マルミツの土鍋

マルミツウェブストアには様々な土鍋があります。
多くの土鍋を提案しているからこそ、伝えることができる土鍋の効果や特徴、使い方。
こだわってデザインされているマルミツの土鍋の魅力をご紹介します。

土鍋を買ったら、まず味わっていただきたいのが白米。じっくりと加熱することでお米の甘みや旨味を最大限に引き出します。約30分で炊ける手軽さもあり、一度炊いてしまえばその簡単さと美味しさに驚かれるはずです。

-「底の丸み」がポイント-

ご飯を炊く用に作られたご飯鍋は、底が丸みを帯びた形に作られているため
お米の対流が起こりやすく、炊き上がりにムラがなく美味しく炊けます。

-「内側の反り返り」がポイント-

土鍋で炊くときの心配事の1つが、吹きこぼれてしまうこと。
反り返りがあることで、沸騰した水分が外にこぼれにくいようにデザインされています。

土鍋は蒸し焼きの調理法が抜群に美味しい!加熱した後に火を切って、余熱でじっくりと食材に火を通します。保温力、そして遠赤外線効果を存分に生かし、どんな季節にも美味しく調理することができます。

-「保温力」がポイント-

熱伝導率が低い土鍋は一度高温になると、火を切った後も温度が保たれるので、
蒸し焼きには最適。食材の甘みや旨味を引き出す60℃の温度帯の時間を
長くすることでさらに美味しさが倍増します。

-「遠赤外線効果」がポイント-

食材の内側からも火を通してくれる遠赤外線効果。
なんと土鍋は他素材の鍋に比べ3~4倍もあるんです。
肉や野菜も煮崩れることなく、短時間で柔らかくなるので
土鍋調理の醍醐味を味わえます。

ふわふわで絶品の土鍋パン。オーブンがなくてもコンロの上で焼くことができ、蓋をのせると保温・保湿により、蒸し焼きのようなパンが焼けます。また数日間は日を置いてもふわふわしているパンがいただけます。

-コンロでのパンの焼き方-

⑴生地を2倍程度に膨らむまで自然発酵させておく。
⑵土鍋の底にアルミホイルを5枚ほど重ねて敷き、さらにクッキングシートを重ねる。
⑶弱火で2分加熱し、いったん火を止めて生地が1.5倍に膨らむまでそのまま置いて置く。
土鍋の蓋の穴はアルミホイルでふさいでおく。
⑷とろ火〜弱火でパンを焼く。片面が焼けたらひっくり返して両面焼く。

寒くなってくると、ご家庭でお鍋を囲む機会が増えてきます。土鍋はおでんにもすき焼きにも最適ですよ。

-遠赤外線効果-

短時間でも肉や野菜を柔らかくし、うまみを出してくれます。

-保温力-

火からおろして食卓に出しても冷めにくく、温かさを保ってくれます。

土鍋の保温力を生かして作れる、なめらかで優しい味のプリン。一人でもたっぷり食べたい方には、小さめの土鍋で作るのがおすすめです。

-エチュべで土鍋プリンのレシピ-

<材料>
牛乳‥500cc
バニラオイル‥数滴
卵‥3個+卵黄1個
砂糖‥150g

<作り方>
⑴別の鍋で牛乳を温めて、沸騰する前に火を止め、バニラオイルを加える。粗熱を取るために置いておく。
⑵エチュべでカラメルを作る。砂糖50gと水大さじ2をエチュベに入れて中火にかけ、濃いめのきつね色になったら火を止める。
⑶ボールに卵、卵黄と砂糖100gを入れ、ふわふわで白っぽくなるまでよく混ぜる。
⑷ボールに常温の牛乳を加え、混ぜる。
⑸ザルでこしながらエチュべに流し入れ、表面の泡をスプーンで取る。
⑹オーブンの天板に熱湯を張り、160℃のオーブンで45分湯煎焼きしたら出来上がり。途中残り15分位でアルミホイルをかけて焼くと表面が固くなりにくいです。