Kai 4.3sun shallow bowl

アメ

Description
“KAI” features a feeling of earthen clay texture. The sides are partially planed off and the inside bottom has circling streaks. This bowl is relatively small, but its dignified appearance will be very compelling on your table. Three “composed” color options: Caramel, Blue and Green. It has a moderate depth, so you could serve stewed food, sliced raw fish, salad and chilled tofu etc.
Price
¥2,860 (Including tax)
[exc tax ¥2,600]
Cord
107861
Variations  |  Color
アメ
Ask a question
Price in points: 2600 points
Availability
In stock

+
Description
“KAI” features a feeling of earthen clay texture. The sides are partially planed off and the inside bottom has circling streaks. This bowl is relatively small, but its dignified appearance will be very compelling on your table. Three “composed” color options: Caramel, Blue and Green. It has a moderate depth, so you could serve stewed food, sliced raw fish, salad and chilled tofu etc.

Features

Spec

Brand

sobokai

Size

φ130mm/ W130mm/ D130mm/ H60mm/ 500cc/

Material Number

material number1details

Material Icon

Color Shade Variations

Color Irregularities

Glaze or Slip Drips

Rough Clay

Pinholes

Crazing (Chaps)

Iron in Powder

Microwave Safe

Not Oven Safe

Dishwasher Safe

Material




今回ご紹介するのは
ソボカイの新商品の懐(カイ)です!

そういえばしっかりとお伝えできていなかったな、、、
と思いまして。

懐は料亭のようなかっこいい名前です。
懐石やマルミツのブランドであるソボカイの懐とかねて名付けられました。
落ち着いて凛とした器の雰囲気は名前そのものを現しているかのよう。

営業さんの「深鉢がほしい!」との要望から企画された懐は
煮炊きものやお造り、冷や奴など副菜に使いやすいんです!





私が家で使うときは盛り鉢が多いです。
きんぴらごぼうやひじきの煮物、切り干し大根など
4人くらいで食べるのにちょうど良いです。

まだまだ暑いので
銘々で用意して、冷や奴にキムチをのせて食べたり、サラダにも使えますよ。





副菜だけではなく、
ミニ3色そぼろごはん、うな重やちらし寿司もいかがでしょう。
お子さんにぴったりのサイズかもしれませんね。
特にちらし寿司は色とりどりのおかずがぱっと綺麗に見えるのでおすすめです。




懐は形状と素材感に特にこだわっています。
少し内側に入った形状ですが
実は型から出た時の形は切立なんです!

上の図面が型からでた直後の形。下の図面が最終形です。
土が完全に乾く前に底や側面をカンナで削ってもらっています。
さらに立ち上がりの角を落として面を出すことで変化を出しています。





削ることで石の動きが側面に現れて、
粗い土の素材感がよりでています!

さらに見込み部分(料理を盛りつけるところ)に手で轆轤目をつけてもらったり、
裏印の判子もひとつひとつ押してもらっています。

様々な行程を経て作られているんですよ!





重ねると大きなだるま落としみたいで
個人的にとても気に入っています。





釉薬もそれぞれ変化があり、
濃いところ薄いところ、釉ダレなど見ていて飽きません。
特に織部の溜まった色は美しい青色です。

落ち着いた3色は食材の色も映えます。





懐はお正月やお祝いの席にもいいなと思っています。
お刺身を上品に盛っても良いし、黒豆、数の子や昆布巻きなんかを盛りつけても。

一つ持っているだけで食卓に雰囲気が出せる懐。
使いやすいサイズ感で他の食器とも合わせやすく
存在感もあるので玄人のような器使いが楽しめます。




今回ご紹介するのは
ソボカイの新商品の懐(カイ)

懐は料亭のようなかっこいい名前です。
懐石やマルミツのブランドであるソボカイの懐とかねて名付けられました。
落ち着いて凛とした器の雰囲気は名前そのものを現しているかのよう。

営業さんの「深鉢がほしい!」との要望から企画された懐は
煮炊きものやお造り、冷や奴など副菜に使いやすいんです!





私が家で使うときは盛り鉢が多いです。
きんぴらごぼうやひじきの煮物、切り干し大根など
4人くらいで食べるのにちょうど良いです。

まだまだ暑いので
銘々で用意して、冷や奴にキムチをのせて食べたり、サラダにも使えますよ。





副菜だけではなく、
ミニ3色そぼろごはん、うな重やちらし寿司もいかがでしょう。
お子さんにぴったりのサイズかもしれませんね。
特にちらし寿司は色とりどりのおかずがぱっと綺麗に見えるのでおすすめです。




懐は形状と素材感に特にこだわっています。
少し内側に入った形状ですが
実は型から出た時の形は切立なんです!

上の図面が型からでた直後の形。下の図面が最終形です。
土が完全に乾く前に底や側面をカンナで削ってもらっています。
さらに立ち上がりの角を落として面を出すことで変化を出しています。





削ることで石の動きが側面に現れて、
粗い土の素材感がよりでています!

さらに見込み部分(料理を盛りつけるところ)に手で轆轤目をつけてもらったり、
裏印の判子もひとつひとつ押してもらっています。

様々な行程を経て作られているんですよ!





重ねると大きなだるま落としみたいで
個人的にとても気に入っています。





釉薬もそれぞれ変化があり、
濃いところ薄いところ、釉ダレなど見ていて飽きません。
特に織部の溜まった色は美しい青色です。

落ち着いた3色は食材の色も映えます。





懐はお正月やお祝いの席にもいいなと思っています。
お刺身を上品に盛っても良いし、黒豆、数の子や昆布巻きなんかを盛りつけても。

一つ持っているだけで食卓に雰囲気が出せる懐。
使いやすいサイズ感で他の食器とも合わせやすく
存在感もあるので玄人のような器使いが楽しめます。


類似商品

同じ価格で!