人日の節句 - la table 二十四節気の食卓

MARUMITSU
WEB STORE

The Cuisine at "PERSON-DAY FESTIVAL"
春の七草シーザーサラダ

人日の節句は1月7日。
節句の名前はあまりなじみがないけれど
その年の無病息災を願って七草粥を食べる風習のことで
春の七草を食べて自然から新しい生命力をもらうという習わし。
毎年この日はお粥に限らず七草を使った料理を楽しんでいる。
今年は春の七草を使ったサラダを作ってみよう。
ポーチドエッグや手作りクルトンも入れて仕上げたら
ボリュームも出て、ちょうどいいブランチになりそう。


今日はシーザーサラダに欠かせないロメインレタスをベースに、柔らかい春の七草を合わせる。
氷水につけて、シャキッとさせておく。

 


お酢を加えたお湯でポーチドエッグを作る。
土鍋と同じ素材でできたミルクパンは、茹で卵などの卵料理によく使うアイテム。

 


クルトンはガーリックオイルで香りをつけながらカリッとフライパンで焼いておく。
できたてをすぐに食べるのが一番だから、全部の食材を用意したら一気に仕上げる。


七草の苦みがちゃんと感じられるようにドレッシングの味を整える。
シーザーサラダのドレッシングは多めに作って保存容器にストック。

 


シーザーサラダには紅茶が合うと思う。
大きめのポットでリーフからたっぷりと淹れて香りを楽しむ。

 


苦みがどうかなと思っていた春の七草は、生で食べても卵やドレッシングでまろやかになっていいバランス。
淡いグレーのランチボールは底面が丸みを帯びていて、こんもりときれいに盛り付けられた。

 


アースカラーのマグカップが、自然の恵みを頂く今日のメニューにぴったり。
爽やかなミント色はテーブルを明るくしてくれる。

 


お正月でちょっと疲れた胃にはちょうどいいメニュー。
まだまだ寒さはこれからが本番、春が待ち遠しい。

 

USED ITEM