かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

356

営業

Camille Sogno

夏のブランチのテーブルコーディネート。メインはリコッタチーズ、ブルーベリー、ピンクラディッシュをパンの上にのせて作ったクロスティーニ。最後に、グラスに入ったはちみつをお好みでかけて食べるのがポイント。トッピングのハーブの香りと、一緒に飲むミントティが爽やかな香りを漂わす。ラディッシュやハーブの鮮やかな色合いが華やかで、優雅で楽しいブランチの時間を作り出してくれる。

375

販売スタッフ

Kanako Sahara

夏の落ち着いたお茶の時間。フォスキーアを受け皿にして、黒の丸み帯びたカップをのせる。そこに緑茶を注ぎ、よく合うドライフルーツを受け皿の余白に。白磁の細長プレートには、夏の生菓子を上品に並べる。色も形も繊細で涼しげな和菓子と、波のような曲線が大胆なプレートの組み合わせが面白い。パープルや黒の落ちついた色合いと白の美しさが、大人で高級感のある雰囲気を作り出してくれる。

307

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

トルコの人にとって朝食は1日で1番大切な食事。アジアとヨーロッパの文化が入り混じったトルコの朝食で、色香を漂わす魅惑的なフォスキーア。盛り付けた白チーズ、きゅうり、トマトがパープルの深い色味でより映える。土物のプレートにパン、青のココットにオリーブ、小さな白のフライパンにはトマト入りのスクランブルエッグを。色や素材を掛け合わせて、新しい組み合わせを見つけるのも楽しい。