商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040
0561-82-8066

受付時間:平日10:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えします。




※写真はお客様のご覧になっている環境により、色味・質感など現物とイメージが異なる場合があります。

グレイッシュホワイト

アイスブルー

ダークグレー

銀彩

グレイッシュホワイト

グレイッシュホワイト

アイスブルー

アイスブルー

ダークグレー

ダークグレー

銀彩

銀彩

cerchio 9sun plate  チェルキオ 9寸皿

price: ¥ 4,070 ~ ¥ 9,680 (税込)

code: 107771 ~ 107893

quantity

イタリア語で円や輪という意味のチェルキオは、食事から人の輪が生まれるという意味が込められています。自由な盛付けのできるフラットな盛り面と陶器の質感は、料理を作る人の感性を刺激してくれます。乳白釉を使用した白と鉄分を多く含む虹彩釉を使用した黒の2色展開で、品がありながらシャープな印象。どんなお料理を盛りつけても様になるので毎日の食事が楽しくなる一枚です。
そして新しくグレイッシュホワイト、アイスブルー、ダークグレー、銀彩の4色が加わりました。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
白,黒,銀彩 φ276/H20
グレイッシュホワイト,アイスブルー,ダークグレー φ273/H20

※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
白          陶器(黒土)・白化粧+乳白釉/還元
黒          陶器(黒土)・虹彩釉/還元
銀彩         陶器(黒土)・虹彩釉+銀上絵/還元
グレイッシュホワイト 磁器・白マット釉/酸化
アイスブルー     磁器・色釉/酸化
ダークグレー     磁器・色釉/酸化
色幅Strong・色ムラStrongは白と黒です。
鉄粉は白のみです。
貫入は黒のみです。
黒・銀彩は電子レンジ使用不可です。
食洗機○は、グレイッシュホワイト・アイスブルー・ダークグレーです。
食洗機△は、白・黒・銀彩です。

・黒は食材の成分に反応して、表面が変色することがあります。
・黒は油染みが残る場合がございます。

MADE IN JAPAN

BRAND
sobokai

MATERIAL ICON

色幅
色幅

商品の色に個体差があります。季節や気温などの自然条件や、釉薬と焼成する際の火加減によって、器は様々な表情を見せます。同じ素材の器であっても、まったく同じ色に焼きあがることは非常に珍しく、100個あれば、それぞれが違った表情を見せてくれます。

色幅Strong
色幅Strong

商品の色に強い個体差があります。季節や気温などの自然条件や、釉薬と焼成する際の火加減によって、器は様々な表情を見せます。同じ素材の器であっても、まったく同じ色に焼きあがることは非常に珍しく、100個あれば、それぞれが違った表情を見せてくれます。

色ムラ
色ムラ

一個体の中で、釉薬や化粧土のムラがでます。1つの器の中において、色の表情が均一ではない箇所がある場合があります。器の形状などにより、釉薬の掛かり方が厚かったり、薄かったりする箇所があることが一つの要因です。それにより土の表情が一つの器のなかにおいても変化を見せます。

色ムラStrong
色ムラStrong

一個体の中で、釉薬や化粧土のムラが強くでます。1つの器の中において、色の表情が均一ではない箇所がある場合があります。器の形状などにより、釉薬の掛かり方が厚かったり、薄かったりする箇所があることが一つの要因です。それにより土の表情が一つの器のなかにおいても変化を見せます。

釉垂化粧垂
釉垂化粧垂

釉薬や化粧土が垂れたようになる場合があります。釉薬や化粧土を手作業でかけることによるムラや、焼成中の釉薬の流れにより、釉薬がたれた状態になります。

ピンホール
ピンホール

商品の表面にピンホールが目立つ場合があります。土を主成分とする陶器には、素焼きの段階で器に多くの空気が含まれており、これが焼成時に気泡となって釉薬の表面に小さな穴となって現れます。これをピンホールといいます。

貫入
貫入

釉薬部分の細かなヒビが目立つ場合があります。直接貫入は商品に元々貫入が入っています。経年貫入は使用していくうちに入ってきます。素地と釉薬の収縮率の違いによって生じる釉薬部分のヒビのことです。商品本体の破損によるヒビとは異なります。使用前に生じることもありますが、使用上問題はありません。陶器、半磁器に現れます。

鉄粉
鉄粉

商品の表面に鉄粉が目立つ場合があります。陶器の原料となる土には鉄分が含まれており、器を焼くと表面に黒い点となって現れます。赤土や黒土にはより多く含まれているため、その土を利用した器は、より鉄粉が出やすくなります。

電子レンジOK

電子レンジのご使用基準について

マルミツポテリでは700Wで4分間電子レンジにかけ、加熱中や加熱後に割れや貫入の有無を目視によって調べ、異常のなかった商品を電子レンジ使用可能としております。ただし、陶磁器は急激な温度変化に弱い素材です。例えば油分を含んだ食品(例えばチョコレートなど)を器に載せ、電子レンジで温めすぎると、食品の載っている部分と載っていない部分との温度差が生じ破損したという事例があります。

○電子レンジに入れる前に表面の水分を拭き取ってからご使用ください。
○電子レンジご使用後の熱くなった器を、水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないでください。また冷凍食品を入れて急激な加熱や、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお止めください。急激な温度変化を与えると貫入や破損の原因となります。
○実験以上の加熱については、結果がわかりかねますので使用を控えるようお願いいたします。

食洗機◯

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

白,黒,銀彩

マテリアルナンバー

グレイッシュホワイト,アイスブルー,ダークグレー

詳しくはこちら

銀彩について

銀彩の器にはお酢など酸性の食材に触れることで、シミができる場合がございます。銀彩の器には表面に純度の高い銀を使用しているため、酸性の食材と化学反応を起こし、それがシミとなります。右記写真の通り、お酢の濃度によってシミの濃さは異なります。写真のものは30分間、それぞれの液体を放置したときについたシミです。お酢100%は原液のもの、お酢50%・25%はそれぞれ水に混ぜたものです。またレモンでも同様に実験を行いましたが、ほとんどシミは付きませんでした。現時点では、このようにしてついたシミは取り除く手段がないため、酸性の食材を盛り付けることは控えていただくことをお勧めします。

みなさんは器を買うときの決め手ってありますか?

盛り付けやすさだったり収納のしやすさだったり、

持っている器との相性だったり、色々あると思います。

私はというと、、、

「この器がお家のテーブルにあったらお洒落!」

なんて器に憧れを持つと買ってしまいます。

結構形から入る方です。

というのも正直私はお料理するのは好きだけど、自信はないタイプ。

器の持つ力を存分に利用しよう!と思っているんです。

そんな感じでまた憧れの器を買ってしまいました。それがチェルキオ9寸皿。

いたってシンプルなのに、凛としていてすごく格好良い雰囲気があるんです。

そんなチェルキオはマルミツポテリの中でもレストランやホテル向けに企画されてい

るプロユースブランドsobokaiの商品。

そう思うと確かに、無駄のない洗練された雰囲気が

モダンフレンチのレストランなどに出てきそうな雰囲気。

ますます憧れが強まります、、!

あ、もしかしてみなさん、

お料理が得意じゃない私に見合うものが作れるのか?!って

心配してくださっていますか?

大丈夫です。チェルキオはそんな私にも優しいのです。


実は“絵を描くようにお料理を盛り付けられる器”

というコンセプトもあるチェルキオ。

自由に盛り付けを楽しめるように、極力盛り面を広く平らにしてあるのです。

メインのお肉料理を豪快に盛ったり、

余白を活かしてデザートのケーキにフルーツをちょっと添えてみたり、

手まり寿司を均等に並べてみたりしても!

極端な話、広い盛り面だとどさっと適当に盛り付けてもきれいに食材が広がるので

わざとそうしたかのように様になるんです。

私はまずそうしてみています。

でも約28cmもある盛り面をフラットにさせるのは容易いことではないようで、、。

きれいな真っ平らにするために、

窯屋さんや型屋さんと相談して何度もサンプルを試作して

ようやくここまでフラットにできたそう。

いたってシンプルに見えても、実はたくさん計算されて出来上がったこの形。

磁器とは違い土の少し凹凸のある質感でありつつも

綺麗にまっすぐ広がった盛り面をぜひ手にとって見ていただきたい。

そしてチェルキオは個性的な釉薬で、

盛った食材をぐっと映えさせるこだわりもあるのです。

白はうっすら透けた黒土も相まってグレーにも見える濁った白。

この深みのある色味が柔らかさもありつつ重厚感さえ感じさせています。

実はフラットで大きな盛り面に白い釉薬をかけるだけだと、

釉薬のムラがすごく出るんだそう。

もちろんそのムラも味わいがあっていいのですが、

今回はフラットさを強調するためにもムラの出方が少なくなるように、

黒土に白化粧をしてから白い釉薬をかける、

といった1行程増やしてこの色を出しているのです。

そして黒。私はこちらを使っています。

虹彩釉という鉄分の多い釉薬がかけられているのですがこれまた珍しい雰囲気。

全体はマットでありつつ、細かく入った光沢や虹色にも見えるツヤが見られ、

品がありながらシャープな印象を与えます。

そんなチェルキオに私が初めて盛り付けたのはローストポテト。

軽く茹でた小さめのじゃがいもを

潰したニンニクとローズマリー、オリーブオイルと一緒に混ぜ、

あとはオーブンで焼くだけ、という簡単レシピ。

「色味のないメニューになっちゃった、、」って

落胆しかけましたがそんな時もチェルキオは助けてくれるのです!

黒でも細かく入ったツヤがあるため重くなりすぎず、

でも黒の合わせた色を引き締め際立たせる効果はあり、、、

ホクホクとしたジャガイモの黄色も、

しんなりしたローズマリーのグリーンもくっきりと見せてくれました。

無造作に盛ったのもしっかり様になっていて

色目が無いメニューも格好の良い1品になったんです。

やっぱり盛り付けてお洒落に見えるとやる気が増しますね。

また挑戦しよう、と思えます。

ずっと呼んでいるチェルキオという名前。

イタリア語で円や輪という意味だそうで、商品名にしたのには、

食事から人の輪が生まれるみたいな意味も込められているんです。

たしかに、この品のある佇まいならおもてなしにもぴったり。

手料理を振る舞いたくなりますね。


Sobokaiはプロユースブランドだと聞くと、

お店のようなお料理は作れないし、、と思われるかもしれませんが、

気負わずぜひ1度使ってみていただきたいです。

いつものお料理もまたちがう雰囲気に見せてくれますよ。


どんなお料理も盛り付けも受け止めてくれるチェルキオ。

あなたならどうやって使われますか。

ぜひ想像を膨らませながら見にいらして下さいね。