エディ

ぐるりと縁を一周する渦の模様が特徴のこちらの器。

名前は「エディ」。

英語で「渦巻き」という意味ですが、なんだか人の名前みたい、、と個人的にずっと思っています。


こちらの器のレリーフ、最初はただ渦巻き模様が縁に入っているだけだと思っていました。

しかし、よく見てみると、、

細い線で描かれた円が何重にも重なっています。

はっきりと施された渦巻き模様と、うっすらと幾重にも描かれた円。


この2つの模様で単調ではない、深みのあるデザインの器になっているんですね。


そして、こちらのレリーフ、しっかり中心近くまで入っています。

なので真ん中にちょこんと簡単に盛り付ける料理でも、周りを上品に縁取ってくれます。


時にはレリーフに沿った盛りつけなんかも面白いですよ。


盛り面とリムの部分がなだらかに続いているので、こんな自由な盛りつけも実現してくれます。

お料理と器の一体感が、目で見ても美味しい料理を簡単に実現してくれます。


フラットな形状と薄手の作りなので重なりもよく、食器棚でもスペースを取らないのも

ありがたいポイントです。


ちなみにこちらのシリーズ、とっても展開が豊富です。

プレートだけでも4種類、

他にスープボウル、ボウル、箸置きとカトラリーレスト。


気に入ったデザインの器が自分の使いたいサイズ感で選べるのって嬉しいですよね!

白磁でいろんな器と相性が良いので、サイズも色々揃えておくと、いざという時に便利ですよ。


先ほど言った通り、白磁の器なのですが、色は2種類あります。

クリームとホワイト。

同じ白磁・透明秞という組み合わせですが、焼成の仕方が違います。

酸化焼成と還元焼成。

その違いだけで色が変わるんですから、驚きですよね。


ちなみにクリームは在庫がなくなり次第終了です。

すでになくなっている商品もあるので、

クリームが気になった!という方はお早めにチェックしてくださいね。


さりげない渦の模様が料理を上品に飾ってくれるエディ。

簡単に盛りつけただけでも、なんだかこだわりを感じさせてくれる器は

何枚あっても困らない優れたシリーズです。

シンプルな器が好きという方でも、

白磁の器に挑戦してみたいけどどれを選べばいいのかわからないという方でも、

いろんな方にぜひオススメしたいです。


エディが気になった方はこちら>>

/webstore/products/detail/928

Other Stories
他にもこんなうつわの話

これまでの一覧を見る

Other Contents
他のコンテンツ