かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

342

営業

Camille Sogno

フランス人はお昼によくパンを買いにいく。地元で人気なパン屋さんで食べれるランチをイメージ。パレットには大きくカットした、野菜たっぷりのキッシュを。パープルとキッシュの色のコントラストが、華やかで美味しそう。スープカップにはミネストローネ、青い小花柄のボールにはキャロットラペをいれて、夏らしく爽やかに。野菜をたくさん使った体に優しいランチは、午後からの仕事もしっかり始められる。

344

販売スタッフ

Kanako Sahara

夏の優雅な朝ごはん。錆かいらぎのスープカップにはトウモロコシの冷製スープをいれて、鮮やかなパレットをベースにあわせる。白マットのプレートには、ルッコラと3種の豆のオープンサンドをのせて、フォークとナイフで上品にいただく。細長の白いカップには、ミントなどのハーブを挿して爽やかな香りと見た目を楽しむ。落ち着いたトーンの中にパープルをいれて、エレガントで大人の雰囲気に。

294

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

すり鉢には茹でたひよこ豆を丁寧にすり潰して、ペーストにしたフムスを盛りつけ、たっぷりのオリーブオイルをかける。土の表情豊かな白のボールには、焼いたナスをほぐしてペーストにしたババガヌーシュを。この2つをパンや新鮮な野菜につけていただく。中東料理はスパイスがきいていて、風味豊かで食欲をそそる。パレットのパープルが、スパイスのようにテーブルの上でアクセントになるコーディネート。