かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

283

営業

Camille Sogno

フランスの実家の庭でのんびりと過ごすアペロの時間。近所の牧場で作られるモッツァレラと、家の菜園で育てているトマトで作ったカプレーゼは、新鮮でとびきり美味しい。オルタグリアにきれいに並べたトマトとモッツァレラに、摘みたてのバジルを添えて白ワインと一緒にいただく。ナスのマリネ、オリーブと唐辛子のマリネはオーバル形のカラフルな鉢に盛り付けて、テーブルの上をぱっと明るく華やかに。

284

販売スタッフ

Kanako Sahara

オルタグリアにカマンベールとハチミツのマフィンをのせて、フォークで少しずつ食べる。小さなクリーマーに入ったハチミツを、マフィンにかけてより濃厚な味わいに。白の濃淡があり、落ち着いた雰囲気のプレートには、細く切ったナス、ミント、レモン、オリーブオイルで和えたサラダを上品に盛り付ける。グラスに注いだハーブウォーターの爽やかな味と香りは、濃厚なマフィンともぴったり。

228

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

エスニックをテーマにしたBBQで、メイン料理はシシカバブ。羊肉をミンチにしてクミン、ナツメグ、ガラムマサラ、唐辛子でスパイシーな味付けにする。炭火で焼く羊肉の香りは格別で、夏にぴったり。上品な雰囲気のオルタグリアに、串焼きにしたシシカバブを盛り付けて、好みのソースをかけて食べる。オルタグリアの白に、ルリやミントの差し色を加えて、中東の海の家のテーブルをイメージ。