ホーロー(琺瑯)について

ホーロー(琺瑯)とはガラス質の釉薬を鉄などの金属表面に被覆して高温で焼き付けた物です。
金属の強度とガラスの光沢の美しさ、両者の持つ長所を最大限に活かした複合素材です。
ホーローの特徴としてはさびにくく、 耐食性(腐食に強い)、対摩耗性(すりへらない)、
非吸着性(臭いがつかない)に優れた器物として広く使われています。
一般的に使われる金属は鉄ですが、スタジオ エムのモルソはステンレスが使われています。

ホーロー商品全般のお取り扱いについて

・ホーローはガラス質ですので、ぶつけたり落としたりしないよう注意して下さい。破損の原因になります。
・直火、オーブン可能です。電子レンジでは使用しないで下さい。電子レンジの故障や火災の原因になることがあります。
・食器洗い乾燥機は、キズ、サビの原因になりますのでお勧めできません。
・金属たわし、磨き粉、ナイフ等の使用は表面を傷つけますのでおやめ下さい。
 洗う時はスポンジに中性洗剤をつけて洗い、よく乾かしてください。
 焦げ付いた時は、お湯を入れて焦げ付きを柔らかくしてから取り除いて下さい。

ミルクパン・両手鍋のお取り扱いについて

・取っ手や握り部分は熱くなり、火傷の危険があります。ミトンやふきん等を使用して下さい。
・鍋はコンロの中央部に乗せ、炎が底面からはみ出さないようにして下さい。
・火にかける場合は急激な加熱、冷却は避けてください。
・空炊きはおやめください。火災や本体の変形、取っ手又は握り部分やつまみの破損の原因になります。
 万一、空炊きをしてしまった場合は水などをかけずに自然にさめるのをお待ちください。
 水で急に冷やしたりするとホーロー層にマイクロクラック(目に見えない細かな亀裂)ができることがあります。
 実用上、安全上ともに問題はありませんが、多少さびやすくなりますので、ご使用後は十分に乾燥させてください。
 (さびが出ても鉄サビですので、人体には無害です。)
・スタジオ エムのホーロー商品は多重構造タイプではありませんので、長時間の煮込み料理には適していません。
 ストーブの上などで長時間加熱することはおやめください。
・炒め物や煎りもの、てんぷら等の調理には使用しないで下さい。ひび割れ等の原因となります。
・IHクッキングヒーター(電磁調理器)、ハロゲンヒーター(電熱調理器)のご利用は各メーカーによって異なります。
 ご利用の各機器のご使用方法に従ってください。
・お手入れが不十分ですと、水道水の微量成分が固まり、白い粉状のものが付着しますので、内部はよく洗うようにして下さい。

【ホーローに付いた汚れを取る方法】
・焦げ付き、または内部に汚れが付いた場合
 温かい湯を入れてしばらく置いてから柔らかいスポンジで落としてください。
 それでも落ちない場合はぬるま湯に重曹を大さじ1杯と食用油を数滴入れてかき混ぜ、
 弱火で煮たてて汚れ、焦げを浮かせて柔らかいスポンジで落として下さい。
・キッチンハイターなどを使うと、艶がなくなってしまうことがありますのでご注意ください。