lesson datail

6月22日(金)開催
お魚と季節の和食6月~「鯖」

  

季節の新鮮な魚を使って、おいしい和食を作ります。

京都の和食店、萬重など数店のお店で8年間働いた、渡邉大器さんに教えていただきます。

6月講座は、『鯖』です。

鯖寿司」を作ってみたいアンコールにお応えします!

**献立**

「鯖(さば)の3枚おろし」

年間通し日本中を周遊している鯖ですが、季節ごとに美味しい産地も変わっていき春から夏にかけては北海道で旬を迎え、脂が多くのっていて美味しいです。

「鯖寿司」

おろした鯖を塩→酢としめ鯖を作り、すし飯と各自で握って作っていきます。京都では高級なお土産・ハレの日・催しから日々のおばんさいまで欠かせない一品です。

「ふきのとうのペペロンチーノ蕎麦」

苦みが特徴的なイタリヤのお野菜「ラディッキオ」の代わりに「ふきのとう」で「スパゲッティ」の代わりに「手打ち蕎麦」で再現しましょう!

「白魚のかき玉汁」

春から初夏にかけて捕れる小さな白魚。生をしょうが醤油でいただいたり、天ぷらにしたり、ほのかな甘みと苦みがひき立ちますますが、卵との相性も抜群です!

※掲載の写真はイメージです。実際とは異なる場合がございます。

  

渡邉 大器

名古屋市生まれ。京都の和食店、萬重など数店のお店で8年間働いたのちに名古屋のそば店、紗羅餐にて働きそば打ち技術を習得する。おそば以外にも、魚を中心とした料理も得意とし、またその経験を生かし、料理教室やカルチャースクールで、手打ちそば講座などを開催。

  
  • 開催日時

  • 6月22日(金)10:00~13:00

  • お申し込み締切

  • 6/13(水)

  • お支払い締切

  • 6/14(木)午前中必着

  • 定員

  • 8名(最低開催人数 4名)

  • 受講料

  • 6,000円(材料費含む)

  • 持ち物

  • エプロン、筆記用具、手ふきタオル、上履き(スリッパなど)、お持帰りの場合は容器、保冷剤など