商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040
0561-82-8066

受付時間:平日10:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えします。




※写真はお客様のご覧になっている環境により、色味・質感など現物とイメージが異なる場合があります。

赤絵

ゴス

赤絵

ゴス

komasuji hyotan sakazuki  駒筋瓢箪 盃

price: ¥ 1,100 (税込)

code: 181206 ~ 181207

quantity

昔から徳利や盃は神事や婚礼、季節の行事など様々な儀式に使われ、単にお酒を飲む器であるだけではなく、日本の文化として育まれた大切な道具とも言えます。そんな昔から親しまれてきた道具と、昨今海外からも注目を浴びている日本酒を現代の食事や晩酌の時間にもっと楽しんでもらいたいと思い企画。盃は瓢箪のヘタの部分をひっくり返したような形をしています。高台部分の径を小さくし、高さのある足元が少し緊張感のあるフォルムになっています。最初にお酒を盃に注ぐ時、トクトクトクと、徳利から聞こえてくる“音”もまた味わい深いです。手描きで引かれたラインには濃淡があり職人の息づかいを感じます。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
φ52/H57/45cc
※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
ゴス  磁器/下絵付・透明釉/還元
赤絵  磁器/透明釉・上絵付/還元
・絵柄は手描きのため、一つひとつの太さや間隔、濃淡が異なる場合があります。
・徳利の容量は満水で約1合(180ml)入りますが、多少の誤差が生じます。

MADE IN JAPAN

BRAND
studio m'

MATERIAL ICON

電子レンジOK

電子レンジのご使用基準について

マルミツポテリでは700Wで4分間電子レンジにかけ、加熱中や加熱後に割れや貫入の有無を目視によって調べ、異常のなかった商品を電子レンジ使用可能としております。ただし、陶磁器は急激な温度変化に弱い素材です。例えば油分を含んだ食品(例えばチョコレートなど)を器に載せ、電子レンジで温めすぎると、食品の載っている部分と載っていない部分との温度差が生じ破損したという事例があります。

○電子レンジに入れる前に表面の水分を拭き取ってからご使用ください。
○電子レンジご使用後の熱くなった器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないでください。また冷凍食品を入れて急激な加熱や、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお止めください。急激な温度変化を与えると貫入や破損の原因となります。
○実験以上の加熱については、結果がわかりかねますので使用を控えるようお願いいたします。

食洗機◯

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら



瓢箪徳利でお酒を楽しむ


肌寒い季節、燗につけたお酒を飲むと冷えた体がゆっくりと温まりホッとします。

また、徳利や盃を持って注いだり注いでもらったりして、自分や相手を祝ったり、

ねぎらったりするシチュエーションにはどこか安堵感があります。  

昔から徳利や盃は神事や婚礼、季節の行事など様々な儀式に使われ、

単にお酒を飲む器であるだけではなく、

日本の文化として育まれた大切な道具とも言えます。

そんな昔から親しまれてきた道具と、

昨今海外からも注目を浴びている日本酒を現代の食事や晩酌の時間にもっと楽しんでもらいたいと思いました。  





フォルムは、古典的な瓢箪型をモチーフにしました。

どこか愛嬌があったり、お茶目な感じがしたり、色っぽい女性を思い起こさせたり、

様々な捉え方できる面白さがあります。

現代の食卓にも合うように、上部の膨らみは控えめにして瓢箪の中でもすっきりとしたフォルムにしました。

盃は瓢箪のヘタの部分をひっくり返したような形をしています。

高台部分の径を小さくし、高さのある足元が少し緊張感のあるフォルムになっています。

最初にお酒を盃に注ぐ時、

トクトクトクと、徳利から聞こえてくる“音”は、静かにお酒を楽しみたい時にえもいえぬ味わい深さがあります。

 


駒筋状の絵付けには職人の技術が隠れています。

轆轤(ろくろ)の上に置いて回転させながら描き出しと最後が繋がるように一本一本線を引きます、

回転体とはいえ完全に均一なものはありません、

厚みや焼成による生地の微妙な歪みを感じ取って筆の運びや力の入れ具合を感覚で調整しています。

ゴスは爽やかで、そば徳利としてもおすすめです。

赤絵は瓢箪型という縁起の良い形であることからも、

正月やお祝いの席で大変重宝します。

手描きで引かれたラインには濃淡があり職人の息づかいを感じます。  



秋の夜長に静かな場所で一人お酒を楽しむ、そんな時間を過ごすのもこの上なく贅沢ですね。