土鍋でご飯を炊くことは
難しくも煩わしくも
ないんです。

火の加減とか、水の量とか色々面倒そう…と思いがちですが、
一度やってみると、こんなに簡単にできるんだと感動すらします。
その上、美味しいのでなおさらです。
しかも、自分の好みに調整できるのも、土鍋での炊飯の醍醐味です。
そんな美味しくて楽しい、実際に土鍋を使った
ご飯の炊き方を、 ご紹介します。

1

お米を正確にはかります。

1合=180ccのカップで指でならしてすり切りに。
ちなみに今回はブロウ台形マグを使っています。
実は1合をはかるのにちょうどいいサイズなんです。

2

お米は手早く洗います。

はじめに水を一気に加え、さっとかき混ぜて手早く水を捨てます。
乾燥しているお米は、
はじめのヌカ臭い水を一番吸いやすいため。

3

お米をそとからかき混ぜながら、15回程度手のひらで押すように研ぐ。

力を入れすぎるとお米が割れるので、決して力は入れすぎないようにします。

4

澄んだ水になるまで繰り返します。

写真ぐらい澄んだ水になればOKです。一枚前の写真と比べてみるとよくわかります。

3-4

お米をそとからかき混ぜながら、
15回程度手のひらで押すように研ぐ。

力を入れすぎるとお米が割れるので、決して力は入れすぎないようにします。

澄んだ水になるまで繰り返します。

右の写真ぐらい澄んだ水になればOKです。一枚前の写真と比べてみるとよくわかります。

夏だと
30分ぐらい

冬だと
60分ぐらい

5

研いだお米を浸水させます。

鍋炊きでは芯までふっくら炊き上げるのに、この浸水をする事が欠かせません。

夏だと30分、冬だと60分ぐらい

5

研いだお米を浸水させます。

鍋炊きでは芯までふっくら炊き上げるのに、この浸水をする事が欠かせません。

!

(写真左)吸水前は少し半透明。
(写真右)吸水完了後は 乳白色になります。 全体がこのようになれば 吸水完了です。

6

浸水させたお米と水を鍋に入れ、
手でさっと混ぜて、米を均一にならします。

鍋炊きで重要な事は「水加減」と「火加減」。
昔から水の量は"米の2割増"と言われています。
浸水する事で、米が約20〜30%水分を吸収してくれるので、単純に何も考えずに、
はじめにお米を測ったカップで米と同量の水を入れれば適正な水加減になります。
今回は2合=360cc (ブロウ台形マグ2杯)なので、ブロウ台形マグで2杯の水を入れます。
要するに、コーヒーミルクマグでも、レモネードのグラスでも同じもので測れば水の量は簡単に判るんです。

7

鍋の蓋と身の間の隙間を、布巾などで覆い、
中の水が沸騰するまで、中火にかける。

炊く量が少なかったり、土鍋の種類によっては沸騰が判りにくい事があるので注意。

8

沸騰したら、弱火に落として10分炊きます。

判らないときは、蓋を開けてみて沸騰しているか確認してもOKです。

9

最後に残っている水分を飛ばして、
芯までふっくら蒸らす為に、10秒ぐらい強火にします。

水が残っていない事を確認して下さい。中をのぞいてもらっても大丈夫です。
この工程でおこげを作ることができ、パチパチ焼ける音でおこげを調整します。

10

火を止めたら、そのまま10分間蒸らします。
この時決して蓋を取らないで下さい。

この蒸らしによって、ごはんが芯までふっくらと美味しくなります

11

蒸らし終わったら
蓋の水滴がご飯の上に落ちないよう注意しながら、
蓋をあけます。

美味しく炊けてると、印の様なカニ穴と呼ばれる水蒸気の通り道の跡が見えます。

12

鍋肌にグルリとしゃもじを入れ
ご飯をすくいあげるようにして切りほぐします。

余分な水蒸気を逃す為に軽くかき混ぜて下さい。

すぐに食べない場合でも、土鍋が湿気を上手に逃してくれるので、おひつ代わりにもなります。
冷めればそのまま冷蔵庫にも入れれますし、
あっためるときは電子レンジにも入れてふっくらと温めることができます。

13

お好きなお茶碗によそって、美味しいご飯を召し上がって下さい。

最後はお好きなお茶碗を用意して食卓へ。

土鍋での炊飯は何度も炊く事で、
好みの炊き加減を見つける事が大切です。
米の銘柄や購入時期などでもすこしずつ炊き方が変わってきます。
水加減や火加減をちょっとずつ自分なりに
変えてみて、好みのご飯を目指して下さい。

ごはんを炊くのに最適な土鍋