MATERIAL NUMBER SEAL

スタジオ エムの商品で、陶磁器の食器には下記のようなマテリアルナンバーシールが貼られています。
長くご使用頂くために、取扱はシール番号の事柄にご注意いただくようお願いいたします。

この商品の素材は陶器です。

  • オーブン
    ×
  • 電子レンジ
  • 食洗機
    ×

-特性-

  • 器の使い始めは目止めをお勧めします。汚れやシミを付きにくくする効果があります。詳しくは目止めの処理の仕方をご覧下さい。
  • 上絵を施してある物は、金属たわし、クレンザー等の研磨剤のご使用は上絵を傷つけるおそれがございますので、お避け下さい。
  • ご購入時に表面に細かなヒビ(貫入)が入っているものや、使用していくうちに貫入が入っていくものがございますが使用上支障はありません。
  • 素材、製造工程による以下の特性があるものがあります。
  • ○御本手(ごほんて)と呼ばれる淡い紅色の斑点が現れる。
  • ○石が多く含まれた土を使用しているため、縁に欠けたような跡が出来る。
  • ○表面に凹凸が出来る。
  • ○手作り(たたら成型)の為、部分的に引っ掻いたような線が出来る。
  • ○色ムラがあり、商品によっては蓋と身で色のばらつきが出る場合がある。

-使用前-

  • ご使用の際はその都度、たっぷりのきれいな水に浸して十分に吸水させて下さい。食品の水分が入りにくくなりカビ、汚れの浸水を軽減させます。水に浸した際は、斑点のようなシミが出る場合があります。これは器が水分を吸水した為で、よく乾かして頂くと斑点は消えます。

-使用後-

  • ・長時間食品を入れたままでのご使用はお避け下さい。
  • ・ご使用後はすぐに汚れを落とし、よく乾燥させてから収納して下さい。

この商品の素材は陶器です。

  • オーブン
    ×
  • 電子レンジ
  • 食洗機
    ×

-特性-

  • 急激な温度変化が生じると破損の原因となる為、熱い状態の器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないで下さい。また、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお避け下さい。
  • 色ムラがあり、商品によっては蓋と身で色のばらつきが出る場合があります。
  • ご購入時に表面に細かなヒビ(貫入)が入っているものや、使用していくうちに貫入が入っていくものがございますが使用上支障はありません。

-使用前-

  • 電子レンジを使用の際は、外側の水分を拭き取って下さい。

-使用後-

  • ・長時間食品を入れたままでのご使用はお避け下さい。
  • ・ご使用後はすぐに汚れを落とし、よく乾燥させてから収納して下さい。

この商品の素材は陶器です。

  • オーブン
  • 電子レンジ
  • 食洗機
    ×

-特性-

  • 急激な温度変化が生じると破損の原因となる為、熱い状態の器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないで下さい。また、冷蔵庫から出した器をすぐにオーブンや電子レンジに入れることはお避け下さい。
  • 色ムラがあり、商品によっては蓋と身で色のばらつきが出る場合があります。
  • ご購入時に表面に細かなヒビ(貫入)が入っているものや、使用していくうちに貫入が入っていくものがございますが使用上支障はありません。

-使用前-

  • オーブン、電子レンジを使用の際は、外側の水分を拭き取って下さい。

-使用後-

  • ・長時間食品を入れたままでのご使用はお避け下さい。
  • ・ご使用後はすぐに汚れを落とし、よく乾燥させてから収納して下さい。

この商品の素材は陶器です。
汚れやシミを付きにくくする為、撥水加工を施してあります。ご家庭での目止め作業を行わずそのままお使い頂けます。

  • オーブン
    ×
  • 電子レンジ
  • 食洗機
    ×

-特性-

  • 撥水加工が施してありますが、完全に汚れやシミを防ぐことは出来ません。
  • ご購入時に表面に細かなヒビ(貫入)が入っているものや、使用していくうちに貫入が入っていくものがございますが使用上支障はありません。

-使用前-

  • ご使用の際はその都度、たっぷりのきれいな水に浸して十分に吸水させて下さい。食品の水分が入りにくくなりカビ、汚れの浸水を軽減させます。水に浸した際は、斑点のようなシミが出る場合があります。これは器が水分を吸水した為で、よく乾かして頂くと斑点は消えます。

-使用後-

  • ・長時間食品を入れたままでのご使用はお避け下さい。
  • ・ご使用後はすぐに汚れを落とし、よく乾燥させてから収納して下さい。
  • ・長い間お使いいただきますと、撥水加工の効果は薄れてきます。
       効果が薄れてきたら目止めをおすすめします。

このシールが貼られている商品は、マテリアルナンバーの特性以外に補足事項があります。以下の項目をご覧の上、ご使用頂くようお願い致します。

-特性-

  • 器のベースとなる生地が非常に多孔質の上、表面に細かなヒビ(貫入)が入っているため、吸水性が非常に高く、食べ物や飲み物の水分がヒビから器の中に浸透し、さらには外側にまで出てくることがあります。繰り返しお茶を入れたり、料理に使うことで、粗い土の目にだんだん茶渋やでんぷん質などが詰まって外側への染み出しがなくなってきます。同時に、茶渋や料理の色が貫入や器に入り、器全体の色が変わってきます。使用しながら器の表情が変化していく様を楽しめる食器です。

-使用前-

  • ご使用の際はその都度、たっぷりのきれいな水に浸して十分に吸水させてください。(30分以上が理想)食品の水分が入りにくくなりカビ、汚れの浸水を軽減させます。水に浸した際は、斑点のようなシミが出る場合があります。これは器が水分を吸水した為で、よく乾かして頂くと斑点は消えます。

-使用中-

  • 浸水後、熱い飲み物を入れた際に側面の貫入部分から器が吸水していた水分が、水滴状になって染み出てくることがあります。

-使用後-

  • 一緒に貼られているマテリアルナンバーと同様の注意事項となります。

この商品の素材は半磁器です。

  • オーブン
    ×
  • 電子レンジ
  • 食洗機

-特性-

  • 急激な温度変化が生じると破損の原因となる為、熱い状態の器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないで下さい。また、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお避け下さい。
  • 年月が経つと表面に細かなヒビ(貫入)が入っていくものがございますが使用上支障はありません。

-使用前-

  • 電子レンジを使用の際は、外側の水分を拭き取って下さい。

この商品の素材は半磁器です。

  • オーブン
  • 電子レンジ
  • 食洗機

-特性-

  • 急激な温度変化が生じると破損の原因となる為、熱い状態の器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないで下さい。また、冷蔵庫から出した器をすぐにオーブンや電子レンジに入れることはお避け下さい。
  • 年月が経つと表面に細かなヒビ(貫入)が入っていくものがございますが使用上支障はありません。

-使用前-

  • オーブン、電子レンジを使用の際は、外側の水分を拭き取って下さい。

この商品の素材は白磁・磁器または炻器です。

  • オーブン
    ×
  • 電子レンジ
  • 食洗機

-特性-

  • 急激な温度変化が生じると破損の原因となる為、熱い状態の器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないで下さい。また、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお避け下さい。
  • 年月が経つと表面に細かなヒビ(貫入)が入っていくものがございますが使用上支障はありません。炻器の商品はご購入時に貫入が入っている場合がございます。

-使用前-

  • 電子レンジを使用の際は、外側の水分を拭き取って下さい。

この商品の素材は白磁・磁器または炻器です。

  • オーブン
  • 電子レンジ
  • 食洗機

-特性-

  • 急激な温度変化が生じると破損の原因となる為、熱い状態の器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないで下さい。また、冷蔵庫から出した器をすぐにオーブンや電子レンジに入れることはお避け下さい。
  • 年月が経つと表面に細かなヒビ(貫入)が入っていくものがございますが使用上支障はありません。炻器の商品はご購入時に貫入が入っている場合がございます。

-使用前-

  • オーブン、電子レンジを使用の際は、外側の水分を拭き取って下さい。

この商品の素材は耐熱陶器です。直火でのご使用が可能です。IH調理器でのご使用はできません。

  • オーブン
  • 電子レンジ
  • 食洗機
    ×
  • 直火
  • IH調理器
    ×

-特性-

  • 器の使い始めは目止めをお勧めします。汚れやシミを付きにくくする効果があります。詳しくは目止めの処理の仕方をご覧下さい。
  • 急激な温度変化が生じると破損の原因となる為、熱い状態の器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないで下さい。また、冷蔵庫から出した器をすぐに火にかけたり、オーブンや電子レンジに入れることはお避け下さい。
  • ご購入時に表面に細かなヒビ(貫入)が入っているものや、使用していくうちに貫入が入っていくものがございますが使用上支障はありません。
  • 土の粒子が粗く、器に入れた食品の水分が染み出る事があります。
  • 乾燥が不十分だと以下の事が起こります。
  • ○火にかけると、器に吸収された水分が側面から染みでて焦げる事がある。
  • ○器に水気が残った状態で収納をすると、シミやカビが出来やすくなる。

-使用前-

  • 直火、オーブン、電子レンジを使用の際は、外側の水分を拭き取って下さい。

-使用後-

  • ・長時間食品を入れたままでのご使用はお避け下さい。
  • ・ご使用後はすぐに汚れを落とし、乾いた布で拭き十分に乾燥させてから収納して下さい。直射日光での乾燥は殺菌効果もあり、おすすめです。