かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

落ち着いた雰囲気が好きな、新星のやまとなでしこ。和食器を中心に様々な器の組み合わせを考えていく。

306

営業

Camille Sogno

フランス人にとって、食後のデザートは大切で欠かせないもの。コースでたくさん食べた後は、ちょっとしたデザートを用意。花の形の小皿には、マカロンを一つ。取手のついた小さなカップには濃い目のエスプレッソをいれる。水色の小さなボウルにはリキュールを少し用意して、エスプレッソにお好みで。立ち上がりがあって安定感のあるラボラトリオは、トレーみたいに使えてコーディネートにまとまりを出してくれる。

317

販売スタッフ

Kanako Sahara

まだ少し暑い日には、さらっと食べれるお蕎麦を。黒土が透けていて、表情豊かなラボラトリオに盛り付けると、素朴な料理も雰囲気が出る。ごつごつとした質感がかっこいいフラットなプレートを揃えて使う。大きい方は敷皿として、小さい方には大葉やみょうがなどの薬味を。そば猪口に使ったカップは、曲線で色が切り替わり、全体にアクセントをつけてくれる。簡単な料理も、ちょっと特別に感じるコーディネート。

258

広報・グラフィックデザイン

Nanami Kimura

遊びに来た友達からもらった和菓子を一緒に楽しむ。シンプルだけど存在感のあるモダンなラボラトリオには、上品な和菓子を。ごろっと栗の入った栗羊羹を2切れのせ、一緒にのせた小皿には豆菓子をちょこっとのせる。上品ながらも、可愛らしさを出して、友達との楽しいおやつの時間を過ごす。茶托に湯のみも合わせて、おもてなしの気持ちも忘れないコーディネート。