商品を探す

相談室器選び相談室

相談フォーム

0561-82-1040
0561-82-8066

受付時間:平日10:00〜17:00


どんな器を選べばいいのか?どんな贈り物が喜ばれるのか?器に関する分からない事をお気軽にご相談ください。マルミツのスタッフがご相談にお答えします。




※写真はお客様のご覧になっている環境により、色味・質感など現物とイメージが異なる場合があります。

ブルーグレー

ブルーグレー

上ブルーグレー 下白

fredonner teaspoon  フルドネ ティースプーン

price: ¥ 770 (税込)

code: 181691 ~ 181692

quantity

小さなスプーンで丁寧に光を取り込むように蜂蜜を垂らす。磁器素材の美しいスプーンがあればそんな時間がより豊かに感じられます。装飾にこだわり、上品な可愛らしさをぎゅっと閉じ込めました。C/Sと合わせて砂糖や蜂蜜を混ぜたり、小鉢に添えてデザートを食べるのもおすすめです。小さな幸せが気持ちにゆとりを運んでくれます。


他の商品を見てみる

Product Description 商品詳細

SIZE
W24/L126
※多少の誤差が生じます。

MATERIAL
磁器/透明釉/還元
※凸文字でmのロゴが入ります。
※繊細な商品ですのでお取扱に注意してください。

MADE IN JAPAN

BRAND
studio m'

MATERIAL ICON

色幅
色幅

商品の色に個体差があります。季節や気温などの自然条件や、釉薬と焼成する際の火加減によって、器は様々な表情を見せます。同じ素材の器であっても、まったく同じ色に焼きあがることは非常に珍しく、100個あれば、それぞれが違った表情を見せてくれます。

色ムラ
色ムラ

一個体の中で、釉薬や化粧土のムラがでます。1つの器の中において、色の表情が均一ではない箇所がある場合があります。器の形状などにより、釉薬の掛かり方が厚かったり、薄かったりする箇所があることが一つの要因です。それにより土の表情が一つの器のなかにおいても変化を見せます。

電子レンジOK

電子レンジのご使用について

電子レンジはマイクロ波で食材を加熱します。多くの場合は水分を加熱しますが、炭化した(焦げた)部分にはマイクロ波が集中し、他の部分より温度が上がる場合があります。例えば野菜炒めの炭化した(焦げた)部分にマイクロ波が集中して、器の中で大きい温度差が生まれ、破損する場合があります。また、水分だけでなく油分も加熱されます。油分の方が水分より沸点が高く、より高温となり、油分の含まれた部分と含まれていない部分に非常に大きい温度差が生まれ、破損する場合もございます

○電子レンジご使用後の熱くなった器を水に浸したり、冷たい調理台に置いたりしないでください。また冷凍食品を入れて急激な加熱や、冷蔵庫から出した器をすぐに電子レンジに入れることはお止めください。急激な温度変化を与えると貫入や破損の原因となります。
※金・銀彩の上絵が施されている商品、特定の釉薬の商品には使用できません。使用できない商品にはシールが貼られていますのでご確認下さい
※付属品など陶磁器以外の素材については使用できません

食洗機△

食器洗い乾燥機のご使用について

食洗機NG表記ない商品につきましては、下記の項目を考慮の上ご使用下さい。
※食洗機内で器同士がぶつかると、破損します。
※殆どの陶磁器は水分を吸収します。表面上乾いた様に見えても、器の中には水分が残っている場合がございます。カビや匂いの発生の原因となるため食洗機使用後は速やかに取り出し、外気に触れる場所での十分な乾燥をするようにお願い致します。

オーブンNG

MATERIAL NUMBER

マテリアルナンバー

詳しくはこちら

「ハンガリーで愛されている蜂蜜」

ヨーロッパ屈指のアカシア蜂蜜の生産国であるハンガリー。

初夏には、白い花を咲かせたアカシアの森をミツバチが飛びまわる景色が広がります。

蜂蜜を生かした文化が暮らしに根付いていて、紅茶にも蜂蜜を入れたりするそうです。


お気に入りのポットとカップで、丁寧に紅茶を淹れる。

仕上げに、小さなスプーンで光を取り込むようにそっと蜂蜜を垂らせば、
溶けていく蜂蜜と紅茶の優しい香りに、ふんわり心がほぐれていく。

そんな幸せな日常の風景をイメージして、小さなスプーンの企画が生まれました。


形状は、丸みを持たせた部分と細かな彫り込みを施した部分を作り、
ボウル部分は小さめのバランスにすることで、ノスタルジックな雰囲気になりました。

特に、持ち手部分の小さな面積の中に施すレリーフは、
強度や生産性を保ちながらもフルドネの魅力が発揮されるように、
企画チームで検討を重ねて、窯屋さんと型屋さん双方の技術や職人経験により出来上がりました。


フルドネは、つり焼きという方法で焼成しています。

つり焼きは、穴を引っ掛けて吊るした状態で焼き上げるため、全面に釉薬を施すことができる方法です。

そのため、穴の部分以外は釉薬がかかり全体になめらかな仕上がりになっています。


吊るすための穴あけや、レリーフの仕上げなどは、一本一本手作業で行われています。

小さなスプーンを扱う作業はとても繊細で、細やかな職人の手仕事が生きています。


色はベーシックな白と、ニュアンスのあるブルーグレーの2色。

光を受けたつややかな質感や、透明感のある釉薬ならではの濃淡が、
やわらかにレリーフを浮き立たせています。


カップソーサーに添えて、はちみつや砂糖を混ぜたり、
ジャムやスパイスにと使い勝手の良い小ぶりのサイズ感です。

金属や木製にはない磁器素材の繊細でなめらかな表情をお楽しみください。


小さなスプーンの中に、ときめきを詰め込んだフルドネ。
ほっと一息ご一緒に、毎日の暮らしにハミングが溢れますように。