かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

356

営業

Camille Sogno

農家の方からたくさん頂いたりんごを使って、母と料理をするシーン。洗ったりんごをコランダーに用意し、皮をむいて細かく刻む。いつも作るものはコンポート・ドゥ・ポーム。りんごに砂糖を加えて煮たアップルソースのようなもので、りんごみたいな形のポットで作ってみる。じっくり煮て出来上がったら、白い小さなカップにいれてそのまま食べる。りんごの食感と甘さが美味しい秋の贅沢な味。

375

販売スタッフ

Kanako Sahara

友人を招いておもてなしのディナー。アップルポットで作ったじゃがいものリゾットがメイン。蓋を開けると、じゃがいもとクリームソースの香りがふわっと漂うのがたまらない。四角いプレートにはチキンソテー、グリーンリーフのサラダ、バケットを盛り合わせてシェアして食べる。白磁のボウルにはドレッシングとチキン用のソースを。白系の器の中で黄色の小鍋がアクセントになってくれる。

307

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

ひよこ豆のスープと麦ごはんの朝食。根菜や豆を食べる分だけコトコト煮たい時に、小鍋のアップルポットは重宝するのでお気に入り。直火であたためた熱々のポットスープと麦ごはんの組み合わせは、素朴で体に優しい。ずっと温かいままで、体も心も満たされる。元気の出る優しい黄色のポットに素材感のある白い飯碗をあわせて、見た目からも素朴さの感じられるコーディネートに。