商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040
0561-82-8066

受付時間:平日10:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えします。




※写真はお客様のご覧になっている環境により、色味・質感など現物とイメージが異なる場合があります。

パープル

ピンク

ミント

パープル

ピンク

ミント

palette 220bowl  パレット 220ボール

price: ¥ 3,080 (税込)

code: 107081 ~ 107083

quantity

透明感のあるきれいな色を取り入れて、さわやかで気持のいいテーブルにしたい。そんな思いから企画をスタートさせた「パレット」シリーズ。磁器の白い素地の上に白い斑入りの発色の良い色を重ね、さわやかな透明感を表現しました。シンプルな形が鮮やかな色をより引き立て、ぱっと目を引く鮮やかな色彩は食卓の主役になること間違いありません。洋食はもちろんエスニックな料理や和食にも意外とすんなりとなじみます。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
W225/D202/H53/860cc
※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
磁器/斑入り色釉/酸化
・白い斑入りの釉薬を使用しています。斑の出かたに個体差が生じます。

MADE IN JAPAN

BRAND
studio m'

MATERIAL ICON

色幅Strong
色幅Strong

商品の色に強い個体差があります。季節や気温などの自然条件や、釉薬と焼成する際の火加減によって、器は様々な表情を見せます。同じ素材の器であっても、まったく同じ色に焼きあがることは非常に珍しく、100個あれば、それぞれが違った表情を見せてくれます。

色ムラ
色ムラ

一個体の中で、釉薬や化粧土のムラがでます。1つの器の中において、色の表情が均一ではない箇所がある場合があります。器の形状などにより、釉薬の掛かり方が厚かったり、薄かったりする箇所があることが一つの要因です。それにより土の表情が一つの器のなかにおいても変化を見せます。

釉垂化粧垂
釉垂化粧垂

釉薬や化粧土が垂れたようになる場合があります。釉薬や化粧土を手作業でかけることによるムラや、焼成中の釉薬の流れにより、釉薬がたれた状態になります。

電子レンジOK

電子レンジのご使用について

電子レンジはマイクロ波で食材を加熱します。多くの場合は水分を加熱しますが、炭化した(焦げた)部分にはマイクロ波が集中し、他の部分より温度が上がる場合があります。例えば野菜炒めの炭化した(焦げた)部分にマイクロ波が集中して、器の中で大きい温度差が生まれ、破損する場合があります。また、水分だけでなく油分も加熱されます。油分の方が水分より沸点が高く、より高温となり、油分の含まれた部分と含まれていない部分に非常に大きい温度差が生まれ、破損する場合もございます

○電子レンジご使用後の熱くなった器を水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないでください。また冷凍食品を入れて急激な加熱や、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお止めください。急激な温度変化を与えると貫入や破損の原因となります。
※金・銀彩の上絵が施されている商品、特定の釉薬の商品には使用できません。使用できない商品にはシールが貼られていますのでご確認下さい
※付属品など陶磁器以外の素材については使用できません

食洗機△

食器洗い乾燥機のご使用について

食洗機NG表記ない商品につきましては、下記の項目を考慮の上ご使用下さい。
※食洗機内で器同士がぶつかると、破損します。
※殆どの陶磁器は水分を吸収します。表面上乾いた様に見えても、器の中には水分が残っている場合がございます。カビや匂いの発生の原因となるため食洗機使用後は速やかに取り出し、外気に触れる場所での十分な乾燥をするようにお願い致します。

オーブンNG

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら


透明感のあるきれいな色を取り入れて、さわやかで気持のいいテーブルにしたい。

そんな思いから企画をスタートさせた「パレット」シリーズ。

シンプルな形が鮮やかな色をより引き立てます。

ぱっと目を引く鮮やかな色彩は食卓の主役になること間違いありません。


【企画のこだわり】試行錯誤を重ねた釉薬色

パレットという名前は絵の具のパレットからつけました。

シリーズの特徴であるピンク、ミント、パープルの3色。

水彩絵の具のように、透明感があるきれいな色合いをイメージしています。


磁器の白い素地の上に白い斑入りの発色の良い色を重ね、さわやかな透明感を表現しました。

斑入りであることで、ただの色釉とは違うニュアンスが生まれています。

パレットは形のデザインを考えはじめるのと同時に、釉薬づくりを進めました。

透明感のある色をベースに何か変化をつけて面白みを持たせようと釉薬の試験を繰り返しました。

カタログ撮影ギリギリまで検討を重ね、最終的に、白い粒を混ぜた斑入りの釉薬にしてニュアンスを出すことに。

新しいきれいな色に仕上がったと思います。


【企画のこだわり】すっきりとした縁とゆるやかなオーバル型

色を見せるために、形状はごくごくシンプルに。

縁は薄めにしてすっきりときれいにデザインしました。


そしてパレットのプレートとボールのオーバル型は、縦横比を微調整しながら検討を重ねた形です。

オーバルは幅が細いと少しシャープな印象。

あえて少し縦幅を持たせてゆるやかなオーバルにすることで

料理を包み込むような、おおらかさのある形を目指しました。


アイテムごとのこだわったポイントを紹介します。

プレートは幅が280プレートと190プレートの2サイズ。

盛り面を広く使えるように平らな面をギリギリまで広くデザインしました。

縁の方まで平らなので、特に280プレートは小さめのボールや、マグをのせる使い方もしやすいです。

洋食はもちろんエスニックな料理や和食にも意外とすんなりとなじみます。


220ボールはハマを小さめにし、すっと広がる曲線がきれいに見えるようにしました。

広がった形なので料理を盛りつけるとまわりに余白が生まれ、パレットのきれいな色が見えて料理が映えます。

ガパオライスや炒飯などのご飯もの、カレー、パスタなど、

家庭で重宝する大きすぎない浅めのサイズにこだわりました。


カップはLS2サイズ。

すっとした側面の立ち上がりがポイント。

原型の段階で底を少し小さくして側面の曲面の角度を変更するなど調整をしています。


冷たい飲み物にぴったりなのはもちろんですが、食べ物を入れても洒落ています。

夏場には220ボールとカップSを合わせてそうめんを食べてみたいなと思っています。


透明感のあるきれいな色で、食卓をぱっと明るくするパレットシリーズ。

ぜひ料理とパレットのコーディネートを楽しんでください。