FOOD CULTURE

ハンガリー料理に欠かせないものといえば「パプリカ」です。色、形、辛さが様々なものが出回っており、日本では見かけないほどの種類がスーパーに並んでいます。乾燥させて粉末にしたり、生食や詰め物料理など、パプリカを使った様々な料理も発達しており、食卓では赤い料理が目立ちます。スープやパスタなどに果物や砂糖を使った料理があるのも特徴の1つ。暑い夏の前菜として食べられる「ヒデグ・メッジレベシュ」という冷たくて甘酸っぱいサワーチェリーのスープはなんとインスタントのものをスーパーで購入することもできます。

UTSUWA

CAST:ミモザチェック/アルチザン(白) クロス500×500/ヴィーニュ プレートL/ピクニケ/栗の木 スパイススプーンL/ラヴィゴット ミニコンポート/ヴィジョネ 10"プレート/シャルパンテ テーブルナイフ/シャルパンテ テーブルフォーク/クリームウエア ミルクピッチャー/ミルティーユ カップ&ソーサー/フルドネ ティースプーン

ハンガリーの食器「ヘレンド」の可愛らしい植物模様の器をイメージし、絵付けや模様に特徴のある器を多く選んだコーディネート。たくさんの料理が並び、器の種類が多くなるため、オーバル型や高台の器、さらにはバスケットの形の器なども取り入れ、食卓に変化を出しています。また、黄色のチェックのクロスを敷くことで朝から元気をもらえそうなコーディネートの完成です。

 

Hungarian drink

「フルッチ」はいかがですか?

CAST:ビッテ マグ/ギンガムチェックS(サックス) ランチョンM

「フルッチ」とはワインのソーダ割りのこと。ハンガリーの夏の定番ドリンクで一般的には辛口の白ワインを使用します。ソーダ水のしゅわしゅわと泡が弾ける様子が名前の由来と言われています。そんなフルッチに合わせて、白とターコイズの爽やかなマグを選びました。クラシカルなロゴも、どこか異国の雰囲気を漂わせて、一段と海外気分を味わわせてくれますよ。

次回の朝ごはんはオーストリア (5/11)