クーヴェール・ア・ラ・メゾン

値段:¥15,000(税込) *¥35,000〜38,000相当

数量:ソラマメ:100個 / クーヴェール : 200個

※予約はできません。店頭のみでの販売となります。

※無くなり次第終了と致します。



スタジオ エムの商品を中心にした福袋。

器だけでなく、クロスなども入っています。

たくさんの器をゲットできるチャンスなので、ぜひみなさんお買い求めくださいね!


詳しくはこちら>>

モンド-2017.12.22 Fri

「モンド」という商品、フランス語で「世界」という意味・・・!

由来が気になって、企画したスタッフに聞いてみたところ、

モンドは土の質感がよく出るものを使ったり、釉薬も自然のものを使ったりと

世界の自然のものからできた器だから。ということでした。

・・・熱いです!!

そんなモンドの魅力を紹介したいと思います。


◎表情豊かな土の表情

陶器は土の表情が出て雰囲気があるものですが、

モンドは特に土のいろいろな表情がでます。

縁の焦げや御本手など・・・

これこそがモンドの出す味わい深い雰囲気の要素となっています。

なので、和食との相性はバッチリで素朴な料理も映えさせてくれます。


◎使いやすいデザイン

モンドは4アイテム展開のシリーズ。

どれもシンプルですが、使いやすいデザインです。

7寸皿5寸皿はプレートですが、立ち上がりがしっかりとあるので

カレーや汁気のある料理にも使えます!

小鉢も立ち上がりが広くとってあり、余白がちゃんと作れるので

副菜をきれいに盛り付けることができます。

マグのハンドルは一つ一つ手作りされています。

なので握り心地もよく、職人さんのこだわりが感じられます。


◎炻器土を混ぜて丈夫な器

陶器は強度面で磁器に比べると弱かったり、欠けやすかったりしますが、

モンドには炻器土というのを混ぜているので、通常の陶器より強度があるんです!

長く安心して使えて嬉しいですよね。


どうでしたか?

他の器との相性もよく、自然に食卓に馴染めるモンド。


ぜひチェックしてみてくださいね>>

六瓢-2017.12.19 Tue


もうすぐお正月ですね。


お正月はスッキリと気持ちを入れ替えて迎える日。

そんなハレの日の食卓におすすめなお碗をご紹介します。

 

 

マルミツポテリでは、すっかりお正月の定番となっている、六瓢。

赤、黒、飴の3色展開で、一見、漆の器を思わせるデザインです。



六瓢の「瓢」は縁起物の「瓢箪」から。

六つの瓢箪は、六瓢=無病とかけられて、「無病息災」の縁起物であると言われています。

使う人が長く健康に過ごせるようにと、想いを込めた器なんです。


そして、蓋と身の裏にはポイントで瓢箪の絵が。

デザインに瓢箪をかけあわせた遊び心がちょっと可愛いですね。


そして、六瓢は丁寧な手仕事を経て作られています。

例えばこの蓋の立ち上がりの部分。

動力で成形をした後に、この下に向かってすぼまった形状を作る為、ひとつひとつ丁寧に手で削っています。

とても細かいことですが、このように削られていることで蓋を持ち上げるときに持ちやすく、

やぼったくない、すっきりした印象をつくることができているんです。

そして、この蓋の内側。

お料理が盛られる段差より下の部分は粉引をかけ、お料理がきれいに見えるようにこだわられています。

塗り分けのラインもとても美しいです。

外側の絵付け、内側の粉引がそれぞれ丁寧に塗り分けられていて

何だか気持ちが引き締まるような、品の良さを感じます。


 

そして、六瓢は和食のコーディネートを引き立てる

とても使いやすい器なんです。

このように鮮やかな赤や、大人な雰囲気を作る黒は目を引くポイントとなり、一気に食卓が華やかになります。

一方、飴の色は普段のお料理にとっても馴染みやすいんです。


六瓢は、お正月等のハレの日に使って頂くことはもちろん

ぜひ普段の食卓にも使ってみて頂きたいです。

日々の食事を丁寧に楽しむことができそうですね。

お吸い物や和え物等。

蓋を開けた時のお料理の香りは、何だか少し贅沢な気分に浸れますよね。

ちなみに、お料理の器に蓋付を選ぶのは、日本人ならではなんですよ。

 

 

こうした縁起物の器は、プレゼントにもぴったり。

いい夫婦の日や、新婚さんへの贈り物としても大人気です。

陶器の素朴さがあって、ハレの日だけでなく普段使いもしやすい六瓢。

今年の元旦は六瓢を使って、見た目も心も晴れやかに過ごしてみてはいかがでしょうか。


六瓢のご紹介はこちら

 

 

プアル-2017.12.14 Thu


 

プアルとは、仏語で“フライパン”という意味。

 一見、大きな取っ手が可愛らしいプレートに見えますが、

実は、土鍋と同じ土を使用しているので

直火・レンジ・オーブン対応の優秀アイテムなんです。


▼直径約20cm・深さ3cmの、使いやすいワンプレートサイズ! 


朝夜問わず、日常使いしやすい約20cmのサイズ。

持ち手の部分はほぼフラットにデザインされているので、

ナイフ・フォークの使用も難なくと、プレートとしての使いやすさまで考えられています。


器の重なりがよいのもあって、食器棚にしまいやすいのはやっぱり嬉しいポイントです。

 


器の深さは約3cm。

この浅すぎず、深すぎない程よさが、毎日使いにぴったりなんです。

例えば、スパニッシュオムレツや1人分のパエリアなど幅広いお料理に対応してくれます。

耐熱土ならではの保温力があり、お料理も冷めにくいので

調理してそのままテーブルにサーブして使用するのにおすすめです。


 

 

またプレートとして使うのにもおすすめ。

いつものハンバーグと付け合わせを盛り付けるだけでも、なんだかカフェ風においしく見せてくれます。

ハンバーグにチーズをのせて、少しオーブンで焦げ目をつけるのもいいですね。

 

 

食材の色を優しく引き立ててくれるショコラ/カフェオレ/ブランの3色展開です。


使いこむほどに味わいが出てくるので、

お好みの色を選んで、いろんな場面でぜひ使ってみてくださいね。

プアルの詳細はこちら>>

 
 

名古屋駅にて初のPOP UP SHOP始まります-2017.12.14 Thu

年末も近づいてきましたが、

今年最後のイベントがいよいよ明日12/15から始まります。

 

場所は、名古屋駅 MIDLAND SQUEAR - ミッドランド スクエア -

名古屋駅地下街より直結の、B1Fアトリウムにて、

12/15から1週間の期間限定ショップです!

 

 ※写真はイメージです。

 クリスマスやお正月など、人が集まる機会が増えてくるこの季節に合わせて、

パーティーなど、食卓を華やかに演出してくれる器や

お正月に向けて、おせちやお雑煮にぴったりな和の器を中心に、

 

冬の季節にぴったりな囲み鍋やごはん鍋、

お茶碗やスープカップなど種類もたっぷりとご用意しております!

 

 

また、ギフトラッピングもお受けいたします!

今年はクリスマスプレゼントにマルミツの器を選んでみませんか?

お誕生日やちょっとしたお礼の品にもぴったりですよ。

 

 ※ラッピング写真はイメージです。

 

【イベント詳細】

日程:1215日(金)〜1221日(木)

時間:11:0020:00

 

MIDLAND SQUARE / ミッドランドスクエア

450-8711 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目7-1 B1F

場所:商業棟B1Fアトリウム

みなさまのお越しをお待ちしております!

[XML]