かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

356

営業

Camille Sogno

シェアハウスのルームメイトとのクリスマスパーティのシーン。たたら長盛皿にはサーモンのトースト、アボカドとエビのマヨネーズサラダをいれたココットを置く。茶色のオーブン皿で焼いたチキンとじゃがいもは、メインプレートにとって食べる。赤×紺のチェックのテーブルクロスをひいて、どんぐりの装飾がついたカトラリーレストを使えば一気にクリスマスの雰囲気に。スパークリングワインを飲みながら、楽しく過ごすクリスマスの夜。

375

販売スタッフ

Kanako Sahara

和食料理と日本酒で楽しむ食卓。粉引の雰囲気が上品なたたらには、お造りを盛り付けて黒い小皿に醤油を用意。ブリ大根を盛り付けた鉢は、扇形の器をつなげた上にのせる。隣に春菊のかき揚げを盛り付けて、見ていて楽しい組み合わせに。かいらぎ模様の片口と猪口は落ち着いた雰囲気を醸し出し、赤の取箸はアクセントとしてよく映える。料亭で出てくるようなコーディネートは、いつもより丁寧に食事をしたくなる。

307

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

とにかくご飯が進む今日の献立は、メインが銀だらの塩麹漬け。たたら長盛皿にのせて、口休めの漬け物をいれた松の小皿を隣に添える。ほうれん草の白和えは、すり鉢で作ってそのままテーブルに出す。土の表情豊かな青い鉢には、牛蒡と牛肉のしぐれ煮を。白味噌の汁物は、柔らかい味にまとめてくれるからお気に入り。どれも炊きたての白いご飯に相性ばっちりで、おかわりが止まらない。