かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

342

営業

Camille Sogno

週末にルームメイトと、のんびり映画を見ながらおやつを食べる時間。大好きなバニラとピーナッツのアイスクリームをメランジェに盛り付けて、砕いた胡桃と小さなピッチャーに入ったキャラメルソースをかけて食べる。陶器で焼いたチョコレートブラウニーは格別に美味しくて、みんな大好き。疲れている時にはこんな風にとっても甘いおやつを用意して、リラックスして過ごすのがお気に入り。

344

販売スタッフ

Kanako Sahara

友人を招いて、夏に涼む和のおやつ。よく冷やした白玉の入ったぜんざいは、水色のメランジェに盛り付けて爽やかな雰囲気に。鳥の形をした白の豆皿には塩昆布をいれて、扇形の器にぜんざいと並べてのせる。見ているだけで涼しくなるような水色や、落ち着いた奥深い緑、遊び心のある形の器は目で見て楽しめる。そんな日本らしい美の文化も意識した、おもてなしのコーディネート。

294

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

ロシア料理風ワンプレートのメインは、挽肉がぎっしりつまった焼きたてのピロシキ。淡い水色が綺麗なメランジェには、目の覚めるような紫キャベツのザワークラウトを。少しすっぱい味が爽やかで、ピロシキにぴったり。優しいベージュのカップには、サワークリームをいれた野菜スープをいれる。白のベースプレートにペールトーンであわせたボウルとカップが、ブルーチェックのクロスの上で爽やかに浮かぶ。