商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040
0561-82-8066

受付時間:平日10:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えします。




※写真はお客様のご覧になっている環境により、色味・質感など現物とイメージが異なる場合があります。

鉄赤

parte 1-piece  パルテ 1品皿

price: ¥ 880 ~ ¥ 990 (税込)

code: 1053144 ~ 1053146

quantity

パルテはイタリア語で「連続した」という意味。ぱらりと舞うような折り紙をモチーフにした仕切り皿のシリーズです。美しい曲線を持つ正方形の器が自然につながっていく印象のため、仕切皿としても小皿としても主張しすぎず、どんな食卓にもすんなりと馴染みます。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
W88/D88/H27
※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
白        磁器・透明釉/還元
鉄赤       磁器・鉄赤釉/還元
鋼         磁器・黒釉/還元
色幅・色ムラは鋼と鉄赤です。
釉垂・化粧垂は鉄赤です。

MADE IN JAPAN

BRAND
sobokai

MATERIAL ICON

色幅
色幅

商品の色に個体差があります。季節や気温などの自然条件や、釉薬と焼成する際の火加減によって、器は様々な表情を見せます。同じ素材の器であっても、まったく同じ色に焼きあがることは非常に珍しく、100個あれば、それぞれが違った表情を見せてくれます。

色ムラ
色ムラ

一個体の中で、釉薬や化粧土のムラがでます。1つの器の中において、色の表情が均一ではない箇所がある場合があります。器の形状などにより、釉薬の掛かり方が厚かったり、薄かったりする箇所があることが一つの要因です。それにより土の表情が一つの器のなかにおいても変化を見せます。

釉垂化粧垂
釉垂化粧垂

釉薬や化粧土が垂れたようになる場合があります。釉薬や化粧土を手作業でかけることによるムラや、焼成中の釉薬の流れにより、釉薬がたれた状態になります。

電子レンジOK

電子レンジのご使用基準について

マルミツポテリでは700Wで4分間電子レンジにかけ、加熱中や加熱後に割れや貫入の有無を目視によって調べ、異常のなかった商品を電子レンジ使用可能としております。ただし、陶磁器は急激な温度変化に弱い素材です。例えば油分を含んだ食品(例えばチョコレートなど)を器に載せ、電子レンジで温めすぎると、食品の載っている部分と載っていない部分との温度差が生じ破損したという事例があります。

○電子レンジに入れる前に表面の水分を拭き取ってからご使用ください。
○電子レンジご使用後の熱くなった器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないでください。また冷凍食品を入れて急激な加熱や、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお止めください。急激な温度変化を与えると貫入や破損の原因となります。
○実験以上の加熱については、結果がわかりかねますので使用を控えるようお願いいたします。

食洗機◯

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら

我が家は家族そろっての夕食が多いので、

大皿に料理をどんと盛りつけて、食べる分だけ取り分けています。

そのため、絶対に食卓で使うのが取り皿。


ただちょっと困っていることがありまして、

この取り分けスタイルの難点は、大皿と取り皿に加えて、お茶碗、汁椀、箸やコップなどと並べていくと

所狭しと器が並び、なんなら少しぶつかる距離感で、ちょっとやきもき。

「うーん、どうにかいいサイズの取り皿が欲しいな~~」と思っていて、

めでたくパルテ3品皿にたどり着きました。

我が家の食器棚にはいろいろと取り皿が並んでいますが

今では一番取りやすいメインどころに、どんと構えています。


副菜を何品かのせたり、ソースやしょうゆを入れてタレ皿として使ったり、

ちょっと余ったおかずを入れて、ラップして冷蔵庫に入れたり、、なんて使い勝手がよく重宝しています。

汁気も受け止めてくれる程よい深さと大きすぎないサイズ感で、

なにより家族分食卓に並んでも、スペースに余裕ができるのが嬉しい!


品の良い佇まいは、折り紙をモチーフにデザインされていて、

シャープなライン、曲線も美しく盛りつける料理を引き立ててくれます。

横から見たフォルムも綺麗です。

イタリア語で「連続した」という意味をもつパルテ。

サイズは1品、2品、3品と3種あります。

1列横並びなのもいいけれど

色を変えて組み合わせてみたり、1品ずつ料理を盛りつけてテーブルに散らばせてみたり、

ワンプレートに1つ重ねてみるのもまた違った面白さがありそう。

取り分け派のみなさま、ぜひ使ってみてはいかがでしょう?

詳しくはこちら>>