FOOD CULTURE

南北に長いイタリアでは、地域によって気候や風土が異なり、地方ごとにそれぞれの郷土料理があります。ナポリ料理、トスカーナ料理、シチリア料理など、これらを総称して「イタリア料理」と言います。また、イタリアといえば「パスタ」と「ピザ」。北部では生パスタ、南部では乾燥パスタを使うことが多いようです。イタリアの一般的な「ピザ」は直径30cmほどと大きいですが、取り分けず1人で食べきります。

UTSUWA

CAST:フランシスコ 205プレート/グリーズ ボールS/シャルパンテ バターナイフ/シャルパンテ コーヒースプーン/ビバンダ カプチーノ カップ/ソーサー/クルート 赤 クロス500×500

イタリアの国旗の色合いを中心に考えたコーディネート。カジュアルなデザインの「フランシスコ」は、軽く済ませるイタリアの朝ごはんとも相性がいいです。また、明るい色合いは朝から元気を分けてくれます。手でいただくものばかりの朝ごはんには、クロスが欠かせません。チェック柄のクロスを選べば、テーブルがにぎやかになります。

 

Italy drink

「グラッパ・コン・モスカ」はいかがですか?

CAST:アルバーノ 高台小付/アネッロ レンゲ小付/アソルティ プレートS/フリシティ フォークS

「グラッパ・コン・モスカ」とは「ハエが入っている」という少々ショッキングな意味の飲み方です。グラスにグラッパを注ぎ、その中に焙煎したコーヒー豆を1〜3粒ほど入れてグラッパに火をつけます。火が消えてグラスが冷めたら飲むのですが、コーヒー豆の香ばしい香りがグラッパと非常に相性が良く美味しく楽しめます。ネーミングも含めてイタリアらしい飲み方です。白磁を基調にかっこいい組み合わせで楽しみます。高台の器は高級感を漂わせ、大人な時間を演出してくれますよ。横にはチーズなどおつまみを添えて、のんびりとお酒を楽しみます。

次回の朝ごはんはオーストリア (5/11)