lesson datail

9月10日(木)開催
『ロティオラン』堀田誠先生のパンレッスン

  

パン作りを科学的に解説、体系化しておられる『ロティオラン』堀田先生のパンレッスンです。

今回は、イタリアのビガ種を通して、中種製法の特徴を体感していただきます。中種の比較として、ポーリッシュ種を対照にして説明します。

実習は、『パーネカリ』と『アインコーンのグリッシーニ風』です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

パン作りは諸条件に左右されて、画一的な作り方ではうまくできません。

諸条件を科学的に分析し、なぜその作り方をするのかを解説します。

小麦、酵母、塩、水分、副材料がそれぞれどのような働きをして、パンになるのか。

パンのできる仕組みを知れば、どのような方法をとるとイメージのパンができるか、理解して作れるようになります。

※掲載の写真はイメージです。実際とは異なる場合がございます。

  
パン教室 Roti-Orang(ロティ・オラン)主宰

堀田 誠

大学時代に生物学の研究所で酵母について学ぶ。

パンの業界でご活躍後、志賀シェフに師事。3年間シニフィアン・シニフィエに勤務。2010年より東京都狛江にてパン教室を始める。

現在、NCA名古屋コミニュケーションアート専門学校の非常勤講師。

著書 ロティ・オランの高加水パン

   「ストウブ」でこだわりパン 

   プロに近づくためのパンの教科書

   ヨーグルト酵母でパンを焼く など

  
  • 開催日時

  • 9月10日(木)10:30~14:00

  • お申し込み締切

  • 9/1(火)

  • お支払い締切

  • 9/2(水)午前中必着

  • 定員

  • 12名(最低開催人数 8名)

  • 受講料

  • 10,200円(材料費含む)

  • 持ち物

  • エプロン・筆記用具・ハンドタオル・上履き・焼き上げパンお持帰りの袋など