CORPORATE CULTURE

企業理念

今から約35年前。1985年頃の話です。岐阜県多治見市滝呂町の窯元へ仕事の話のために行きました。そこはヨーロッパ向けの輸出用食器を大量に生産しているメーカーでした。

そのメーカーの社長が「フランス人はこれでカフェオーレを飲むんやと。」と言ってカフェオレボールを見せてくれました。私はただただ単純に「カッコいい」と思いました。その当時、カフェオーレなどと言う飲み物の文化は日本に浸透していなかったのですが、その見せられたボールでコーヒー牛乳みたいなそのカフェオーレを実際に飲んでみたくなってしまいました。その食器を使うフランス人の生活を想像させられ、その生活に憧れをもったのだと思います。

「食器が飲み物を決める。」「食器が食べ物を決める。」そんな食器の存在に驚き、またそのような気持ちになる事に気付いたのもその時でした。まさにそれこそが、マルミツポテリの原点です。

MISSION マルミツポテリの役割
「食事は楽しい」を伝える。
マルミツポテリの食器を使うことによって、
もっと楽しく、もっと豊かになる。
多くの人々の食事を
より楽しく、より豊かにしたい。

カフェオレボールから受けたような、人の気持ちを動かす食器を作りたい。そして、毎日訪れる食事の時間をちょっとだけでも楽しくなるようにしたい。そう思いオリジナルデザインの食器、「スタジオ エム」を1988年にスタートさせました。

つまり、マルミツポテリは食器をデザインして、多くの人にさまざまな食事の提案する会社なのです。

マルミツポテリはその時の衝撃を基に、どのようなものが食卓に並ぶのかを考え、素朴でシンプル、いつまでも飽きない、少しだけお洒落な食器を作りだしてきました。四半世紀の間に、多くの人に喜んで使って頂けたと思います。有り難いお言葉もたくさん頂きました。

それはスタジオエムを始めた当初から、メッセージを投げかけるような商品、提案する商品という事を大切にして来たからだと思います。

VALUESマルミツポテリの価値観
お客様に常に新鮮な驚きと
安心感を届ける。
そしてまた、
お客様の反応に対し、
真摯に向き合い、ありがたいと思う。

スタジオエムをはじめてから7年後、名古屋市名東区に自家製食器揃えの店、クーヴェール・ア・ラ・メゾンをオープンさせました。ただ、オープンしたにもかかわらず、残念な事に全く売れませんでした。お客様が1人も来ない日もありました。

どうしたら「たのしい食事」を提案できるか、いろいろと模索しました。

ポストカードを配ったり、フライヤーを様々なお店に置いてもらったり、カタログを作ったりもしました。おせち料理、カレー、お茶などの料理イベントや、絵付け・箸置き作りなどの体験イベントや、碗鉢丼・スープカップ・小皿・土鍋などの企画商品イベントなどを何回も何回も行いました。

お客様と対話することを大切にしながら接客をしました。

そしてある時気付きました。

マルミツポテリがカッコイイと感じる事を伝えて行かなければならないことを、、、

この食器でこんな食事をして憧れの生活をする、 この大事なことを解りやすく伝えていかなければいけない。

お店であろうとも、商品であろうともその部分は何もかわらないのだと。

だからこそ、もう一度考えてみました。デザインは本当に素朴でシンプルで飽きのこない、そして憧れるような食器なのか?

そしてそれを解りやすく伝えているか?憧れていたような生活を送ってもらうことができているか?

そのように考えていくと、コンセプトワーク・デザイン・調理・撮影・提案・食事、すべてをマルミツポテリで完結できるようにしたいと考えました。

そしてすぐに実行しました。

そうしているうちに、気が付くと多くのお客様にご来店頂けるようになっていました。飛び上がるほど嬉しく思った事を今でも覚えています。

喜んでいただけるもの、残念ながら受け入れられなかったもの、様々な商品を作り出してきました。そのような手探りの中で道に迷いそうになった時、やはりお客様のこと。その食卓の事を思い浮かべます。そして誰に頼るでもなく、自分たちで。

PRACTICESマルミツポテリの習慣
すべての事柄、全ての人に敬意を払い、勤勉に対処する。
物事の本質を正しく理解し、
責任を持って自立した行動をする。
常に手本となる行動・言動を意識し、
より具体化することを自然に行う。

マルミツポテリは単なる食器を創り、売るだけの集合体ではありません。本当に大事なことを簡潔に等身大で少しの憧れをもって表現する会社です。

しかし、お客様をはじめ生産してくれる職人、社内のスタッフ同士の協力なくしては実現しません。そこにはやはり人と人とのつながりが大切なのです。お客様の反応に対して正しく理解し、そして考え行動していく。そのサイクルを大切にして今日までやってきました。

スタジオエムやクーヴェールをはじめとしたマルミツポテリの事業は感謝し、理解し、行動する。というシンプルで習慣的なこの文化が根付いているからこそ、実現できています。

これらの文化は多くのお客様やマルミツポテリに関わってくれた全ての人たちによってもたらされたものです。

お客様を含め、マルミツポテリに関わってくれた全ての人の感謝いたします。

マルミツポテリは、これからも食器の持つ力、お客様のあたたかさを礎に、食事の時間をじっくり考え抜き、本当に大事なことを簡潔に等身大で少しの憧れをもって表現したいと考えています。

日常の事だから、あくまで等身大で、やさしく。

COMPANY INFORMATION

企業情報

会社名

株式会社 マルミツポテリ

本社所在地

〒489-0945 愛知県瀬戸市弁天町207番地

代表取締役

加藤 健司

創業

1950年

資本金

30,000,000円

社員数

96名(2018年6月現在)

事業内容

テーブルウェアと関連商品の企画・制作と卸売・小売

運営ブランド(卸売)

STUDIO M'(スタジオ エム)

家庭で使われる事を考え抜かれた食器ブランド。
何か飛び抜けている訳ではなく、日常に寄添いながら、
ほんの少しだけ、楽しい気分になれるテーブルウェアをお届けします。

SOBOKAI(ソボカイ)

ホテル・レストランを中心とした
飲食店で使われる事を考えた食器ブランド。
フォルムだけでなく、機能にも拘ったデザインで、
外食という非日常での食事の時間を
作る人も食べる人もどちらともが楽しめる。
そんなテーブルウェアをお届けします。
直営店(小売・飲食)

COUVERT A LA MAISON
(クーヴェール・ア・ラ・メゾン)

スタジオ エム直営の食器店
〒465-0026 愛知県名古屋市名東区藤森2-285-1

PECORI(食堂ペコリ)

スタジオ エム直営の食堂カフェ
〒465-0026 愛知県名古屋市名東区藤森2-285-1

BOBINE(ボビン)

スタジオ エムのファブリックやガーレンの洋服を扱うショップ
〒465-0026 愛知県名古屋市名東区藤森2-285-1

SONO(ソノ)

ソボカイ直営の白い食器のみを扱うお店
〒464-0064 名古屋市千種区山門町2-39

MACARONI CAFE&BAKERY
(マカロニ カフェ&ベーカリー)

パスタとパンとタルトのお店。マルミツポテリの食器で楽しい時間を提供。
〒489-0825 愛知県瀬戸市祖母懐町45番地

SORAMAME TABLE&LIFE
(ソラマメ食器店)

スタジオ エムとソボカイを取り扱う暮らしの提案ショップ
〒489-0825 愛知県瀬戸市祖母懐町45番地

SOBOKAI COOKING SCHOOL
(ソボカイ料理教室)

マルミツポテリの器で楽しむ、料理教室
〒489-0825 愛知県瀬戸市祖母懐町45番地

DISHES
(ディッシーズ)

スタジオ エムとソボカイを季節やシーンに合わせて提案する食器店
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-17-5

MEALS
(ミールズ)

食事の楽しさ、おいしさを追求する食堂
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-17-5

TOMMY LABO
(富ヶ谷食事研究所)

食事の楽しさを体験できる実習や講座を開催
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-17-5

企業のオリジナル商品・ノベルティの製作(OEM)

高い提案力と豊富な商品知識を元に、
希望に沿ったオリジナル商品を製作します。

COMPANY HISTORY

沿革

1950

瀬戸市生町に加藤光男商店設立

1964

瀬戸市祖母懐町42-3番地に合資会社丸光陶器設立

1976

瀬戸市日の出町27番地に営業所設立

1988

STUDIO M'事業スタート

1994

本社を日の出町27番地に移転

1995

1997

通販事業(デプリアント)スタート

2001

瀬戸市弁天町207番地に本社を移転
   SOBOKAI事業を業務用部門としてスタート

2003

食堂ペコリ」開店

2006

ボビン」開店

2009

Sobokai Depot」開店

2010

白い食器「sono」開店

2011

「Sobokai Depot」リニューアル
   「マカロニ カフェ&ベーカリー」
   「ソラマメ食器店」
   「ソボカイ料理教室」

2012

WEB通販事業(マルミツウェブストア)スタート

2018

東京新店舗「MEALS ARE DELIGHTFUL」オープン

株式会社 マルミツポテリに社名変更

RECRUIT

求人情報


How to Entry (English)

マルミツの文化に沿って、常に提案する姿勢。
感謝し、思案し、行動する。シンプルな習慣を着実に積み上げて進化をする。
職種や立場に関わらず私たちと一緒に
「食事を楽しく」という、マルミツのメッセージを一緒に考え、行動できる、
あなたのご応募をお待ちしております。
マルミツの求人について

正社員・契約社員
2022年度新卒、2021年中途採用を下記の職種で行います。

  • 本社-企画
  • 本社-WEBエンジニア
  • 本社-生産管理・出荷スタッフ
  • 直営店-クッキング・サービススタッフ

パート・アルバイト
通年募集しています。下記をご確認ください。
詳細は各店舗にお問い合わせください。

  • 直営店-各店舗
  • 本社-企画アシスタント
  • 本社-生産管理・出荷スタッフ
  • 本社-ウェブストア事務
職種詳細
     
Staff Interview _ 社員インタビュー
for SHOPS(小売店営業)/ 山本 明日香

マルミツだからできる面白いなと感じる仕事は何ですか?


小売店様やエンドユーザー向けに行う器講座です。小売店様には、器の販売知識や魅力的な売り場作り等、エンドユーザーには器の取り扱い方から土鍋ごはんの炊き方等、月に1度ほど開催しています。講座を行うにあたり、知識を深めるのはもちろん、相手に伝わる話し方や魅力の伝え方など、営業ツールとしての自分の武器も増えるので、とてもやりがいがあり面白いと感じています。


マルミツではどんな働き方をしてますか?


大学では環境デザインを専攻し、元々は別の部署を希望でしたが営業として採用していただきました。入社してみるとイメージしていた一般的な営業とは違い、商品の新たな提案方法や販促の紙面作りなど自分たちでも作り上げたものを活用して営業をする事が多く、アイデア出しに日々悩みながらも、学生時代に学んだことも活かしながら仕事を行っています。

WEB STORE / 横井 芙美

マルミツだからできる面白いなと感じる仕事は何ですか?


入社してすぐ大きな仕事を任される事があります。 びっくりしたこともありましたが、結果的にそれが仕事のやりがい・楽しさ・責任感の持ち方・自分自身の成長に繋がったと思います。また、スタッフとお客様の距離も近いように思います。 お客様から教えてもらった情報はすぐに社内で共有し、商品作りやその改善、 イベントの企画、ホームページの構築などに役立てています。


マルミツではどんな働き方をしてますか?


現在3歳の子供を保育園に預けて、時短正社員として働いています。 職場の環境が私には合っていて、マルミツの商品が好きだったので、結婚、出産をしても 仕事を続けたいという気持ちを以前から持っていました。 現在、私以外にも6名のスタッフが結婚、出産後に復職していたり、男女共に子育て世代のスタッフが多いです。

ショップ販売員/ 山下 知恵

マルミツだからできる面白いなと感じる仕事は何ですか?


お客様との関わりの中で思う事、気づいた事を活かしてさらにその先の提案を自分たちで出来る事です。店舗での日々のご提案やディスプレイで伝える事もありますが、イベントを企画したり、オリジナルの商品企画もできます。お客様の声やスタッフが思った事を新しい商品に活かすというのはメーカーならではですが、マルミツでは各部署で協力しながら、イベントや商品を作り出すことが出来ます。接客販売だけで終わらず、面白くやりがいのあるところです。


マルミツではどんな働き方をしてますか?


自分たち店舗スタッフだけでなく、他部署の社員含め全員で協力しながらお店を作って行こうという気持ちで働いています。お店を作るには様々な場面で、様々な人々の協力が必要です。多くの意見や案を出し合って、よりよいものが作れればと考えています。マルミツは各部署の距離が近く、他部署と意見交換をしたりと日々のコミュニケーションを大切にしています。

食堂ペコリ スタッフ / 松山 剛

マルミツだからできる面白いなと感じる仕事は何ですか?


レシピ製作や調理、接客、提案などお店をやるにあたってのほぼ全ての事ができることです。 そのため、料理を作るということだけでなく、いいお店を作るということを意識しています。 また、一つ一つ自分たちで作り上げていく分、お客様に喜んでいただけた時にとても嬉しく思います。


マルミツではどんな働き方をしてますか?


お店で出す器を料理に合わせて自由に選ぶことができます。他店では料理一品一品に対して器を選ぶ事は難しいですが、自社の様々な器を使い、作った料理がどのような表情になるかすぐ試すことができます。これによって、料理と器の関係性をより深く考えられ、ペコリに来てくださるお客様にたくさんの料理と器を提供することができます。

広報・グラフィックデザイン / 油田 紗藍

マルミツだからできる面白いなと感じる仕事は何ですか?


なにを作る時でも、食事のシーンや料理のことを一緒に考えることです。ポストカードやWEBコンテンツなど作るものは様々ですが、どんな食卓にするか、どんな料理をどの器に合わせるかというのをいつも考えます。料理やシーン、組み合わせ方で器の見え方は大きく変わることの楽しさを仕事をしていく中で私自身感じており、この事をお客様にも伝えることが出来た時、やりがいや面白さを感じます。


マルミツではどんな働き方をしてますか?


大学の頃はデザイン学科で、実際に手を動かしてものを作るということをしていました。ウェブや専門的なデザインの知識はありませんでしたが、入社してから勉強をし、日々スキルアップを目指しています。

-->

ACCESS

アクセス

〒489-0945 愛知県瀬戸市弁天町207  tel.0561-82-1010 
営業時間
平日9:00~18:00  土・日・祝日 休
(年末、夏期長期休業もあります。詳細はお問い合わせ下さい。)
*業者様向けショールームを併設しております。お気軽にご来社下さい。 
○「JR名古屋駅」でJR中央線に乗り換え
  ⇒「高蔵寺」駅下車 ⇒愛知環状鉄道に乗り換え
  ⇒「瀬戸口」駅下車
  ⇒徒歩20分、タクシー3分
  ⇒マルミツポテリ本社

○「JR名古屋駅」下車
  ⇒地下鉄東山線「名古屋」に乗り換え
  ⇒地下鉄東山線「藤が丘」下車
  ⇒東部丘陵線(リニモ)に乗り換え
  ⇒「愛・地球博記念公園」駅下車
  ⇒タクシー5分
  ⇒マルミツポテリ本社

■駅からの送迎については、担当者にお問い合わせください。
○東名名古屋IC(又は長久手IC)で降りる
  ⇒グリーンロードを東(豊田方面)へ直進
  ⇒交差点(愛地球博記念公園北口(北))の手前の側道を降り、左折
  ⇒交差点〈南山口〉を左折
  ⇒約300m進んだ右手

CONTACT

コンタクト

スタジオ エムに関するお問い合わせは

ソボカイに関するお問い合わせは

小売店様お取り引きのお問い合わせは

飲食店様お取り引きのお問い合わせは

ウェブストアに関するお問い合わせは

デプリアントに関するお問い合わせは

求人に関するお問い合わせは

その他のお問い合わせは