feuille bowl m

Description
“Feuille” in French refers to a leaf. The bottom logo means “at the time of falling leaves”. Inside, the grayish clay can be seen through, so the overall color turns out to be such distinctive white. Outside, there is iron in both coarse and fine powder, a burned rim and a subtle logo. You can arrange food in a graceful way thanks to the sharp line of this bowl. 12 Bowl is available as rice or soup bowl, while 16 Bowl as a smaller noodle bowl and a one-bowl meal bowl etc.
Price
¥2,860 (Including tax)
[exc tax ¥2,600]
Cord
301152
Ask a question
Price in points: 2600 points
Availability
In stock

+
Description
“Feuille” in French refers to a leaf. The bottom logo means “at the time of falling leaves”. Inside, the grayish clay can be seen through, so the overall color turns out to be such distinctive white. Outside, there is iron in both coarse and fine powder, a burned rim and a subtle logo. You can arrange food in a graceful way thanks to the sharp line of this bowl. 12 Bowl is available as rice or soup bowl, while 16 Bowl as a smaller noodle bowl and a one-bowl meal bowl etc.

Features

Spec

Brand

studio m'

Size

φ119mm/ W119mm/ D119mm/ H76mm/ 400cc/

Material Number

material number1details

Material Icon

Strong Color Shade Variations

Strong Color Irregularities

Glaze or Slip Drips

Rough Clay

Pinholes

Crazing (Chaps)

Iron in Powder

Light Pink Marks

Microwave Safe

Not Oven Safe

Not Dishwasher Safe

Material

私が最近気になっているのがこちら。フイユボール

 

 

 

初めは正直そこまで気にしていなかったアイテムでしたが、

マルミツ社員食堂で使われている頻度が多く、少しづつ気になる存在に!

 

 

ある日の社員食堂の様子↓

フイユボールMはときにご飯茶碗として使われたり、ときには汁椀として使われていたり。

ストレートに立ち上がった形は過度にスタイルに偏りがないので和洋いろんな

食事シーンに合わせやすいんです。丸みがないので400ccと汁ものもたっぷり

とは入りませんが、そこもまた良いところ。毎日の朝ごはんでのお味噌汁はこれ

くらいの量で十分ですよね。また、口径も広すぎず適度な広さから飯碗、汁碗と

用途を選びません。

 

こんな風におかずを盛る器としても使われたり。

具だくさんのスープや、ポトフなど、また煮込み料理などのお鍋のとんすいにも

使えちゃう。

あれ?これ一つあれば十分かも?? 

ハイ、それは言いすぎましたが、一器で何役もこなすフイユボール。

 

フイユの魅力は機能性だけではないんですね。

 

フイユとはフランス語で【葉】という意味。グレー色の陶器土に白化粧が

うっすらとかかった透明感のある色合いがやさしくも味わい深いです。

また大小さまざまに現れる鉄粉も土物らしいですね。

 

底面には「落ち葉の頃」という意味のロゴが。

 

落ち葉には一つとして同じ色がないように

一つ一つ個体によって少しづつ異なる微妙な色合いがフイユの魅力なんですね。

大きく描かれた葉っぱのイラストが何とも可愛らしいですよね。

 

この土物のおおらかな表情を眺めていると、なんだか心がほっと癒されていくよう。

派手なキャラクターではないですが、食卓にやさしく馴染むような存在、それがフイユ

なのかもしれませんね。

 

みなさんもフイユボールMを一度見てみてくださいね。

→フイユボールMのページはこちら

 

最近少しずつ葉っぱが赤くなって、紅葉の季節がやってきたな〜としみじみ感じてます。

そんな時思い出した商品が「フイユ」。フランス語で「葉」という意味。

まさに今の季節にぴったりな器なんです。


フイユは鉄粉や焦げがあり、乳白釉の白が透けて下の土の色も見えます。

土の質感がよく伝わり表情豊かで、秋の落ち着いた雰囲気にぴったりです。

ストレートな立ち上がりが特徴的なこのデザインは、

和洋どれにも合わせやすく料理の幅が広がります。

サイズはひとまわり違う2サイズ展開。

Lサイズだと丼や麺料理、Mサイズだと汁碗、飯碗などにおすすめです。

その他にもおかずの盛り鉢やサラダボウルとしてもいいですね。

そういういろんな料理に使える器って、1つあるととても便利で・・・


最初にフイユは「葉」という意味とお話しましたが、

底近くにかかれている文字や裏を見てみると・・・

落ち葉のイラストと側面に文字がありますが、これは「落ち葉の頃」という意味。

秋の紅葉が落ち葉となっていく時期は、少し寂しさもありますが

ゆっくり散る景色はほっと落ち着くものがあり風情がありますよね。

この秋ならではの気持ちに、フイユは寄り添ってくれる器だなーと思います。


なかなか表に出て目立つような器ではないんですが、

静かに食卓の中で活躍してくれる私のお気に入りの器です。


ぜひチェックしてみてくださいね。

▶こちら


           

Similar Items

類似商品

同じ価格で!