かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

356

営業

Camille Sogno

冬にいつも家族でおこなうギャザリングパーティ。前菜用の器にぴったりなサイズのオルスを、リムの装飾が華やかなプレートと重ねて使う。そこにオレンジ、くるみがはいったサラダを盛り付けて、サーモンのムースをいれたデミカップを添える。サラダが食べ終われば、次は下のプレートにラザニアを盛り付けてバケットとワインといただく。クロスもシックにおさえて、少し大人なテーブルコーディネート。

375

販売スタッフ

Kanako Sahara

休日のアペロの時間。手作りのソーセージとパプリカのケークサレをオルスにのせる。野菜の鮮やかな色は、透明感あるオルスのブルーと合わせるとよく映える。下にはアンダートーンなプレートを敷いて、大人の雰囲気に。今が旬のさつまいもとクルミのサラダは銀彩の丸皿に盛り付けて、赤ワインと一緒にいただく。高級感ある和食器とカジュアルなプレートの組み合わせが新鮮なコーディネート。

307

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

友人を招いてパーティを開くことになり、テーブルセッティング中。オルスのプレートは均一でなはいいびつな丸形が面白い。スタンダードだけど、ひとまわり大きな270プレートと組み合わせると波打つ縁のラインが際立ち、オルスの魅力がでる。カトラリーとクロスをまとめて、木の実など飾りもつけてみる。アイスブルーの色と、白のテーブルクロスを合わせると淡くて綺麗なスタイリングに。