かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

落ち着いた雰囲気が好きな、新星のやまとなでしこ。和食器を中心に様々な器の組み合わせを考えていく。

284

営業

Camille Sogno

フランスでは珍しい形の器で、フレンチ和食を楽しむ。輪花に盛り付けるのは、アボカド、マグロ、タイをパテのように仕上げたフレンチ刺身。ベースプレートの余白には、わさびと生姜を添える。白のプチカップには、夏野菜のゼリーテリーヌを少し崩して盛り付けて、シャンパンを合わせて飲む。白の器の中で鮮やかな食材の色が映えて、夏らしい爽やかなコーディネートに。

287

販売スタッフ

Kanako Sahara

友人にもらった旬のたらの芽を、天ぷらにして感謝を込めたおもてなし。高級感ある輪花に合わせると、料亭のような雰囲気に。ごつごつした表情の黒の敷皿に置いて、余白には塩を添える。カトラリーレストの上に塩辛を盛り付けた小皿をのせて、テーブルの上にちょっとした遊び心を出してみる。かいらぎ模様の猪口で日本酒をいただき、凛としたコーディネートを楽しむ。

231

広報・グラフィックデザイン

Nanami Kimura

少しかしこまった雰囲気で、お祝いをする食事のシーン。花の形が特別感のある輪花に、エビとかぼちゃ、ナスにししとうの天ぷらを盛り付ける。輪花の高台のデザインや、墨貫入が高級感を出してくれる。天ぷらにつける抹茶塩は梅の小皿に入れて、いなり寿司と一緒に黒のプレートに。蓋付の碗にはお吸い物を入れて、日本酒で乾杯。いつもより大人の雰囲気で組み合わせた器は、気持ちも高まる。