15/24
Twenty‐four Seasons Cooking

里芋とたまごのオーブントースト

2017.09.07

WHITE DEW

白露

白露は9月7日から9月21日まで。 秋が本格的に訪れ、草花に朝露がつくようになる頃。
空には夏の代名詞である入道雲の出番が減って、代わりに秋らしいうろこ雲が見られるようになります。
日が暮れるのも早く感じるようになり、ススキが黄金色に輝くのもこの季節。
それまでは朝からうだるような暑さを感じていたのに、
白露の時期になると朝晩は少しひんやりと感じられることもあります。
この時期に出回ってくるのが里芋。
今回はその里芋をPascoさんが紹介している、
パンと一緒に食べるレシピを再現してみる。

今日の食材さといも。
柔らかすぎる里芋は鮮度が悪く
傷んでいる可能性も高いので避けたほうがいいらしい。
そしてやはり重い物ほど実が充実している証拠なので、
程よく固く、重く茶色でひび割れてないものを選ぶ。

里芋は皮同士をこするようにしてよく洗い、
まずはゆがきます。
下味のために
少し塩を入れておきます。

お湯が沸いて、
数分ゆがいたら、
竹串で里芋を刺してみて、
スッと入れば茹で上がり。
後でつぶすので、
柔らかめにするのがコツ。

熱いうちに、
布巾やキッチンペーパーで
つかんで、皮をむきます。
ズルっと気持ちよく剥けます。

むき終わったら、ボウルに入れて
マッシャーでつぶしていきます。

塩、胡椒で味付けをして、
隠し味でバターを入れて、
混ぜ込みます。
熱くないとバターが溶けないので、
一連の流れをなるべく早くする。
器にパンを入れていきます。
真ん中をくぼませるためと、
こげないようになるべく
高さが出ないように入れます。

里芋マッシュを上にのせ、
真ん中をくぼませます。

最後にたまごをくぼみに落として
トースターに入れます。

たまごの白身が固まったら
トースターから出して、
バジルをふりかけて完成!!

普段は煮物やお味噌汁といった
料理に使う里芋を、
パンと合わせて、トーストにしてみた。

とろっとした半熟たまごと、
里芋のマッシュをパンにつけて
すこし贅沢な朝ご飯。
栄養も豊富なので皆さんも試してみては。

-today's used item-