商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040
0561-82-8066

受付時間:平日10:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えします。




※写真はお客様のご覧になっている環境により、色味・質感など現物とイメージが異なる場合があります。

MP diners curry zara  MPダイナー カレー皿

price: ¥ 2,970 (税込)

code: 109021 ~ 109023

quantity

ポップな色と琺瑯を思わせる配色が楽しく、どこか懐かしいシリーズです。大きいサイズはカレーやオムライス、小さいサイズはコールスローやポテトサラダに。

ボウルギャラリーでも紹介されています>>


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
W259/D207/H48/770cc
※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
磁器/色釉/酸化

MADE IN JAPAN

MATERIAL ICON

釉垂化粧垂
釉垂化粧垂

釉薬や化粧土が垂れたようになる場合があります。釉薬や化粧土を手作業でかけることによるムラや、焼成中の釉薬の流れにより、釉薬がたれた状態になります。

電子レンジOK

電子レンジのご使用基準について

マルミツポテリでは700Wで4分間電子レンジにかけ、加熱中や加熱後に割れや貫入の有無を目視によって調べ、異常のなかった商品を電子レンジ使用可能としております。ただし、陶磁器は急激な温度変化に弱い素材です。例えば油分を含んだ食品(例えばチョコレートなど)を器に載せ、電子レンジで温めすぎると、食品の載っている部分と載っていない部分との温度差が生じ破損したという事例があります。

○電子レンジに入れる前に表面の水分を拭き取ってからご使用ください。
○電子レンジご使用後の熱くなった器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないでください。また冷凍食品を入れて急激な加熱や、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお止めください。急激な温度変化を与えると貫入や破損の原因となります。
○実験以上の加熱については、結果がわかりかねますので使用を控えるようお願いいたします。

食洗機◯

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら

琺瑯のような懐かしさとポップな色合いが可愛い「MPダイナー」。

大きいサイズの「カレー皿」はその名の通り、カレーを盛り付ける器にぴったりです。


カレー皿は770ccと大容量なので、具沢山のカレーでもきれいにおさまります。

他にもパスタ、ロコモコ、大盛りサラダなんかとも相性がいいですよ。


一見シンプルな器なのですが、

見れば見るほど可愛くてたまりません…

もちろん可愛いだけじゃなくて、使いやすく、いろんなシーンで活躍してくれるんです。

そこで、MPダイナーの魅力を改めて考えてみました!


■ポイント1:琺瑯のような懐かしさとポップな色合い!

赤・青・緑の3色展開。

発色がとてもきれいで、テーブルの上をぱっと明るく元気にしてくれます!

ポップな色合いですが、内側が白なので主張が強すぎず、食卓にも馴染みます。

なので、他の色のある器とも合わせやすいですよ。

琺瑯のような雰囲気をもつところが、

きっと可愛すぎず、レトロな感じに見せてくれてるのかな…と思います。

琺瑯だと使っているうちに塗装が剥がれてしまったり、

料理の色がつくととれにくかったり…という点がありますが、

こちらは磁器素材なので丈夫ですし、色がついて残ることもなく、お手入れもしやすいですよ。


■ポイント2:盛り付けやすい形状!

立ち上がりがしっかりとしていて、高さもあるので

形の決まりにくい豆料理やペースト状の料理なんかも、

きれいに形をつくって盛り付けられるのが嬉しいところ。

リムの幅もあるので、器いっぱいに盛り付けても余白ができるのできれいに見えます。


■ポイント3:使いやすいサイズ展開!

こちらはひと周り小さいサイズの「デリ皿」。

ポテトサラダやコールスローなんかにちょうどいいサイズです。

カレー皿と並べてみると、その姿はまるで親子みたい。

そう、このデリ皿…

小さいお子様用のカレー皿としてもオススメしたいです!

親子で一緒の食器を使えるのって、嬉しいですよね。


飽きのこない懐かしさのあるデザインと、いろいろな料理に使いやすい「MPダイナー」。

シンプルなデザインなので、私もはじめはこの可愛さを見逃していたのですが、

ずっと見たり使ったりしているうちに、じわじわと魅力を感じ、

今ではお気に入りのアイテムの1つです。

きっと長く生活の中で楽しく使っていける器なんじゃないかなと思います。