かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

356

営業

Camille Sogno

仲の良い友達と、よく地中海バーで飲んでいたシーン。ラウンド形の木のボードにプチプアルで作った海老のアヒージョ、焼きたてのバケットが一緒にでてくる。話が盛り上がっているので料理はゆっくり頼んで、お酒もショートカップで少しずつ飲みながらのんびり過ごす。取皿のリムに「元気?」「こんにちは」って挨拶の言葉が書かれているのが可愛らしくて、話もまた弾む楽しい夜の時間。

375

販売スタッフ

Kanako Sahara

休日の夜にのんびりおうちバル。プチプアルでマッシュルームとヤングコーンのアヒージョを作って、白の長角皿を敷き皿にして置く。料理をもっと映えさせてくれる白化粧の表情は、上品で魅力的。白ワインにぴったりなグリーンオリーブを白磁の小付に盛り付けて、一緒に食べるバケットとプチプアルの隣に添える。取皿には曲線がきれいな銀彩プレートを使って、全体の高級感と大人っぽさをグッとあげる。

307

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

旬の夏野菜をプチプアルにつめて、クミンやローズマリー、タイムなどを入れる。あとはオリーブオイルをかけて、オーブンでじっくり焼くだけ。それを、ココットに入ったガーリックの効いたフムスとパンに挟む。野菜本来の味が感じられる濃厚なサンドイッチで、夏の旨みがぎゅっとつまってる。オレンジや黄色の器と、カラフルな野菜がつまった焦げ茶色のプチプアルを合わせてエネルギッシュな夏のテーブルに。