かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

落ち着いた雰囲気が好きな、新星のやまとなでしこ。和食器を中心に様々な器の組み合わせを考えていく。

253

営業

Camille Sogno

パリのおしゃれな雰囲気の寿司バーをイメージ。お酒を飲みながら、ワンプレート寿司を楽しめるカジュアルなお店。メインのプレートには、お寿司を5貫盛り付ける。優しいマットブルーが、上品さと高級感を出してくれる。黒いボトルに入っているのは、醤油に少しとろみをつけたソースのようなもの。これを食べる前にさっとかけていただく。トロンバには日本酒を注ぎ、日本の美味しい食を楽しむ。

235

販売スタッフ

Kanako Sahara

上品な墨貫入のトロンバに、カラフルなピクルスを盛り付ける。高台で特別感も出せて、盛り付けもしやすい形がお気に入り。白の5寸鉢には夏にぴったりな、しそのビシソワーズを。白磁のフラットなプレートを敷いて、余白にはサーモンのマリネとクラッカーを。白の小さな千代口にマスタードとレモンを添えて一緒にいただく。白で統一した中に、鮮やかな食材の色がよく映える夏らしいコーディネート。

213

広報・グラフィックデザイン

Nanami Kimura

お土産にもらった日本酒を、2人で楽しむシーン。料理はお酒がすすみそうなものを用意。白い高台皿にはタコの唐揚げ、花型の鉢にはマグロとアボカドの醤油漬けを盛り付けて、各々取り分ける。豆皿には箸休めの漬物を少し。日本酒は白磁のポットに入れて、トロンバに注いでいただくスタイル。高さのある器や黒の敷皿が、家での食事にもちょっとした特別感を出してくれる。