lesson datail

8月19日(日)開催
お魚と季節の和食8月~『ホウボウ』と『イワシ』

  

季節の新鮮な魚を使って、おいしい和食を作ります。

京都の和食店、萬重など数店のお店で8年間働いた、渡邉大器さんに教えていただきます。

8月講座は、『ホウボウ』と『イワシ』です。

**献立**

「ホウボウの姿造り」

「鯛」同様おめでたい・お祝いの席などで使われる魚です。豪華な姿造りにしましょう。上品な白身と旨みは天然魚の良さですね!

「鰯のやわらか梅酒煮」

鰯を骨ごと食べられる様に柔らかく煮付けます。

煮汁・火加減・時間を上手く調整すれば、他の魚にも応用できますよ。 

「緑の豆の旨みスープ」

夏野菜の豆類からお出汁を取る、身体にやさしいスープです。

調味料を控える事で、野菜の風味を生かした味に仕上がります。


「土鍋ごはん」

短時間であっという間に炊けますよ。

ご自宅でも「土鍋」で炊いて・いただく生活は幸せですよ!


「フルーツトマトの氷果」

夏の日を浴びてよく熟れた真っ赤なトマトの甘さをシャーベットにして閉じ込めました。サッパリといただけます。

※掲載の写真はイメージです。実際とは異なる場合がございます。

  

渡邉 大器

名古屋市生まれ。京都の和食店、萬重など数店のお店で8年間働いたのちに名古屋のそば店、紗羅餐にて働きそば打ち技術を習得する。おそば以外にも、魚を中心とした料理も得意とし、またその経験を生かし、料理教室やカルチャースクールで、手打ちそば講座などを開催。

  
  • 開催日時

  • 8月19日(日)10:00~13:00

  • お申し込み締切

  • 8月9日(木)

  • お支払い締切

  • 8月10日(金)午前中必着

  • 定員

  • 8名(最低開催人数 4名)

  • 受講料

  • 6,000円(材料費含む)

  • 持ち物

  • エプロン、筆記用具、手ふきタオル、上履き(スリッパなど)、お持帰りの場合は容器、保冷剤など