商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040

受付時間:平日9:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えます。



グレー

ブルー

グレー

ブルー

Horizon 195plate  オリゾン 195プレート

price: ¥ 1,944 (税込)

code: 106034 ~ 106036

quantity

赤土の上に濃淡が出やすい釉薬を施しているため、縁にこげ感が出たり一つ一つ違う表情があるのが魅力のシリーズです。プレートはフラットな面が広くシンプルなデザインで、汎用性が高いです。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
Φ194/H22
※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
陶器(赤土)/色釉/酸化
※素材の特性上、縁や角の部分に釉ムラや赤土の風合いが出ます。

MADE IN JAPAN

BRAND
studio m'

MATERIAL ICON

目止め 色むら 貫入 釉ダレ 電子レンジ

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら

 

 

みなさんは普段、毎日使うプレートってありますか?

使い勝手が良くどんな料理にでも使えるから、

ついつい いつも使ってる。

そんな毎日使いのできるプレート。

 

そういったデイリーユースなプレートはたいていレンジ可、食洗機OKなど使い勝手の

良い磁器素材のものが多いです。

が!そんな中こちらのプレートには一味違った魅力があるんです。

 

オリゾン240プレート

 

オリゾンは赤土に釉薬をかけた陶器の器。オーソドックスなラウンド形状でレンジは不可。

あれ、「どんなところが魅力なの??」「これといって特徴がなさそう…」と思われる方、

多いかもしれません。そんな皆様のためにオリゾンのこだわりをご紹介します。

 

 

 

☞オリゾンのこだわり1『色合い』

  

企画当初、「色合いにこだわったプレートをつくりたい」という思いから、
形状をできるだけシンプルにし、日常でオールマイティに使える器としてオリゾンは

考えられました。
陶器の赤土にあえてムラを残して釉薬をかけることで、単色ではない微妙な色合いに。
釉薬も新しく調合して作ることでシンプルながら美しい色合いにこだわりました。
またフチに見られる、赤土が透けたような表情が味わい深いです。

カラー展開は3色。

白は赤土がほんのり透けることで温かみのある白に。グレーはムラ感がやさしい表情の

ライトグレー。メイン料理もサラダも地味にならず上手に引き立ててくれます。ブルー

は深みのあるインディゴブルー。茶系やイエロー、グリーン、レッドなど様々な食材の

色を美しく見せてくれます。

☞オリゾンのこだわり2『形状』

フランス語で「地平線」という意味のオリゾン。

地平線という名の通り、フチを上面でカットすることで

真横から見たときに真っ直ぐな一直線のラインに見えるように

こだわりました。ほら、横から見ると美しいカタチですよね。

また真上から見ると、カットされた2本の円形のラインがきれいに見えますよね?

釉薬を調整することでフチだけ透けて下地がくっきり見えるようにしているんです。

シンプルなデザインですが、このラインが料理を盛り付ける際のちょっとしたアク

セントになってくれます。

 

また、リムをなくすことでどんな料理でも余裕をもって盛れるように、盛り付けや

すい器になっているんです。リムが大きくあると、見栄えは良いですが、プレート

自体が大きくなり、また重さも出る割に盛れる料理スペースは少なくなります。

ただ、リムをなくすと、フチは薄ければ欠けやすく、厚いと丈夫ですが、やぼった

い印象に。横一直線にフチをカットすることで、適度な厚みで丈夫さを保ちながら、

見た目の美しさを兼ね備えた作りになっています。一見、どこにでもありそうな普

通のプレート。でも、普通で、かつ料理が美しく見えるプレートって、実はみんな

がほしい器なのかもしれませんね。

 

 

☞オリゾンのこだわり3『用途』

 

 

オリゾンはそのシンプルな色合い、形状からテーブルコーディネートでも使いやすい

プレートです。たくさんの器を並べるコーディネートでは器同士の相性が大切になり

ますが、オリゾンは合わせられる器の幅が広く、落ち着いたトーンのテーブルでもま

とまりやすいですし、色合いの鮮やかな器のコーディネートでは名脇役になってくれ

ます。

また最近は“ギャザリング”など気軽に友人や知り合いと楽しむカジュアルなパーティ

ーが主流です。オリゾンは装飾的なレリーフやリムがないことで、カジュアルなテー

ブルシーンに合わせやすいのも魅力ですね。

  

どうでしたか? パッと見ではわからない器のこだわりを知っていくことで少しずつ、

オリゾンに愛着がわいてきませんか?

オリゾンは決してイージーな使いやすさや装飾的な華やかさはありませんが、食卓の

質を少しだけ上げてくれるベースの器。毎日使う器だからこそ、ちょっとこだわるこ

とで食事が楽しくなるかもしれませんよ。

一度見てみてくださいね。

オリゾンプレートの紹介はこちら