かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

356

営業

Camille Sogno

ヨーロッパのクリスマスは、前菜からしっかり用意するのが決まり。お重の1つにはスモークサーモンのスライスをくるっと巻いたものと、エビを盛り付ける。もう1つにはサーモンをのせて食べるバケット、エビにつけるマヨネーズをカップにいれて添える。ワインに合う洋梨とフォアグラのムースは、白の細長いカップに。装飾が華やかなプレートと、トルコお重の鮮やかな色がクリスマスの特別な雰囲気を出してくれる。

375

販売スタッフ

Kanako Sahara

夏のディナーのテーブル。白身魚と夏野菜をマリネしたセビーチェをトルコ青釉のお重に盛り付ける。深い青色は海を感じさせて、魚介料理にぴったり。もう1つのお重にはハニージンジャーでじっくり焼いたチキンとグリル野菜を添える。すっきりした味わいのモヒートは白いカップにいれて、銀彩のプレートは取皿に。全体を涼しげな色でまとめた、大人で落ち着いた雰囲気のコーディネート。

307

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

友人の誕生日をお祝いするために、韓国料理でおもてなし。牛肉、人参、小松菜などぎゅっと詰めて巻いたキンパを、断面が見えるようにお重に丁寧に並べる。隣に盛りつけるのは、ホバクジョン。お祝いの席でよく作られるズッキーニの黄金焼きのことで、小皿にいれた甘酢ダレにつけて食べる。スープカップにはあっさりとしたワカメスープを。お重の鮮やかなトルコ色と、赤いクロスでさらにお祝いの席を華やかに演出。